湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

今日は「県民防災の日」

2020-05-26


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

今日は秋田県の「県民防災の日」です。

1983年の今日、秋田県沖を震源とする「日本海中部地震」が起きました。
この地震で発生した津波により、遠足に来ていた小学生や護岸工事の作業員などを含め多くの方々が犠牲になりました。

そのことを忘れず、県民の「防災・減災」の意識を高めるために5月26日を「県民防災の日」に定めています。

そこで今日は『自分が住んでいる地域にどんな危険が潜んでいるのか』を知るために、
ハザードマップを見てみたいと思います。

湯沢市の場合は、「湯沢市防災マップ」という名前で公開されており、市役所のホームページで見ることができます。

photo200526_01.jpg
図1:湯沢市防災マップの表紙。中には災害への備えや心構えも記載してあります!

ゆざわは内陸であり、かつ市の総面積の8割以上が山地であるため、土砂災害が起こる可能性が高くなっています。

それは防災マップを見ると一目でわかります。
例えば、三関・須川地区を見てみましょう。

photo200526_02.jpg
図2:三関・須川地区の防災マップの抜粋。警戒区域がたくさんありますね。

湯沢南中学校の東側に何やら赤い線がたくさんあります。
右上にある凡例を見てみると、この赤い線で囲まれた場所は「土石流・急傾斜・地すべり 警戒区域」になります。
その一部は赤く塗りつぶされており、「土石流・急傾斜 特別警戒区域」に指定されていることがわかります。

「警戒区域」と「特別警戒区域」の違いは国土交通省の「土砂災害防止法の概要」によると以下のようになります。

●土砂災害警戒区域
急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生じるおそれがあると認められる区域であり、危険の周知、警戒避難体制の整備が行われます。

●土砂災害特別警戒区域
急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、建築物に損壊が生じ住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる区域で、特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等が行われます

つまり、どちらの区域も土砂災害によって体に何らかのダメージが発生する可能性があり、
さらに特別警戒区域の場合は命を失う可能性すらあることになります。

こうした地域は市内のあちらこちらにあります。

もう少し南にも警戒区域がたくさん指定されていることがわかります。

photo200526_03.jpg
図3:警戒区域がたくさんある一方、水はけがよく果樹栽培に適した土地がつくられます。

このあたりは今の季節だとサクランボ栽培が盛んですね。
例年6月中旬ごろには出荷が始まるので、個人的にはすごく楽しみです。

警戒区域と聞くとどうしてもマイナスのイメージを持ってしまいがちですが、
その特徴を上手に活かした例が、このサクランボ栽培なのです。

この三関・須川地区にある警戒区域は「扇状地」である場合がほとんどです。
緩やかな傾斜地が山地から平地に移る場所に見られ、山側を頂点として「扇状」に土砂が堆積しています。

この扇状地は粒子の粗い礫(れき)や砂を含んでいることが多く、水を通しやすい特徴があります。
これはコップに大きめの氷を入れたときの飲み物をイメージするとわかりやすいと思います。

image200526_01.png
図4:大きめの氷を入れたコップのイメージ。ストローで吸うと、簡単に飲むことができますが、氷が細かいと・・・。

粗い氷の間にある飲み物は移動しやすいので、ストローを使って簡単に飲むことができます。
しかし、細かい氷を入れた場合、がんばって吸わないと飲み物を飲めません。

このように粒子の粗いものの間にある水は移動しやすく、反対に粒子の細かいものの間にある水は移動しにくいのです。
そのため扇状地は水はけがよく果樹栽培に適した土地となります。

警戒区域と果樹栽培に適した土地というのは、まさに表裏一体。
大地の恩恵を上手に活用しつつ、その危険性を理解して一緒に暮らしていく必要があります。

皆さんの住んでいる場所や働いている場所はどうでしょうか。
県民防災の日をきっかけに、ご自分に関係のある場所の「歴史」を知ってみてはいかがでしょうか。

ではでは。

イトケン

--------------------------------------------------------------------------
<参考>
・湯沢市役所のホームページ
 (http://www.city-yuzawa.jp/bousaimap/3761)
・秋田大学のホームページ
 (https://www.akita-u.ac.jp/honbu/general/eventa/item.cgi?pro&733)
・秋田地方気象台のホームページ
 (https://www.jma-net.go.jp/akita/jishin/tyubu.htm)
・国土交通省の資料
 (https://www.mlit.go.jp/river/sabo/sinpoupdf/gaiyou.pdf)

どうなる今年のお水

2020-05-21


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

ドタバタ続きで更新が途絶えていました・・・。
申し訳ないです。

さて、久々の今日は「渇水」に関するデータを見たいと思います。

というのも、県外の人間からすると、ゆざわのような土地では「渇水」というイメージがなく、
むしろ「多すぎて困る」ように思っていたのです。

ところが、そのことをジオガイドさんに話したところ、「いや、渇水被害はあるぞ」と教えられましたので、
いつもの通り気象庁のデータを使って、雄物川流域の渇水被害を見てみたいと思います。

photo200521_01.jpg
図1:1976年から2019年までの年間降水量のグラフ。灰色の網掛け部分は、渇水被害があった年を示します。
(※1976年は5月から観測を開始したため、データは8か月分のみ)

年間降水量の変化を表したのが図1になります。湯沢市内には気象庁の観測点が2カ所あるので、それぞれの降水量を示しています。「湯沢」が市街地、「湯ノ岱」が山間部とイメージしていただければOKです。

また、今回は渇水被害を国土交通省東北地方整備局の成瀬ダム工事事務所のホームページの内容を参考としました。
そこには雄物川流域における渇水水害を時系列で紹介しています。この渇水被害の発生時期をグラフ上では灰色の網掛けとして表現しています。

さて、これを見るとジオガイドさんから教えられた通り、結構な頻度で渇水が起こっていることがわかります。

どの渇水時期を見ても、「湯ノ岱」で年間降水量が少なかった時に渇水が起こっています。
年間合計降水量が2000mmを切るのが、一つの目安かもしれませんね。

ただ、1996年や2003年なども2000mmを切っていますが渇水は発生していないため、
参考ぐらいにしかならないとは思います。

そうすると気になるのは今年ですよね。
2019年全体としても湯ノ岱のデータ上は2000mmを切っていますし、2020年になってからも記録的な少雪でした。

大きな渇水被害が出ないことを祈るばかりです。

ではでは!

-------------------------------------------------------------
<出典>
気象庁
国土交通省東北地方整備局成瀬ダム工事事務所

イトケン

そこは鹿島様でしょ??

2020-05-08


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

人がこれだけ移動しなかったゴールデンウィークは初めてでしょうね。
自粛のため色々な意味で大変な思いをされている方も多いとは思いますが、
引き続き感染拡大を防ぐため、個々人でできることを実践しましょう。

さて、皆さんは最近話題の「アマビエ」って聞いたことはありますか。
江戸時代にいまの熊本県の海に現れたと言われる半人半魚の妖怪で、疫病が流行した際に自分の姿を描いた絵を人々に見せない、と告げて海に帰っていったとされています。

そのため疫病退散にご利益があるとされ、いまの新型コロナウイルスの感染拡大が進むにつれて
注目度を増していきました。

とまあ、アマビエの話はこの辺で終わりにして、皆さん、特に秋田の人に伝えたいことがあります。

そこは鹿島様でしょ??

この鹿島様は五穀豊穣と疫病退散を祈るために祀られており、集落の中に「悪いもの」が入ることを防ぐといわれています。
岩崎地区にある高さ4メートルほどの鹿島様が有名ですが、湯沢市内のほかの集落にも祀られています。

photo200508_01.jpg
写真1:岩崎地区にある鹿島様。近くでみると本当に大きいです!

以前、かわべぇさんが書いていたように、藁でつくった人形を厄除けとして里の入口に置くという風習はゆざわだけではなく、以前は秋田県全域で行われていたようです。

そう考えると、大昔から秋田の人々を守ってきてくれたのは、藁でつくられた鹿島様ではないでしょうか。
少なくともアマビエに比べれば、秋田との関わりは大きいと思います。

いまではこうした風習を行う場所は少なくなってきましたが、こんな時代だからこそ
地元に古くから伝わる人々の暮らしや知恵に改めて思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

イトケン



【しずこまちの旅 第5弾配信中】おしら様の枝垂れ桜をオンライン花見

2020-05-02

こんにちは❗️
地域おこし協力隊の齋藤です。
 
 
今回のしずこまちの旅は、
ゆざわジオパーク内でも有名な
「おしら様の枝垂れ桜編」をお送りします。
 
 
新型コロナの影響で
お祭りなど中止になったりとしておりますので
オンライン上で
ご自宅で少しでも花見気分が味わえるような形で
後半1分間音楽と共におしら様の枝垂れ桜を
オンライン花見という形でも
配信しております。


今現在、湯沢市の桜は散ってきておりますが、
しずこまちちゃんと一緒に
少しでも楽しくゆざわジオパークの桜を
楽しんでいただけましたら幸いです。


▼youtube 動画▼

【ご案内】ゆざわジオパーク学術研究等奨励補助金の募集開始!!

2020-04-24


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

最近の個人的な発見は、「超神ネイガー」の新型コロナウイルスに対する啓発の仕方です。
秋田の人(東北全般?)に伝わる表現が大変参考になっています。

大げさな話ではなく、科学コミュニケーション的にも地域の特性や文化を鑑みて、
表現方法を変える必要性をネイガーのツイッターを見て学んでおります。

やっぱりヒーローはかっこいいですね!
特に県外にいる人は、ぜひネイガーのツイッターをご覧ください!
ちなみに予定では、今日のNHK「シブ5時」にネイガーが出るそうです!

見たいけど無理だ・・・(涙)。

さて、今日はそんなヒーローの話ではなくゆざわジオパークに関する研究費助成についての案内です。
お堅い話となり申し訳ないです・・・。

ゆざわジオパークでは「ゆざわジオパーク」をフィールドにした学術研究を奨励するため研究費の助成を行っています。
令和2年度に学術研究等を計画されている方は、是非、お申込みください!

①助成対象事業
  ・ゆざわジオパークエリアを対象とした地形・地質に関する学術研究
  ・ジオパークと地域の関わりに関する社会学、民俗学、観光学に関する学術研究 
  ・上の2つ以外に、ゆざわジオパークの質の向上に資すると認められる学術研究等

②助成対象者
  ・日本国内の大学に在籍する学生又は大学院生
  ・日本国内の大学、研究期間等に所属する教員又は研究員
  ・上の2つ以外に、ゆざわジオパークの質の向上に資する学術研究が認められる方

③助成金の額等
  ・研究に関する経費の総額10/10以内(補助金限度額30万)

④募集期間
  ・2020年4月23日(木)から2020年5月25日(月) 必着!!

詳細については以下のURLをご覧ください。
ゆざわジオパーク学術研究等奨励補助金を受ける研究事業を募集

新型コロナウイルスのため、『それどころじゃねえ』とツッコミを受けそうですが、
ゆざわジオパークとしては大事な事業になりますので、助成の対象者が身近にいる場合には、
その方にぜひお伝えいただければと思います。

また協議会としても、こうした助成金で得られた学術的な成果を、どうやって地域の皆さんに伝えていくのかを
ネイガーから学んだことを活かしながらしっかり考えたいと思います。
秋田弁はしゃべれる気がしませんが・・・。

ではでは。

イトケン

プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング