湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ついに来た糸魚川-静岡構造線!

2016-09-25

 こんにちは、ゆざわの子です。本日は、前回お伝え出来なかった糸魚川-静岡構造線についてお伝えします。

解説板が見やすくなった!
20160827102414af9.jpeg
 糸魚川-静岡構造線まで行く道の所々に解説板があります。上が、今までの解説板で下が現在の解説板になります。見た瞬間に観光客が読む気を失わないように優しいタッチのイラストを用いながら、写真付きで文字も一回り大きくされ見やすくなっています。

ここが、東日本と西日本の境目
201608271024442c7.jpeg
20160827102427560.jpeg
201608271025183f3.jpeg
20160827102504764.jpeg
 教科書でしか読んだことのなかった糸魚川-静岡構造線についにやって来ました。ここが、日本列島の東と西の境界かと思うと、日本全体からの視点で見る事ができます。フォッサマグナは、アジア大陸から日本列島が離れる時にできた裂け目で、そこを主に海底にたまった岩石が埋め、ユーラシアプレートと北アメリカプレートの押す力により糸魚川を含む中央日本は隆起し、高い山脈を含んだ今の地形を作っています。

 地球規模で糸魚川-静岡構造線を見る。
20160827102453d08.jpeg
 実は、東日本と西日本の境界というだけでなく、上の写真の地図を見てもわかる通り、ヨーロッパとアメリカの境目でもあるのです。
 ここからは、余談ですが、大学で社会福祉学を専攻していたこともあり、福祉先進国である北欧諸国にはかねてより興味があるのですが、日本と同じ火山の国で、ゆざわジオパークと同じく地熱発電を始めとした地熱産業を売りにしているアイスランドにも興味がありまして、一度は行ってみたいなと思っています。そこでですが、実は日本とアイスランドにはいくつかの共通点があることを皆さんご存知でしょうか?
 それは何かと言いますと。
  ①プレートの境界上にあるため火山が多い。
  ②アイスランドには地球の割れ目(ギャウ)がありそこを起点に北アメリカプレートは西へ、ユーラシアプレートは東へ年間2、3㎝ずつ移動し、10億年後に日本で再び合流する。(この合流している場所が糸魚川-静岡構造線になります)。
  ③アイスランドのミーヴァトンには、マリモが生息していて研究によると、北半球のマリモの遺伝子は北海道釧路市の阿寒湖を含む日本列島からのマリモをルーツにしている。という訳でマリモを英語で呼ぶときも「MARIMO」となっています。
   当然ながら、何で8,500㎞も離れている日本とアイスランドのマリモは同じなのという疑問が出て来ますが、それはマリモが渡  り鳥(白鳥やカモ)の餌になっていて、渡り鳥が日本から運んでいったからと言われています。湯沢市にも毎年冬に白鳥やカモ  が越冬するためにシベリアの方からやってきますが、渡り鳥の長距離飛行可能なエネルギーには驚かされます。
   グローバルな視点から見ると、地球って面白いですね。次回は、ヒスイ峡などについてお伝えしたいと思います。
   以上、本日の担当はゆざわの子でした。
   




すっかり秋

2016-09-24

こんばんは。朝晩めっきり涼しくなってきましたね。先週までの暑さが嘘のよう。
まわりの田んぼでは稲穂が黄金色になってきました。収穫はもうすぐですね。美味しい新米がたべられるぞ。
そうそう、明日は愛宕神社祭典神渡行列、大名行列。これまで8月だったけれど今年は9月の開催
なんだそうです。お天気も良さそうだし、ちょっと見てこようかな。ひよこ豆でした。

ミラーマン 院内銀山を行く 院内銀山墓碑地図 長倉墓地

2016-09-23

今回は、墓地図の中の長倉墓地についてご案内いたします。

院内銀山墓地図   渡部 和男著  会誌 院内銀山より

長倉墓地

 ここは、近辺の集落の墓地で、現在も一般墓地として利用されており、銀山関係は明治期以降の者である。子孫現存しない無縁基を挙げる。
 武藤三治(二代目)・中村直重(鹿児島県出身)・対馬氏・仙北氏・鶴岡氏・白岩氏・柳氏・出氏・豊嶋氏・古谷氏・高岡氏・岸氏・岩田氏・遠田氏・沢井氏・阿部氏・高橋長平(浅舞出身)


長倉
 ここが院内銀山の入り口にある集落の長倉です。
奥の山の中に院内銀山があります。
明治期以降になると、この辺りが銀山関連施設が集まってきます。
後日、ご案内しますが変電所や院内銀山の選鉱場や精錬所が建設されてきます

長倉墓地
墓地は長倉集落の中にあり写真のように現在でも使われている墓地です。
階段を上った平場にあります。古くて壊れかけたお墓と、新しく作られたとても立派なお墓とが、混在している墓地です。その中の古いお墓石や友子の墓石、とっくりとおちょこの彫刻のある墓石などを調べました。

長倉墓地2
この墓の左面を見ると、
長倉墓地1
この墓石は友子墓で左面には依母舎弟 秋田出生 高田正之助 同じく佐々木与市、 
子分同  守谷熊蔵と書かれていた。
明治時代に立てられたお墓です。親分さんのお墓と思われる。
長倉墓地4
仙北氏のお墓を見つけたが、土台しか残っていなかった。
長倉墓地7
この一角だけはなぜか古い墓石しかなく、ほとんどのものが壊れかけているか、倒れてしまっている。
関口石でできているので、風化がかなり進んでいる。

長倉墓地6
このお墓の土台に共葬墓地で何基か見つけた彫物がここにもありました。長倉墓地5
瓢箪型のとっくりとおちょこの彫り物がある。
このお墓は、関口石で造られていて、裏面の部分が一直線に壊れている。
この彫り物はとてもきれいなものである。
他の墓も探そうと思ったが、集落の中にあるので誰かに見られている様で長い出来ず。


長倉墓地については、これで終了いたします。
ごきげんよう、さようなら。

テンチコからの報告 山陰海岸GP パート2

2016-09-23

先回は、9月10日のライトアップイベント 『青龍洞の神楽』見学の様子を報告しました。
今回は、11日に行われたガイドフォーラムについて報告いたします。

今回のガイドフォーラムは、NPOガイド団体の 玄武洞ガイドの会主催で行われました。
一応全国のガイド団体に呼び掛けて行われましたが、集まったのは4つの地域でした。
天草GPのガイド団体から2名、福井の恐竜渓谷ふくい勝山から2名、
箱根からはボランティアの自然観察指導員2名、湯沢から1名でした。
あとの参加者は、玄武洞ガイドの会から4名、山陰海岸GP推進協議会から7名他でした。
話し合われた内容は、玄武洞ガイドの会が、何故NPO団体として活動しているのかの
経過報告と、法人化してよかったてん、悪かった点のお話。
他のガイド団体が、今後NPOを立ち上げる時の注意点などを話し合った。
そのほかには、ガイドの仕方の話し合いも行われた。

IMG_2393.jpg

IMG_2392.jpg

午後からは、山陰海岸GP推進協議会の方に、車でジオツアーをしていただいた。
豊岡は、コウノトリの繁殖を目的に造られた 『コウノトリの郷』公園があり、そこをまず見学させていただいた。
コウノトリを見るのは初めてでわくわくしながら訪れた。
日曜日ということもあって、多くの人が訪れていた。
夕方の3時から毎日えさやりが行われると言うのでそれが一番の見所です。
この施設で飼育されているのは、6羽だけですが、外に放されたコウノトリが90羽位いるそうで
その多くがどこからともなくやってくると聞いて、ますますワクワクドキドキしながら待っていた。IMG_2424.jpg
どこからともなく上空にやってきて、先回しているコウノトリです。
翼を広げると2mにもなるおおきな鳥で、鶴に似ていることから、昔は良く鶴と間違われたそうです。
ここ豊岡でも、鶴の付いた地名が多く残っているということでした。
花札の松の木に止まった鶴が描かれていますが、あれはまつがいで、鶴でなくコウノトリだそうです。
コウノトリは松の木のてっぺんの方に巣を作るそうです。IMG_2428.jpg
これが、池に小魚を放し、それを食べにやってきたコウノトリ達です。

次に連れて行ってもらったのは、白糸の滝でした。
少し山の方に入って行き、20分位遊歩道を歩いた先に、とても立派な滝がありました。IMG_2442.jpg
これが白糸に滝で、少し離れた場所からの写真です。2段になっている滝の上の部分しか見えません、
IMG_2443.jpg
滝の芝まで行って見た下の滝です。これは上の尾写真では写っていません。
IMG_2444.jpg
上の滝の真下まで行って撮った写真です。すごく立派でした。

これで、山陰海岸GPガイドフォーラムの報告は終了します。

ジオパークGO!

2016-09-22

こんばんは。ゆっこです。

さて、今日は以前から言っておりました、ジオパークGO!が開催されました。
ジオパークGO!は、グループで複数の指定された場所を自由に周ってもらいます。
場所にはそれぞれ点数が設定されており、いった場所の点数が得点となり、その合計をグループで競ってもらうものです。
今回は小中学生を含んだグループに参加していただきました。

場所は横堀駅や院内駅の周辺。
参加者の皆さんは思い思いにいろいろな場所を巡っていました。

歩き

今回はルールとして、基本的に歩きのみ、電車のみ使用可としていました。
途中、お手伝い頂いたスタッフの方からクイズを出してもらう場所もありました。

クイズ

ほんの少しだけ雨がぱらつきましたが、無事に開催することが出来ました。
それもこれもスタッフの皆さんや参加者の方のご協力があってこそです。
ありがとうございました&お疲れ様でした。

色々と改善した方が点もありましたが、次に活かしていきたいと思います。
では今日は短いですがこの辺で。
ゆっこでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング