湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

情報提供による来客(なぎはる)

2019-07-15

どうも、なぎはるです。
3連休、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
私は、終始寝ていました。休み中、充電しないと体が持たんですね(;´Д`)

まず、近況報告について。押切先生の寄贈した化石に関する問い合わせと、公開された私の投稿論文に関する問い合わせが
頻繁にきており、興味を持たれたお客さんがゆざわジオパークにくるとのこと。

学術情報を提供し、興味を持ったお客さんが来る…まさに専門員として冥利に尽きる出来事ですよね。
最近、事務作業と電話対応の連続でかなり疲弊していたのですが、もう少しだけ頑張ってみようと思いました。
ゆざわGPの専門員はガイドさんや外部講師さんにもとても恵まれていますしね、救いです。

先週のガイド養成講座

2019-07-11

こんにちは!
地域おこし協力隊の齋藤です٩( ᐛ )و

先週のガイド養成講座は
外部の講師の方がいらっしゃいました♪

内容としては
フィールドワーク!

午前は座学を行い
午後からは湯沢市役所の横にある
湯沢城址に登りました🏯

IMG_7729.jpg
城址を登る途中のアジサイ
青く綺麗に咲いていました!


IMG_7722.jpg
見晴台の景色も晴れていて綺麗でした♪


IMG_7725.jpg
見晴台でコーヒーを力水を沸かし
みんなで飲みました♪


木々が茂っていて涼しく
いい運動になります♪


余談ですが、
この後、隣町横手市で開催されていた人生初の24時間
耐久リレーマラソンに参加してきました!笑

とても長く充実した1日でした♪

関口石と仏像と宇宙

2019-07-10


皆さん、こんにちは。
イトケンです。

湯沢市関口付近の旧・羽州街道沿いには、現在も石材屋さんが多くあります。
このあたりには縞模様がきれいな砂岩が多く見られ、
この縞模様を活かした記念碑や彫刻、神仏像などに使われました。

この砂岩は地域の名前から「関口石」と呼ばれ、ゆざわジオパークでも取り上げています。

ただ、私自身は関口石を使った石像をちゃんと見たことがなかったので、
関口にある「香川寺(こうせんじ)」の仏像を拝見してきました。

photo_sekiguchi01.jpg
写真1:香川寺の弥勒大仏像(みろくだいぶつぞう)

非常に大きな仏像ですね。

高さはおよそ5メートルあり、全体が関口石でつくられています。
これは江戸時代に力士の四ツ車大八(よつぐるまだいはち)の大関昇進を祈願して制作したのですが、
奉納予定だった浅草の浅草寺へ運ぶ船がなく、そのまま放置されていたものを香川寺の境内に安置したそうです。
(*1)

なかなか衝撃的な流れで香川寺に安置されることになった仏像ですが、いまは市指定の有形文化財になっています。
仏像の左ひざ付近を見ると、はっきりと関口石特有の縞模様を見ることができますね。

また、香川寺の入口付近にある石像も関口石でつくられていました。

photo_sekiguchi02.jpg
写真2:香川寺の入口にある石像

台座の部分をよく見ると、こちらも縞模様がよく観察できますね。

photo_sekiguchi03.jpg
写真3:台座の縞模様

この関口石が取れる地層は約1600万年前のもので、市内の別の場所にある同じ地層からは
ホタテの仲間の貝殻の化石が見つかっています。

このホタテの仲間は暖かい浅い海で生息することがわかっており、
当時のこの地域が今とは環境が大きく異なっていたと考えられています。

そんな時代につくられた関口石ですが、いまは関口石をつかっている
石材屋さんの数が少なくなってしまいました。
でも、昔はわざわざ江戸から依頼が来るぐらい有名だったことは驚きですね。

ちなみに、最初に紹介した弥勒大仏像、つまり弥勒菩薩(みろくぼさつ)ですが、別名「未来仏」とも言われます。

お釈迦様が亡くなってから56億7000万年後に、この世にあらわれて人々を救うそうですが、
ここで気になるのがこの「56億7000万年後」という数字です。

実は太陽の寿命が、およそ残り50億年だと言われています。

そう。
誤差はあれど、弥勒菩薩がこの世にあらわれる時期と太陽の寿命が似たような時期なのです。

まだまだ研究中のことですので、将来的に太陽の寿命が変わることもあるかもしれません。
しかし、近代的な観測技術がない時代にも関わらず、どうしてそんな数字がでてきたのか・・・。

関口石でつくられた仏像を見ながら、先人の知恵に驚嘆したイトケンでした。

イトケン

<参考>
*1:「図録湯沢市の文化財」より

データ整理(なぎはる)

2019-07-09

こんにちは!さくらんぼを毎日食べてるなぎはるです。
本日も雑多な日記になりますが、ご了承下さいm(_ _)m

1,ジオ班のデータや棚整理。
ジオ班を含む観光ジオパーク推進課は庁内における整理整頓の順位が最下位という、大変不名誉な称号を(毎度)得ています。
入って間もないがために、自重していた私ですが、そろそろ動いてもいいのかな、と思い、大胆に整理整頓を行っています。

不要なものを倉庫に送ったり、CD・DVDをisoファイルに変換して大容量ディスクに保存したりと、たくさんの時間をかけて、だいぶすっきりさせました。体積にして表すと、3/10くらい?

そもそも必要部分の知識さえあれば、「物」っていらないと思うんですよね。物を探す時間がもったいないし…!
物を見るとストレスフル、物が減るとストレスフリーです。

2,シーラント
歯のトラブルと無縁だった私ですが、歯ぎしりのしすぎで、歯が摩耗し、溝がたくさんできているらしい。
溝があると、虫歯になりやすいとのことで、溝にレジンを詰めました。
唾液に含まれる成分が歯の再石灰化を高めるという話を聞いたことがあるけど、
レジンを詰めても大丈夫だったのだろうか?
インターネットで調べたところ、否定的な見解は一切ないけど、なんだか、ちと不安である。

3,ガイド養成講座の講師Sさんが来庁。
Sさんが来たので、ゆざわジオパークの様々な場所を案内しました。
いろいろな人への案内を重ね、いろいろな人にゆざわジオパークを活用してもらえると嬉しいなあ。

酒屋に吊るされている杉玉の意味

2019-07-05

こんにちは!
地域おこし協力隊の齋藤です٩( ᐛ )و

先日、木村酒造さんに訪問してきました♪

その中で写真の丸いものってみなさんご存知ですか??
IMG_7704_20190705135636b04.jpg

こちら『杉玉』と呼ばれていて
新酒が出来上がると吊るすそうです。

そして新酒ができたときは緑色で、
酒の熟成とともに、杉も茶色くなっていくようです♪


酒蔵に訪れたときに杉玉の色の変化を感じてみるのもいいかもしれません♪( ´▽`)
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング