湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

湯沢といえば「あつき雪」

2014-12-18

ジュリーです。みなさんお元気ですか?
先週末は降りましたね~。いよいよ冬ですね。昨日今日も猛吹雪です。
 ゆざわジオパークのストーリーのなかに「あつき雪」というフレーズがあり、雪は重要なテーマとなっています。特別豪雪地帯に指定されている湯沢は降雪が激しく、災害のように住民を悩ませるものですが、同時に多大な恩恵を受けているのも事実です。このことは皆さんはすでにご存知かと思いますが・・・。

DSCN66351.jpg

DSCN66361.jpg

 僕も、金沢や福井に住んでいたことがあり、雪を経験もあるのですが、さすがにこちらの雪は質が違いますね。それに北緯40度に近いこの辺りは、やはり寒い!北陸の平地はこの時期はあまり降りません。周りの方たちの話では、やはり年明け1月2月が本格な降雪になるとのこと。これで序の口だとは驚きです。それにしても横手を含め、平地でこれだけ降る土地に来たのは初めてです。この後が恐ろしい・・・。

DSCN66.jpg

 僕の愛車の軽トラ君もこのありさまです。まあでもこれに慣れていくしかありません。融雪溝の開閉時間の決まりや雪かきの道具の選び方など覚えなければならない生活習慣が多々ありますが、一つ一つ覚えていくしかありませんね。徐々にやっていきます。
ジュリーでした。

第5回ジオガイド養成講座(中級の部)

2014-07-16

みなさん、こんにちは!エマです

7月12日(土)、第5回ジオガイド養成講座中級の部をおこないました。
今回のテーマは「地熱」
講師は、湯沢市地熱アドバイザーの岩田峻さんです。
座学

湯沢市の地下に豊富に眠っている地熱資源。
それをどのように活用しているのかを学べるようなコースを組みました

まずは、大噴湯で噴き出す蒸気を浴び地熱を実感……するはずが……
大噴湯
強めの雨により、岩田さんのお話を聞いた後、足早に退散

栗駒フーズの見学
栗駒フーズ2
地熱の力で殺菌された牛乳で作られたソフトクリームは、とっても甘くて濃厚でとってもおいし~のです
雨の中でも、地熱の恵みを堪能しました。

次は皆瀬にある、地熱利用農産加工所
地熱加工所
ここでは、温泉や地熱を利用して、乾燥野菜をつくっています。
中でも切り干し大根が絶品
管理をしている地元の方が、施設の説明をしてくださいました。
ユーモアをまじえた説明がお上手で、受講者のみなさんも刺激になったことと思います

お昼をはさんで、上の岱地熱発電所
このブログでも何度も登場しているので、今回は写真を並べるだけにします。
(午後からは、お天気が回復
蒸気生産基地
上の岱2
発電所
上の岱
冷却塔
上の岱3
湯沢市で使う電気の大部分をまかなえるだけの量をここでつくっているのです。
地熱の力ってすごいなーと改めて思いました。

最後に、山葵沢の地熱発電所建設予定地の見学
山葵沢
順調にいけば平成31年までに、ここには上の岱のような発電所ができるわけです!
ちなみに、この場所は生産基地になる予定だそうです
山葵沢2
建設前に見学することはあまりできないと思うので、貴重な経験になりました

湯沢市はほんとうに地熱が豊富なところです。
誇れる資源があるのは幸せなことですね
ジオパークとしてもどんどん地熱PRしていきたいと思いました。

今日の担当はエマでした。

学術調査(山谷~関口)

2014-07-12

心配された台風8号も、ゆざわにはほとんど影響を及ぼさず過ぎ去っていき、ホッと一安心ですね。
ジオの恵み「三関のサクランボ」の収穫期で、果樹園には雨よけのビニールがたくさんかかっていたので、とても心配していたので、胸をなでおろしました。
台風も過ぎ、間もなく本格的な夏が来るのかなと、暑さを想像して多少げんなり気持ちが萎えかけているゴゴティーです。

ということで、今回は、心配した強い風の被害を受けずに済んだサクランボ畑の近くを先日、学術調査した時の様子をお伝えしたいと思います。

その日の朝は、湯沢市街地から国道398号を稲川方面に向かい、途中、山谷トンネルの近くから林道に入るというコースで調査を始めました。
この日の一つ目のターゲットは、昭和30年代にその石を採集してタイルを作っていたと記録の残る「湯沢陶石」です。
林道に入って少し進んだところで採石をしていた場所が見えてきます。
長子内流紋岩

そこいら一帯(山全体)が同じ岩石でできているところで、雄長子内岳火砕岩(流紋岩質)と呼ばれています。稲川側から見た時に非常に目立つ「雄長子内岳」や「雌長子内岳」も同じ岩質で、結構広い一帯が同じ石でできているようです。

林道を作った時に切り開いた露頭(地質などがよく見えるよう表面に出ている場所)が連続していて、とてもよく観察できます。道脇に少し入るとフキやミズといった山菜類もいっぱいありました。(その日は学術調査なので、収穫はグッと我慢しました…)
露頭をよく観察すると、こんな石です。
湯沢陶石

昭和30年代から40年代初めにかけて、これと同じような岩質の石を採集し、砕いてタイルの原料としたようです。現在はタイルも作られていないため、全く採集もされていません。
非常に硬くて緻密な石で、サンプルを採集するためにハンマーでたたいて適当な大きさに砕くのが非常に大変でした。(特にこの日は日差しが強くて、朝から暑かったので、汗だくになりました。)
とても広い範囲に大量にあるので、将来何かに使えればよいとも思うのですが、良いアイデアは浮かびません。

気を取り直して、次の調査地に向かいました。
次の調査地は、その林道を山谷から関口方面に向かう途中から少し入ったところにある場所です。(わけあって詳しい位置情報はお知らせできません。)

そこで、関口石と同じような石の地層の露頭(地質がよく見えるように表面に出ているところ)をさがし、そこを見つけて石をたたいて割ってみて「化石」を見つける。という調査です。
ちなみに関口石というのは、砂岩で、昔は墓石や石の彫刻品などに盛んと使われていたもので、こんな石です。
関口石
・・・向きが変ですが・・・

この関口石とほぼ同じような時代の石からは、(ゆざわジオパークのほかの場所でですが)貝の化石とかが結構出てきたりします。
数年前の調査では、近くの場所をちょっとだけ調べたのですが、発見していませんでした。
今回は、少し丹念に調べてみようということで向ってみました。

露頭を見つけ、少し石を叩いてみると、 ・・・

   ・・・

   ・・・

   ・・・  を!  何か見つけました。!!
砂岩植物化石

よく見ると葉っぱの化石だと思われます。(やったー)
(写真は、事務所に持ってきて机の上で撮りましたのであしからず。)

そのあとも、葉っぱではないかと思われるものや植物の茎(枝?)かもしれない炭化物のようなものが出てきたりしました。
いずれ、この後、すべてを専門家に見ていただいてからの結論となるのですが、探していたものを見つけたときのような喜びがありました。

地質図に書かれている貝化石は発見できませんでしたが、一応、調査の成果はあったのでホッとしています。

その日午後からも調査は続いたのですが、今日のテーマ地「三関」周辺ではなかったので、そして、だいぶ長いブログになってしまったので、今日はこの辺にします。
機会があれば、この続きも書いてみたいと思っています。

多少暑くても、フィールドはやっぱりいいな~ と、改めて感じているゴゴティーでした。

【コスモスライン2014】クリーンアップ大作戦!

2014-04-27

みなさん、こんにちは!エマです

昨年春、わたしはこんな記事を書いていました。
【コスモスライン】クリーンアップ大作戦!

今年も行ってまいりました!高松地区クリーンアップ大作戦!!
昨年同様早起きしたわけですが。。。
5時台に起きるというだけで、わたしにとっては一苦労なわけです。
あれ?去年も同じこと書いたような……?

そんなことはどうでもいいのです!
クリーンアップの様子をお伝えします!

県道沿いのごみを拾います。
この県道は、三途川・川原毛方面に向かうための大切な観光道路です。
雪が解けたこの時期に、地域の皆さんできれいにします

クリーンアップ1

ごみは、高松地区センターに集められます。
クリーンアップ2
ごみの分別を手伝って、作業終了!

今年も高松の道路がきれいになりました
去年のように季節ごとにコスモスラインの様子をお伝えできればいいな、と思っています。

そして、
昨年つくったジオサイト解説版が、大雪に耐えて無事に姿を現しておりました
高松看板

今年も解説版を追加製作する予定です。
ジオサイトの整備や保全にも、どんどん取り組んでいかなければいけませんね。

今日の担当はエマでした!

湯沢大堰2

2012-11-01

皆さま、こんにちは
湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーです。

あっと言う間に、11月に突入です。
ついこの間まで「暑い、暑いと言っていたと思うのですが、
これからは、そろそろ「寒い、寒いが増えそうです・・・

さて今日は、以前お伝えしておりました「湯沢大堰」の続きをお伝えしたいと思います

両関酒造の前を通って・・・
両関後、前森
まだ、まだ前森です。これも大堰
中央病院手前
中央病院跡地付近まで来ましたここで一旦途切れます・・・
小野崎医院裏
また、また・・・これも大堰今まで見てきた場所より、水量が増えています・・・
保育園裏
ここから2本に分かれています
大町おびきゅう後ろ
やっと大町まできました

吹張までの道のりは、まだまだ遠い?・・・

田町院内石利用
ここにも院内石を利用している所がありました(大町)

八幡坂
そして八幡坂を通り過ぎ・・・

八幡坂
お忍び小路前を通り・・・

御囲地町方向
御囲地町へ入ります

御囲地町茶色ガードレール
周りの景観に合わせて、試験的に造られた茶色のガードレールが80mほど続きます

御囲地町稲荷神社
御囲地町稲荷神社

この日は、このあと旧国道へ出て調査終了でしたが・・・
コース的には千石町、西愛宕町を通り・・・湯沢頭首工まで続きます

それにしても・・・以前も書きましたが、「湯沢大堰」本当に長いですね~


今日のブログ担当は赤い彗星さんの予定でしたが、現在・・・今頃は飛行機の中でしょうか・・・?
会長はじめ、十数名で日本ジオパーク全国大会への参加のため、高知県の室戸市へ向かっています。
かなりの長距離移動です
気を付けていってらっしゃいませ~

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーがお伝えしました
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング