湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

怪蟲“毛壁虱”、湯澤ニテ出現ス!

2013-05-15

 みなさま、こんにちは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。

 最近、“ダニ”がどうしたこうした……なんて話をよく聞きませんか?
 以下、厚生労働省から発表された文書の抜粋です。


  病原微生物検出情報(IASR)速報
  国内で初めて診断された重症熱性血小板減少症候群患者
  重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome,
  SFTS)はブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類される新規ウイルス、SFTS
  ウイルス (SFTSV)、によるダニ媒介性感染症である。


 重症熱性血小板減少症候群

 中国で発見されたこの恐ろしい感染症の話を聞いて、ミレーは『雪の出羽路』のある記述を思い出したのでした。

 “壁虱”は“ダニ”と読みます。
 そうです。ダニです。


  ○逆巻村(今日の酒蒔) 支郷河原村

  此辺りの河原に毛壁虱と云ふ蟲ありて、夏より初秋かけて往来ふ人を螫てなやませ死ぬ人もあり、
  このあたりの河原には“ケダニ”という虫が住み、夏から初秋にかけて通行人を刺して病を生じ、死人も出た。

  さりければ河の道行く人は身をよく包みて歩行なり。
  そういうわけで、川の道を行く人は衣服で身を覆って歩くという。


 これは……
 はたして“毛壁虱”とは何者なのでしょうか。


  蟲は蓬または鼠麹草に似て河原父子といふ草にばかりすむてふ、其蟲は月代の剃毛のことく
  虫はヨモギまたはハハコグサに似た“河原父子”という草にだけ住むという。
  その虫は月代(当時の男性の髪型)のそり落とした毛のように


  いといと細く二三分にて、蟲のさまともおもはれぬものなり。
  たいそう細く(小さく?)、二、三分(6~9ミリ)、虫の姿とも思えないものである。

  此蟲越後國にもあり、(中略)名を島蟲と、また恙蟲といふ也、
  この虫は越後の国(こんにちの新潟県)にも住み、名をシマムシ、またはツツガムシという。


 “毛壁虱”の正体は“ツツガムシ”でした。
 目に見えず、噛まれたことにすら気付かず、症状が悪化して死に至る……
 菅江真澄が書いた症状は、“ツツガムシ病”として古来恐れられてきた謎の病でした。
 なお、“毛壁虱”とは、秋田県の雄物川流域におけるツツガムシの呼び名だそうです。

 秋田県は、今でもツツガムシに関する注意喚起を行っています。

 奇しくも、いよいよ“毛壁虱”が活発に活動する時期がやってきました。
 どうかみなさま、つつがなくお過ごしください。


 本日のブログはミレーがお送りしました。

菅江真澄と歩く⑮ 「かくて、生れる」 【完】

2013-05-09

 みなさま、こんにちは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。

 五ヵ月間にわたった本企画もこれにて最後です。また結構な分量ですが、どうかお付き合いください。

 さて、『小野のふるさと』から30年、『雪の出羽路』において、菅江真澄は小野小町伝説とどのように決着をつけたのでしょうか。
 『雪の出羽路』からは、彼が集積し研究した大量の文書の存在がうかがえます。おそらく当時の出版事情が許す限り、小野小町に関する資料を片っ端から集めては読み漁り、己の中の結論を求めたのでしょう。
 その思索と検討、悩みの過程は本文中に幾度となく登場します。


  羽陰草芥の地にさへ小野村といふありて、宮人小町が出生の所と云へる也、
  鳥の羽陰、草むらの中にさえ“小野村”があるといっていいような状態で、それぞれが口々に
  「ウチこそが小野小町出生の地である!」と言っている。


  霊淑の気必ず佳人を出すとまま語り伝えしは我藩ながらおぼつかなし。
  「霊妙な気が美人を生む」とだけ語り伝えたのでは、我が藩(秋田)ながら信憑性に欠ける。


 うーむ。


  徒然草に小町か事きはめてさだかならず。
  『徒然草』に書かれた小町に関する記述はまるではっきりしない。

  ――(以下は『徒然草』からの引用)

  おとろへたるさまは玉造といふ文に見えたり(中略)
  小町が年老いてからの様子は『玉造』という文書に書かれているが……

  小野がさかりなる事其後のことにや、猶おぼつかなし云々、といへり。
  全盛期どころか年老いてからのことなんて、ますますさっぱりわからない、などと書かれている。


 むむむ。


  諸説まちまち也。
  色々説があって言っていることも違う。

  ――

  おぼつかなし。
  よくわからない。

  ――

  玉造小町も皆姓氏なれば、小町といふ名のたまたま同じくとも玉造小町と小野小町と別人にてあるべきにや。
  玉造小町の“玉造”とは苗字であって、小町という名前がたまたま同じでも、“玉造小町”と“小野小町”は
  別人というべきではないか。


  ――

  歌なども人毎に知れる歌のみ多し、去ながら小野が事慥記文なし、如何。
  人々に知られているのは歌だけで、小野小町本人に関する確かな記述はない。どういうことだ。


 むむむむむ。
 ミレーのようなにわか物好きは黙るしかありません。
 しかし……


  さはいへ(中略)此郷にいにしへの跡なつかしきことの葉のたねを残れ、(中略)
  そうはいっても、この郷(小野)には、古くから伝わるモノ・コト、さらに言の葉の種とでもいうべき
  文化の香りが残り、


  おなじく風雅の花ならむ。
  在りし日と同じく、風雅の花となって咲いているようだ。

  面影のかはらで年もつもりけむ、色香うつりてここに死せしとて終に古墳も残り、
  面影(小町の? 小野の郷の?)は変わらずに年月は流れ、いつしか美貌も失われてこの地に死すと
  いって終の棲家たる古墳も残っており、


  九十九根の芍薬といふもありて攀折を禁ず。
  また九十九本の芍薬というものが残って、折ることは禁じられている。

  ――

  まちまちに説れど、小町は小野に生れて陸奥の玉造に盛長して、十余歳に皇都にのぼりしといふは
  いろいろと考えてみたが、小町は小野で生まれて東北の玉造(“玉”に関する巫女のような身分?)となり、
  十歳ほどで都にのぼったというのは、


  うべなるやうにおもはれたり。
  道理が通っているように思う。


  猶しれる人にとひてたづねてつばらかに記しまほしき事にこそありけめ。
  もっともっと、小町については詳しい人に尋ねてまわって、詳しく記したいものだ。


 これが菅江真澄のたどり着いた結論です。
 そして、“30年前に実際に小野を歩き、案内され、古跡を訪ね、伝説に触れ、さらに小野出身のとてつもない美人を見た”という菅江真澄の実体験こそ、当時においてすら諸説乱立の状況でなお、“小野こそ小野小町出生の地”と言わしめた最たるものではないでしょうか。

 菅江真澄はその文章の中で、他の“自称小野小町出生の地”について偽りであるとは言っていません。
 ただ、可能な限りの資料を総覧したうえでなお、小野を小野小町出生の地であると結論したのは、やはり彼自身の“体験”あってのことだとミレーは思うのです。


  紫の 藤は其世に ちりてしも 花のゆかりの 名こそ残ける


 見て、触れて、感じて……
 それは大地と人間と歴史と文化と伝説が織りなす妙なる糸を読み解いて、菅江真澄の心が動いた瞬間であったことでしょう。
 彼と同じ空気を吸い、彼女と同じ大地で暮らせて、光栄です。

 かくして、小野小町は、美の郷ゆざわは、生まれました。


 「菅江真澄と歩く」シリーズ、これにて終着です。
 本日のブログはミレーがお送りしました。


はたして小野小町は、振り向いてくれたでしょうか。komachi.jpg



「菅江真澄と歩く」シリーズ バックナンバー

①「追憶の院内銀山」
②「突撃! 山田・松岡七不思議!」
③「遥かなる稲庭うどん」
④「三関・須川の石と河」
⑤「高松に燃える紅葉」
⑥「白く轟く川原毛地獄」
⑦「小安峡大噴湯、岩を割って息吹く」
⑧「今も昔も節理は摂理」
⑨「ごきげんよう、能恵姫様」
⑩「荒寺の怪」
⑪「栗駒ゆっくりひとめぐり」
⑫「幻の湯から未踏を望む」
⑬「きよらなる伝説」
⑭「美の滴る郷」
⑮「かくて、生れる」 【完】

菅江真澄と歩く⑭ 「美の滴る郷」

2013-05-03

 みなさま、こんにちは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。

 この企画も残すところあと2回です。
 今回は若かりし日の菅江真澄(31歳)が、当時の小野で体験した「小野小町ジオツアー」のなかで書き記した文章から、小町本人がどのような人となりであったかを考えてみます。
 後に書かれる「雪の出羽路」が地誌の体裁になるのに対し、若き日の「小野のふるさと」はまさしく紀行文の体裁で、小野小町という伝説に対して菅江真澄が何を感じたのか、みずみずしく思いがつづられています。
 いっしょに伝説を巡りましょう。今回はかなり文章量多めですが、どうかお付き合いください。

 キーワードは、「雨乞い小町」です。
  

  里の子の云、小町姫は九のとし都にのほり給ひて、又としころになりて此国に来給ひて、
  里の子がいうには、小町姫は九歳で都にのぼり、またある年齢になってこの国(小野)に戻ってきて、

  植おき給ひし芍薬とて、田の中の小高きところにあり。いさたまへ、見せ申さんとて、あないせり。
  植えていった芍薬が田の中の小高いところにある。さぁ見せましょうといって案内をしてくれた。

  其めくり、しば垣ゆひめくらしたる中に、やかてさくへう、ゑひす薬の花茂りあひたり。
  その周りを柴垣で囲んだ中に、やがて咲きそうなえびす薬(芍薬)の花が茂っていた。

  これを、いにし頃より九十九本ありて、花の色はうす紅にして、花いささか、こと花とたかふなと、
  これを、いにしえの頃から九十九本あって、花の色は薄紅で、小さく、他の花とは異なるなどいい、

  此盛を待て田植そめてけり。
  花盛りになるのを待って田植えを始めるという。

  枝葉露はかり折てもたちまち空かきくもりて、やかて雨ふり侍る。
  枝や葉をほんのすこし折っただけでも、たちまち空が掻き曇って雨が降り出す。

  まことにや雨乞小町ならんとかたる。
  まさに「雨乞い小町」ですねえ……と語った。


 「百本」ではなく、「九十九本」というあたりが、物悲しく、切ないですね。
 「雨乞い」で降る雨というのは、いわゆる「神頼み」の結果の「恩寵」だと思うのですが、この「雨乞い小町」における「雨」とは、きっと小町の……

 さて、もうひとつ、「雨乞い小町」に関する記述を見ていきましょう。


  又あるしのかたりけるは、一とせ日てりつつき、田はたけ、みなかれ行まま此芍薬の辺りにいもゐして、
  ある家の主人が云うには……ある年日照りが続いて田畑が枯れていくので、この芍薬のあたりで願掛けをして、

  ことはりや日のもとなれは、とうたひしかは、雨たちまち降て其しるしをあらはし給ふ。
  『たしかにここは“日ノ本”ですが』と謡うと、たちまち雨が降り出して霊験を現した。

  小町姫にもの奉り、此もくひに人々の妻、むすめの、みめよきを集めて歌うたひ酒のみて、
  小町姫に捧げものをして、御礼に人々の妻や娘の綺麗どころを集めて歌を歌い、酒を飲んで、

  さはにはやしはやしすれは、ときのまに、よき空くもりて、やをら雨ふり出れは、
  大いに騒いだところ、たちまちに晴れた空が曇り、やがて雨が降り出したので、

  いそきみな家に帰れは、雨はいやふりにふりて、はたつものもみな波にゆられて、晴行空もみえす。
  急いで家に帰ったが、雨は降りに降り続け、畑のものもみな水びたしになり、晴れる様子はまるでない。

  せんすへもなう、又こと神にいのりして、ややはれ行てけるは、うたての小町姫やといふ。
  どうしようもないので、また別の神に祈って、なんとか晴れていったので、小町姫にも困ったものだ。
  ……などと言う。


  
 小町の人となりを考えるうえで、なかなか重要な示唆を与えていると思うのですが、いかがでしょうか。
 もうちょっとだけ続きます。


  ちかき世に、はいかいの蓮歌師、芍薬の枯葉折て家つとにせんと、たたう紙のあはひにいりてけれは、
  近い時代、旅の蓮歌師が、芍薬の枯葉を折っておみやげにしようと、紙の間に入れたところ、

  あめたちまち降て身いたくぬれぬれかへるとて、
  雨がたちまち降りだしてびしょ濡れになってしまい、

  又れいの あふむかへしや むらしくれ
  この村時雨は例の鸚鵡返しか。かんべんしてくれ!


 伝説となる前、小町は人間でした。

 「小野のふるさと」の最後の終盤で、菅江真澄はゆざわの地であるものを見ます。
 以前の記事でも紹介した箇所ですが、今回は現代語訳込でどうぞ。


  はなたのやうなる布を、あつあつとさして着たる、いときよらなる女、老人にいさなはれて行は小野の人なり。
  縹色(薄青)のような布を厚く着た、輝くように美しい女が、老人に連れられていくのは小野の人である。

  あな、めてたの女と、人うちまもりたり。小町ひめのゆかり残りて、いにしへよりいまに至りて、
  「あぁ、なんという美人だろう」と、人々が見つめていた。小町姫のゆかりが残り、昔から今にいたるまで

  小野の邑にはよき女いて来るとは聞と、かかるかおほよき女は、世中にあらしなと酔なきしたり。
  小野の郷にはよい女が生まれてくるとは聞くが、これほど美しい女は、世の中にあるまいなどと、
  みな酔いしれ、夢心地のようだった。



 この時の菅江真澄の感動は、30年あまりの時を経て、地誌「雪の出羽路」においてある結論に至ります。
 「小野小町出生の地」とは。
 その答えは、続く最後の回で確かめるとしましょう。


 本日のブログはミレーがお送りしました。



「菅江真澄と歩く」シリーズ バックナンバー

①ジオサイト「院内銀山」より  「追憶の院内銀山」
②ジオサイト「山田」より     「突撃! 山田・松岡七不思議!」
③ジオサイト「稲川」より     「遥かなる稲庭うどん」
④ジオサイト「三関・須川」より  「三関・須川の石と河」
⑤ジオサイト「高松」より     「高松に燃える紅葉」
⑥ジオサイト「高松」より     「白く轟く川原毛地獄」
⑦ジオサイト「小安」より     「小安峡大噴湯、岩を割って息吹く」
⑧ジオサイト「小安」より     「今も昔も節理は摂理」
⑨ジオサイト「岩崎」より     「ごきげんよう、能恵姫様」
⑩ジオばなし「怪談」より     「荒寺の怪」
⑪ジオ広域圏「栗駒山」より   「栗駒ゆっくりひとめぐり」
⑫ジオ秘湯「栩湯」より      「幻の湯から未踏を望む」
⑬ヘリテージ「小野小町」より  「きよらなる伝説」

菅江真澄と歩く⑬ 「きよらなる伝説」

2013-04-27

 みなさま、こんにちは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。

 「菅江真澄と歩く」シリーズ第13回、いよいよ「小野小町」の登場です。

 と、いいつつ今回はちょっとした紹介編です。残る2回で、小野小町本人にまつわる伝説と、当地における小野小町伝説について菅江真澄がどのように思ったのかを紹介して、この企画の終点とします。

 それでは、「雪の出羽路」より、まずはこの文章から見ていきましょう。
 今回の記事はぜひジオサイト③「小野・横堀」のパンフレットとあわせてご覧ください。


  ○小野郷
  小野に七郷七名所あり、(中略)
  又七名所と云は芍薬ノ苑、所縁ノ松、八十島、走リ明神、二ッ森、桐木田、姥の窟。
  小野には七つの郷と七つの名所がある。
  七つの名所とは、芍薬苑、ゆかりの松、八十島、走り明神、二つ森、桐木田、姥の窟をいう。


  此七村七名所なんどより七小町の謡曲話や作り出たりけむ。
  この七つの村と七つの名所があればこそ、「七小町」の唄や物語は作り出された。

  小野といふ処国々所々に多かるより小野の小町出生の地とりどりにいへれば、
  小野という地名は日本中に数多くあり、それゆえに「小野小町出生の地」と言われる場所もまた数多く、

  其地に至らずただいたづらにおもひ考のいとあさく、
  その場所に行きもせずに浅い考えで、

  あらざる事を名ある人どもの書しけるよりさもあらむと迷ふ人々多し、
  ありもしないことを名の知れた人が書くものだから「そうなのかなァ」と惑わされる人は多い。

  此小野の里に至りてつばらかに尋ねめくらばその迷はおのづからとけぬべし。
  しかし、この小野の里を訪れ、すみずみまで訪ねて回れば、「小野小町出生の地」に関する
  疑問は間違いなく解決するだろう。



 核心を突く話をさらっと言ってしまうあたりが凄いというかなんというか……
 「小野小町出生の地」という命題に関して、二百年前から同じことをしていたんですね、という……

 ちなみにミレー自身は「伝説はたくさんあったほうが面白い」というスタンスなので、覆しようのない物的証拠でも出ない限り色んな説があっていいんでなかろうか、とも思います。
 とはいうものの、やっぱり地元ですので。

 さて、文中に登場した「七名所」の中から、ジオ的におもしろい記述を見つけたのでご紹介します。


  ○八十嶋
  芍薬の苑生の南に在り。
  芍薬苑の南にある。

  いにしへ此辺に大河流れて後に沼となり、其大沼にここらの川島残りたりしかば八十嶋の名はありつる也。
  大昔、このあたりには大河が流れていたが後に沼となり、その大きな沼の中に川島(中州)が残ったので
  “八十”島の名がある。


  其多かる島どもも洪水に崩え、地震にふりこぼれはてて今は田となりてあとかたもあらねど、
  多くあった島々は洪水や地震でみな崩れてしまい、今では田となって跡形もなくなってしまったが、

  其地動のゆりのこしたる巖島二ツ残りたるを女森、男森とて田の中に在り、是を二ッ森とて村の名に呼ぶ。
  このような大地の動きの中で二つの岩が残っており、「女森」、「男森」といって田の中にある。
  これを「二つ森」と村では呼んでいる。


  二ッ森は深草少将、小町の塚也といへり。
  二つ森は深草少将と小町の塚(墓)だという。


 小野小町と、歴史記述と、ジオが、繋がりました!
 ではまた次回!


 本日のブログはミレーがお送りしました。



「菅江真澄と歩く」シリーズ バックナンバー

①ジオサイト「院内銀山」より  「追憶の院内銀山」
②ジオサイト「山田」より     「突撃! 山田・松岡七不思議!」
③ジオサイト「稲川」より     「遥かなる稲庭うどん」
④ジオサイト「三関・須川」より  「三関・須川の石と河」
⑤ジオサイト「高松」より     「高松に燃える紅葉」
⑥ジオサイト「高松」より     「白く轟く川原毛地獄」
⑦ジオサイト「小安」より     「小安峡大噴湯、岩を割って息吹く」
⑧ジオサイト「小安」より     「今も昔も節理は摂理」
⑨ジオサイト「岩崎」より     「ごきげんよう、能恵姫様」
⑩ジオばなし「怪談」より     「荒寺の怪」
⑪ジオ広域圏「栗駒山」より   「栗駒ゆっくりひとめぐり」
⑫ジオ秘湯「栩湯」より      「幻の湯から未踏を望む」

菅江真澄と歩く⑫ 「幻の湯から未踏を望む」

2013-04-21

 みなさま、こんにちは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。

 今回はジオサイト「高松(三途川・川原毛)」「小安」「奥小安」の狭間の空白地帯から、かつて在り今はなき幻の温泉をご紹介します。

 その温泉とミレーが出会ったのは例によって菅江真澄の絵図集「勝地臨毫」でした。小安・奥小安一帯を描いた巻の中で、大噴湯に勝るとも劣らない圧倒的存在感を放っていた絵がありました。
 それが、こちらです。
 (今回の記事も画像大きめ、クリックで多少拡大します)

4_20130419132859.jpg

 ドン!
 この圧倒的な山(岩?)の迫力、いかがでしょうか。
 しかも何やら地質的にもいとおもしろげなる様相。以前紹介したように、菅江真澄は「無いものは描かない」ので、間違いなくこの山には「このように見える何か」があるはずです。
 どらごんさんによれば「パッと見たところ溶岩ドームのように見える」とのことで、正体が気になります。

 絵の右上にもありますが、この絵は「橡湯(とちゆ)」、今日の「栩湯」から眺めた光景のようです。
 栩湯の位置はこちら。クリックしてどうぞ!

totiyu.jpg

 図中にある「石神ノ嶽」が今日の「石神山」だとすると、菅江真澄は以下のような方角を見たことになります。
 目の前にそびえ立つこの巨大な山は、はたして……

南南西

 菅江真澄は栩湯にてもう一枚風景図を描いています。

3_20130419132757.jpg

 兜山に桁倉沼、遠方には東鳥海山……
 この向きです。

北西

 さて、ご紹介が遅れましたが、「栩湯」にはその名の通り、湯治場があったそうです。
 今はなきその姿も菅江真澄は描いています。

5_20130419132914.jpg

 絵の中に留まり、栩湯はやがて幻の湯となりました。人々の記憶からもいつかは消えていくのでしょうか。
 この栩湯に限らず、「雪の出羽路」を読んでいると、かつて在り今はなき温泉の記述が数多く見つかります。
 いつの日か、湯沢の大地に点在する幻の湯を制覇してみたいですね。

 今回の記事を書くにあたり、『東北の湯治場 湯めぐりの旅』([著]永井登志樹、無明舎出版)からヒントをいただきました。ありがとうございました。


 そんなこんなで、「菅江真澄と歩く」シリーズも12回を迎え、ついには湯沢市を飛び出したり怪談話を取り上げたりと暴走もしましたが、当初の予定であった15回まで残すところあと3回となりました。
 最初はジオサイト案内書(初版)の数に合わせて15回シリーズとし、取り上げる内容も各サイト1回ずつにしようと思いましたが、なかなか面白いネタが見つからなかったりそもそも該当の地域の記述がなかったりとと大変でした。

 次からはいよいよ、湯沢と、菅江真澄と、ミレーを結びつけたあの伝説の登場です。


 本日のブログはミレーがお送りしました。



「菅江真澄と歩く」シリーズ バックナンバー

①ジオサイト「院内銀山」より  「追憶の院内銀山」
②ジオサイト「山田」より     「突撃! 山田・松岡七不思議!」
③ジオサイト「稲川」より     「遥かなる稲庭うどん」
④ジオサイト「三関・須川」より  「三関・須川の石と河」
⑤ジオサイト「高松」より     「高松に燃える紅葉」
⑥ジオサイト「高松」より     「白く轟く川原毛地獄」
⑦ジオサイト「小安」より     「小安峡大噴湯、岩を割って息吹く」
⑧ジオサイト「小安」より     「今も昔も節理は摂理」
⑨ジオサイト「岩崎」より     「ごきげんよう、能恵姫様」
⑩ジオばなし「怪談」より     「荒寺の怪」
⑪ジオ広域圏「栗駒山」より   「栗駒ゆっくりひとめぐり」
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング