湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

東北フォーラム@三陸ジオパークに行ってきました。

2015-08-30

こんにちは。ゆっこです。
最近どんどんと寒くなっていきますね。
初めての東北の冬を目の前にして、そわそわと落ち着かなくなってきました。

今日は、8月28日29日と行ってきました、三陸ジオパークでの東北フォーラムの一部をご報告いたします。
会場は、岩手県の久慈市。皆さんとバスで行ってきました。
湯沢からは4~5時間かかるのでは、とのことで、朝7時30分くらいに湯沢を出発いたしました。

途中休憩も挟みつつ、非常に順調に進み予定より30分はやい11時にお昼ご飯を食べる予定の場所に到着しました。
少し早いですが、昼食です。

岩手県の久慈市は、2年前のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の舞台です。
あまちゃんで一躍有名になった『まめぶ汁』を昼食に頂きました。

まめぶ

写真の右側のお汁がまめぶ汁です。
お醤油ベースのお汁の中に焼き豆腐やニンジンごぼうなどと一緒に小麦粉を練って作る真ん丸のお団子が入っています。
見た目はサトイモっぽいです。
このお団子の中には黒砂糖とクルミが入っていて、少しあまじょっぱい味。おつゆによく合いとても美味しかったです。

食事の後は、会場へ移動。
受付を済ませ、持ってきたパンフレット類を並べます。

パンフレット

マップやジオモン、ポスターやすごろくを展示させてもらいました。
その後、13:30からフォーラム開始です。

会場

大きくて立派な会場!
写真はまだ始まっていないので、ちらほら席が空いているように見えますが、最終的には会場が埋め尽くされてしまいました。
今回は200人程の参加者がいたとか。

主催者挨拶のあと、東京大学の地震研究所教授で、日本ジオパーク委員会副委員長を務める、中田節也先生からの基調講演です。中田先生は火山岩岩石学や火山地質学を専門とされています。

中田さん

講演タイトルは『世界と日本のジオパーク』です。
世界のジオパークがどういうところを目指しているのか、また、その中で日本のジオパークはどうしていけばいいのかなどを話して頂きました。

日本の高校では地学の履修率が低いと言われており、実際に皆さんも感じていることではないでしょうか。
大学入試でもあまり重要視されておらず、また普通に生活している分には、直接生活にも関わってこない。
このままでは教育現場から地学はなくなってしまうのではないか、そんな不安は日本だけにも限らず、アメリカなどの海外でも見受けられます。

しかし、その地学や地球科学で習うような事柄の上に人間を含めた生態系は成り立っており、また昨今はその生態系の基盤ともいえる自然に人為的な影響が出始めていると言われています。
また、地震をはじめとする自然災害にどう備えたらいいのか、いつかは枯渇するのではと言われている資源をどのように使ったらいいのかなども、地学や地球科学を学ぶことでわかってくるのではないかと考えられます。

しかし地学や地球科学に触れることがないのに、いきなり興味や関心を持てというのは無理な話でして。
そんな時にジオパークはこれらに触れてもらう、身近に感じてもらういいきっかけになるのではないか、とのことでした。

ジオパークの意義について触れつつ、どのように各ジオパークがユニークさをアピールしていくかなど、日本ジオパーク委員会の委員の経験談などを踏まえながら話してくださいました。


ゆざわジオパークは、日本ジオパークの認定から来年で4年目を迎えます。
つまり、来年は再審査です。

ゆざわジオパークをどのようなジオパークにしたいのか、また、どのようにして特徴や魅力を発信していきたいのか、そのためには一人一人が何をしなければいけないのか。
中田先生のお話を聞いて、そんなことを考えていました。

これをしたら絶対にうまくいく、絶対に大丈夫なんてことはわからないですが、やってみたいことや面白くなりそうなことはたくさんあります。一つ一つ確実に、失敗してしまうかもしれないけれど、精一杯していこうと思いました。
明日からまた頑張ります。

では今日はこの辺で終りたいと思います。
読んでくださりありがとうございました。
ゆっこでした。

※※※
なんどか登場しておりますが、しず小町ちゃんがゆるきゃらグランプリに出場しております。
先ほど見てみましたら、現在1195位!エントリー数が1718人(匹?)ですので、健闘中ではありますが、もう少し・・・!
これも、日々確実に一歩ずつ、ですね。
是非、皆さんの応援もよろしくお願いいたします!

鳥海山

2015-02-16

 こんにちはジュリーです。寒い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしですか?
今日の話題は、先日、酒田に出稼ぎに来ている友人を訪ねた時の話です。みなさんもご存知の通り、鳥海山一帯の自治体は、山形と秋田でジオパークを目指す地域として「鳥海山・飛島ジオパーク」としてJGN加盟を目指しています。
 その目玉というべき鳥海山をこれだけまじかに見るのは初めてでした。さすが迫力がありますね。

IMG_1429.jpg

 行きは真室川経由だったのですが、国道344号があまりにもひどい道(冬山道)だったので、帰りは7号線で由利本荘周りで帰りました。こちらの方が快適に走行できました。途中、吹浦駅近くの出羽一宮「鳥海山大物忌神社」によってみました。

IMG_1437.jpg

鳥海山の山頂にも「山頂御本社」があり、またこの「吹浦口之宮」のほかにも遊佐町の方に蕨岡口之宮あり、江戸時代からどれが一宮の名称を使用するかで揉めたそうです。

IMG_1438.jpg

なかなか立派な社殿で見ごたえがありました。いずれ蕨岡口之宮も訪ねてみたいですね。ただ山登りは好きではないので山頂本殿は難しいとは思いますが・・・。
ジュリーがお伝えしました。

鳥海山!

2014-12-30

 こんにちはジュリーです。寒い日が続きますがみなさまお元気ですか?早いもので平成26年も終わりに近づいております。来年はひつじ年、実は私年男なんです。干支は年齢を感じさせますね・・・。
 さて、一瞬晴れた市庁舎からの鳥海山の眺めです。きれいですね~。

IMG_1368.jpg

 さて、なぜ鳥海山かというと、このたび、県の垣根を越えて、秋田県にかほ市、由利本荘市、山形県遊佐町、酒田市が協働し「鳥海山・飛鳥ジオパーク構想推進協議会設立準備会」を立ち上げ、ジオパークへの登録に向けた第一歩をスタートしました。秋田では4番目のジオパーク候補地であり、しかも行政域である県をまたいでの活動になりますので、我々としても極力支援する体制を整えている最中です。なにせジオパークの活動は横の連携が重要ですので・・・。

 それにしても湯沢側から眺める鳥海山が一番形状がよい気がします。皆さんはどう思われますか?また、飛島には行ったことがないですが、面白いところだという話なので、そのうち機会があれば訪ねてみたいと思います。
ジュリーがお伝えしました。

GPニュースまとめ:立山黒部(富山県)が協議会設置シンポ開催など

2014-04-03

こんにちは。事務局のかわべぇ改め川邉です。新年度になったということで、本名で書こうかと思います。
今回もジオパーク関係のニュースをお伝えいたします。

「ジオパーク認定目指す 立山黒部協議会の設立記念シンポ」(北國新聞ウェブサイト)http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20140316201.htm

「立山黒部ジオパーク推進協議会の設立記念シンポジウム「世界に発信できる富山の大地 ~ジオパークが語る大地・生き物・人~」(富山新聞社など後援)は15日、魚津市の新 川文化ホールで開かれ、約200人が県東部9市町村での日本ジオパーク(大地の公園) 認定を目指した」


記事によれば、今年の認定を目指しているそうです。ということは、今月末の地球惑星連合大会で加入申請プレゼンがあるはずです。今年は何地域が加盟申請を行うのでしょうか? 気になります。

「日本ジオパーク南ア大会 歓迎イベントへ伊那の推進チーム始動」(長野日報ウェブサイト)http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=30873

「9月27~30日の4日間、伊那市を主会場に開く日本ジオパーク南アルプス大会に向け、同市で14日夜、同大会伊那地域推進チームが始動した」



記事を見る限り、地域もかなり盛り上がっているように見えます。記事のとおり、全国大会は南アルプスジオパークが開催地ですが、東北地区のフォーラムはゆざわで開催されます。全国大会よりも規模は小さいとはいえ、東北各地からジオパーク関係者の方がいらっしゃいます。わたしたちも、そろそろ準備を進めねば!

そんなわけで、本日の記事は川邉がお送りいたしました!

日本ジオパーク再認定審査結果報告

2013-01-29

 ゆざわジオパーク日本ジオパーク認定記念フォーラムの開催が、いよいよ近づいてきました。かなり尻に火が付いてきた状態ですが、そういう時に限って、来客があったり、別の会議があったりして、時間がどんどん無くなっていくんです。
 今日も、先程まで別件の会議があり、出席してきましたが、フォーラムの準備をしたかった…。

 さて、ゆざわジオパークは、昨年認定されたわけですが、ジオパーク認定は、本格的なジオパーク活動のスタートラインに立ったに過ぎないということが、あらためて本日実感できました。

 こちらは、日本ジオパークネットワークのホームページのトップです。

JGNトップページ

 日本ジオパーク再認定結果発表というバナーが見えるでしょうか?先輩のジオパークは、再認定審査を受けているのです。今回が初めての再認定審査ですが、世界ジオパークに認定されている地域も、当然、審査を受けます。
 気になる結果ですが、次のとおりです。


日本ジオパーク再認定審査結果報告

〇日本ジオパーク委員会は、以下の5地域のジオパークについて4年ごとに行う再認定審査を実施し、5地域すべてを日本ジオパークと再認定した。
洞爺湖有珠山、糸魚川、島原半島ジオパーク(以上3地域は世界ジオパークでもある)
アポイ岳、南アルプス(中央構造線エリア)

〇再認定審査を受けた5地域に、審査の過程で明らかになった改善すべき点をまとめた再認定結果 報告書を送付し、どう改善するかまとめたレポートの提出を求める。より良いジオパークとなるよう、日本ジオパーク委員会は日本ジオパークネットワークと協力して助言を行う。

〇世界ジオパーク3地域が今回の審査結果を参考に活動の改善を図り、今年夏の世界ジオパークネットワークによる再認定審査に十分に備えるよう望む。



 結果は、全ての地域が再認定されたようです。
 しかし、初めて認定された私たちと同様、改善点をまとめたレポートを提出されることが求められています。ジオパークの世界は、厳しいのです。
 世界ジオパークの3地域は、今年の夏、世界ジオパークネットワークの再認定審査を受けることになっていますが、万全の準備で臨んでいただきたいと思います。
 日本のジオパークの存在価値を高めるためにも、ぜひとも頑張ってほしいですし、私たち、湯沢市ジオパーク推進協議会も、できることは協力したいと思います。
 やっぱり、ネットワークの仲間を支えることも重要です!

 以上、少々お疲れの赤い彗星でした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング