湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

助け合い

2019-04-21

なぎはるです。

私が専門員になってから、1年半が経過します。
今の私と一年半前の私とでは別人のような気がします。
それほどにいろいろな経験をし、いろいろなことを考えさせられました。

雇用されたときは、「研究」がすべてで、それさえできれば満足と考えていました。

しかし、今では考え方が180°変わりまして、
私の中の尊いとするものが全く違うものとなっています。

最も大切なこと、それは「助け合い」だと、今の私は考えています。

なぜなら、私が行き詰まった時、推進班の仲間が、優しく手を差し伸べ、その大切さを教えてくれたためです。

論文査読者からの指摘に対して非常に困っていたときに、ドストエフスキー71式さんがそれをいとも簡単に解決してくれました。
とある植物の植生分布が気になっているときにそのデータを、めがねさんが探し持ってきてくれました。
班内と自分の考え方が違い悩んでいたときに、ラオウさんが寄ってきて「俺も同じ考え方なんだけどな」と励ましてくれました。
調査に必要な大変な手続きのすべてを、私の知らぬ間に、ひよこ豆さんが済ませてくれました。
辞めようかと悩んでいたときに、ゆっこさんが、「偶には外に出て化石の調査にでも行きましょうか」と言い、ジオパークの楽しさを語ってくれました。

挙げればキリがないほど、私は助けられ、それと同時に、私は困った人を助けなければならないという気持ちが芽生えるようになりました。

そのような気持ちになってから、多くの人に感謝されるようになり、
「あなたのような温かくて素直な人に出会えて、幸せです」などと自分にはもったいない言葉を面と向かって言われるようになりました。

めがねさんやゆっこさんがいなくなり、悔し涙の毎日でしたが、先の言葉を思い出すことで幾度となく救われました。
助け合いは、仕事であり、生きていくための原動力なのだと思います。

4年に一度のジオパークの再認定審査基準では、助け合いとか思いやりの気持ちは一切評価されないため、
私の考え方のせいで、イエローカードやレッドカードを貰うことがあるかもしれません。
先のブログの通り上司に役立たずと思われ、場合によっては専門員の職を解かれる可能性も否めません。

でも、そうなったとしても、私はきっと悔いはないだろうと思います。人事を尽くして天命を待つ、人間万事塞翁が馬と言いますしね。
自分は今いる周りにいる人たち(事務局員、ジオガイドさん、地域住民)を大切にしていきたいです。

第1回教育部会開催しました。

2016-05-27

こんばんは。推進協議会では25日第1回教育部会を開催しました。案件の一つである生涯学習プログラムについては今年度も6月から開催する「ゆざわ学」について協議いたしました。「ゆざわ学」はゆざわジオパークを通じてゆざわの魅力とジオパークの考え方、ゆざわジオパークのストーリーを学び、受講修了者が自分の周りの人や観光客の方にゆざわの魅力を語ることができるようになることを目的として開催しています。10回の講座のうち8回以上受講した方には修了証と来年度のゆざわジオガイド養成講座受講資格が与えられます。委員の方々からは受講者の層、幅を広げるためのキーマンの重要性、また、高校生で自身の興味関心のあるテーマの講座の一つでも受講すればそこから研究や将来をきっかけになる機会になるのでないか等々意見がだされました。また、普段当たり前と思って過ごしている中に湯沢独自の価値があることに気付きもあるのだと・・・。
水曜の夜はゆざわ学! 皆様のご参加お待ちしております。詳細は6月1日湯沢市広報の折り込みチラシで。(どこかで聞いたことがあるなあ、この言い回し・・・ひよこ豆でした。)

昨日は暴風で屋根のトタンが剥がれそうになりました

2016-04-18

熊本県では今も地震が続いているようです。
犠牲者の方々には心よりお悔やみを申し上げます。

こちらでは昨日、猛烈な風が吹き荒れまして、イノセント家も大変なことになってしまいました。
窓から外の状況を眺めていたら、何やらご近所の方々が集まっている様子。
みんな荒れ狂う風の話でもしているんだなと思っていたのですが、その中の一人が我が家を訪ねて参りました。
そして、「お宅の屋根が風で吹っ飛びそうだよ。」と言うではありませんか。
なにー! 慌てて屋根に上ってみると、自宅の下屋のトタンがめくれていて、今にも舞い上がりそうな状態でした。
これはマズイと思い、そこらじゅう釘でガンガン打ち付けました。
まあ、トタンが吹っ飛ぶことは何とか避けられた訳ですが、明らかに補修せねばならん状態になりました。
熊本とは比べ物になりませんが、災害は本当に怖いものだと痛感いたしました。

構想策定?

2015-12-12

こんにちは、ゴゴティーです。

いや~、 12月も10日を過ぎたというのに、なんでしょう?この暖かさは。
昨日は雨で、(といっても雪に変わるような雨ではなく)気温も10℃近かったし、今日は今日で見事な快晴で、日中はポカポカと暖かくなりました。
なんでも11月中旬の陽気だそうで、本当に雪国なのだろうかと勘違いをしてしまいそうな陽気でした。

1年前を思い起こすと、12月になった途端、毎日雪降りで、積雪がどんどん増えていったことが思い出されます。
なにせ、12月10日ころには1回目の屋根の雪下ろしをしていたのですから、笑ってしまいますよね。

今年は、それからすると本当に助かっています。
でも、来週後半には再び寒波が来そうな予報となっていますので、まあ、この残り少ないよう気を楽しみたいと思っています。

さて、そんな気候の様子なのですが、今日は先日のエマさんのブログで紹介していただいた、今後のゆざわジオパークの進むべき道を決めようとして力を入れて協議をしている「ジオパーク構想策定委員会」について、重ねて書いてみたいと思います。

4年ちょっと前に策定した構想が、これまでの活動で相当目標の域に達してきていまして、今後さらに高みを目指すために全面的に見直そうということで始められたこの取り組みですが、これが結構難しいものがあります。

先日の会議でも話題になりましたが、どこまで進むのか?
というゴールをどう設定していくのかが非常に難しいからです。
協議会で一緒に頑張っているいろいろな立場の方々の様々な思いがあり、それぞれのゴールイメージも違うからです。
もちろん、JGNのなかでも「ジオパークはどうなっていくべきか?」の答えが出ていませんので、難航することは目に見えていたわけですが・・・

でも、みんなでこのようにひとつのゴールを探して悩むということが、もしかすると一番必要な取り組みなのかなと改めて感じました。
そして、もがき苦しみながらみんなで出した答えというものは、きっと大きな力を発揮できるものになるのではないかと思うのです。
前回の会議の場でも、出席いただいた皆さんは真剣に「湯沢ジオパークの行く末」について頭を悩ませ、それぞれの立場や考えからの意見を出し合っていただきました。
結果として、まとめることが難しく、今後もみんなで知恵を出し合っていかなければならないということがハッキリしてきました。

世界ジオパークを目指すのか?
目指すとすれば何をどうしていくのか?
活動を進めていくには、このままの体制で良いのか?
今何が足りなくて、足りないものをどうしていけばいいのか?
課題はたくさん見えてきました。

これから、来年3月までかけてじっくりとそこいらへんを相談しながら詰めていきたいと考えています。
推進協議会の構想策定委員会の皆様にはこれからも頭を悩ませる協議が続くと思いますが、よろしくお願いします。

まず、とりあえずは「足元をもう一回固めなければ!」という声が大きかったと思いますので、事務局を含めみんなで初心にかえって、もっともっとジオパーク内の方々にジオパークのすばらしさを伝え、もっと多くの人々で活動をしていくことから始まると思います。
このブログをご愛読していただいている皆様初め、より多くの方々にジオの魅力を伝えていきたいと思います。

日々の活動に忙殺されがちな事務局ですが、定期的に活動の根本を見直すため、本音で語り合うこのような取り組みはとても大切なことだと、会議から何日かたった今、改めて思い返しながら書いているゴゴティーでした。

今日も写真なしの文章だけの長ったらしいブログとなってしまったことをお詫びしながら、この辺で終わりたいと思います。
お付き合いありがとうございました。

JGN公開審査、無事に終了!

2012-05-21

 今日は、世紀のイベント「金環日食」でしたが、皆さん、御覧になりましたか?秋田県は、部分日食だったと思いますが、私、赤い彗星は東京都内にいましたので、バッチリ、観察できました。太陽撮影用のNDフィルターは持っていないので、木漏れ日で金環日食の様子を記録しました。

リング状の木漏れ日(クリックすると大きな画像が表示されます)
金環日食

 さて、私がなぜ東京都内にいるかと言うと、昨日、日本ジオパークネットワーク公開審査が行われたからです。平成24年度の加盟を目指す湯沢市ジオパーク推進協議会は、もちろん申請書も提出し、公開審査にも出席いたしました!
 会場は、イスが足りないくらいの大盛況で、会場内の熱気もすごくて、汗ばむくらいでした。
 今年度の日本ジオパークの申請団体は5地域ですが、我々湯沢市ジオパーク推進協議会がトップバッターでした。会長である齊藤市長が湯沢市の現状とそれを打破するためにジオパークに取り組むことを説明し、その後、サブテーマである「銀で築き、清水と共に歩み、地熱で未来を切り拓く」というサブテーマにそって、プレゼンを行いました。

JGN公開審査1

 時間を若干オーバーしましたが、しっかりとしたプレゼンが出来たと思います。審査委員からのコメントや質問も想定内のものでした。
JGN公開審査2

 トップバッターとしての役割は十分に果たしたプレゼンだったと思います。審査委員から「資源が十分あるので、美の郷という名称にこだわらないほうが、ジオパークとしてやりやすのではないか。」というコメントがありました。「ん?ということは、ジオパークとして、十分だってことかな!?」と、事務局は全員前向きにとらえて、聞いていました。
 さて、ひとまず、山の一つは越えました。次は、現地審査に備えて、準備を進めるぞ!
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング