湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

湯沢の湧水

2011-07-07

今日は七夕年に1度天の川を渡って、織姫と彦星が会う大切な日ですね

皆さんは短冊に願いを書きましたか

・・・それにしても、蒸し暑いですこんな暑い日はついつい水をガブガブ飲んじゃいます

そこで湯沢の「湧水」についてお話したいと思います

湯沢市には、大きな河川、雄物川、役内川、皆瀬川、高松川が流れており、渓流で水量も豊かです

湯沢市の各地から湧水しており、名称のある湧水地の数は29箇所に及びます

豊かな水量と湧水が多い理由は、次の地形、地質、気象的要因に起因しているんです

湯沢にはなぜ美味しい湧水が多いのでしょうか

理由

(1)湯沢には、標高800m以上の分水嶺が東の奥羽山脈、南の栗駒山~大仙山、
   
   および西の大黒森山~松の木峠の3方向にあり、分水嶺に囲まれる地形的特長を呈して

   いる。

(2)湯沢の山岳地域は、冬季期間3mを越す豪雪地帯で、豊富な水瓶を有している。
   
   その豪雪がもたらす雪解水が水の豊かな供給量を賄っている。

(3)山岳部には豊か森林があり、水の貯留能力を有している。

(4)湯沢の地質は、ほとんど火山岩類で覆われた大地からなり、

   火山岩やその砕屑岩は孔隙と割目が発達し、高い貯留能力を有している。

(5)火山岩やその砕屑岩を浸透する時、ミネラル分が供給されて美味しい水となって、

   断層、地層の割れ目、地層間の境界などから尽きることなく湧き出ており、

   湧き水は、常に一定の水温(7-12℃)である。


 この美味しい湧水のおかげで、お米や美酒が作られているんですね



栗駒神水

上の写真は、29箇所の湧水の中の一つである「栗駒神水」です 勢いがいいですね

今日は事務局12号が書きました

プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング