湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

力水

2011-08-15

みなさん こんにちは

うだるような暑さが続いていますが 水分ばかり摂りすぎて 水っ腹気味のこのごろ

どうせ飲むならおいしい水を ということで 本日は湯沢の湧水をご紹介します


湯沢市には大きな河川が流れており 渓流で水量も豊かです

豊かな水量と湧水が多い理由として次のことが挙げられます

(1)湯沢には東・南・西の3方向が標高800m以上の分水嶺に囲まれている
   ※分水嶺=雨水が二つ以上の水系へ分かれて流れる境界となっている山稜

(2)湯沢の山岳地域は冬季期間3mを越す豪雪地帯で その雪解水が水の豊かな供給量を
   賄っている

(3)山岳部には豊かな森林があり 水の貯留能力を有している

(4)湯沢の地質はほとんど火山岩類で覆われた大地からなり 火山岩やその砕屑岩は
   孔隙と割目が発達していて 高い貯留能力を有している

(5)火山岩やその砕屑岩を浸透する時に ミネラル分が供給され美味しい水となって
   断層、地層の割れ目、地層間の境界などから尽きることなく湧き出てくる

湯沢市には名称があるものだけで29カ所もの湧水地があります

その中でもおすすめなのが力水

「美の郷ゆざわジオパーク構想」ジオサイト候補地でもあります

力水2

力水 は湯沢市街地中心部、史跡湯沢城址の北麓にある湧水地です

湯沢は古くから水と緑に恵まれた佐竹南家の城下町で
その昔「体に力がつく水だ」と殿様が愛用されたことから
その後、誰ということなく「力水」と呼ぶようになりました

力水 は一年を通して 水質は中性、湧出量毎分約11ℓ、水温13℃前後と
年中ほぼ一定で安定しています

また、導入された池にはトウホクサンショウウオやモリアオガエルが生息しています

湯沢は東北一の名醸地であり 両関、爛漫などの銘酒が生まれ
酒造業が発展したのは 酒造りに好適な水に恵まれてたからでもあります

この名水は「お茶にもおいしい」と市民の方々の水汲みがたえません

力水

力水 は環境庁による日本名水百選の1つに選ばれています


お水もいいけど たまには黄色い炭酸 が飲みたくなる
湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のチムニー なのでした



プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング