湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

皆瀬川トロッコ軌道跡の散策路を行き、皆瀬川源流地帯を歩く その1

2011-09-15

 今日の湯沢市は、天気がよく、残暑が厳しくなっております。しかし、この暑さとも、もうじきお別れ。紅葉シーズンに突入することでしょう。

 さて、今日は、去る9月11日と12日の2日間にわたって調査に行ってきた、皆瀬川源流紀行をお届けします。

 9月11日(日)の午前8時、大湯温泉の先の皆瀬川トロッコ軌道跡の入り口にパーティー一行が集合しました。パーティーは総勢5名で、湯沢市ジオパーク推進協議会から2名、残りの3名は皆瀬地域の人たちです。私たちに同行するため、仕事を休んで来てくれました。ありがとうございます。
 キャンプ一泊分の荷物はバイク2台で運んでもらい、残った3名はトロッコ軌道跡をテクテク2時間歩きます。まだ道中の最初なので、元気いっぱいでした。途中、人面岩を見物しながら、ベースキャンプ地へ向かいます。まさに、人の顔です。

人面岩

 ベースキャンプの設営をし、昼食を食べて、初日の皆瀬川源流歩きに出発です。初日は春川を遡上しました。ゴロゴロとした岩を歩き、ジャバジャバと川の中を進むのは、思った以上に足にきて、かなり疲れます。川を進むルート選択など、やはりガイドさんがいないと厳しいです。我々も適度に休憩を取りながら進みました。

休憩中

 皆瀬川源流域は虎毛山層のデイサイト質溶結凝灰岩の山肌が見えます。ほぼ同じような岩質が続きます。(解説が間違っていたら、すいません。)

岩肌

 ロープを使って岩肌を登ったり、膝の上まで水につかったりしながら歩くこと2時間以上、やっと本日の最終地点の到着しました。到着した安堵感と滝の美しさに、しばし呆然としました。

本日の終点

 しばらく腰を下ろし、休憩する一行です。

滝を前に休憩中

 ふと気づくと、1人足りません。周りを見渡し、滝の頂上を見上げると、いました!望遠で撮るとこんな感じです。

あんな所に!

 しかし、広角にすると、こんな高さです。よく登れるな~。

あんな所に

 この後、帰路につき、ベースキャンプに到着したのが午後4時過ぎでした。その後、火を起こして、晩御飯の準備。宴会しながら、夜が更けていきました。

キャンプ

 ここまでが初日の様子です。無事に我々を案内してくれた皆瀬のはじめさん、けんさん、ちからさん、ありがとうございました。2日目の様子は、また次回に報告します。

 ベースキャンプへの帰路、ロープを使いながら崖を横切る際、通常の3倍のスピードで、崖を走り抜けた赤い彗星がお伝えしました。その模様は、その夜の酒のつまみになりました(爆)
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング