湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

川井ドイツ橋

2011-09-16

こんにちは-

もうすぐ敬老の日ですね

何をプレゼントしたら喜んでもらえるか悩み中の
湯沢市ジオパーク推進協議会事務局チムニーです


さて今日は 雄勝の秋ノ宮にある 川井ドイツ橋 をご紹介します

「美の郷ゆざわジオパーク構想」ジオサイト候補地
川井ドイツ橋 は役内川と薄久内川が合流する川井橋の脇
目覚めの清水の向かいにあります

ドイツ橋

旧川井橋は 昭和9年に完成し 橋の長さ119.7m、幅3.7mの鉄筋コンクリート橋で
対岸側に架設された4連は 全国的に珍しいフィーレンディールという構造の架橋でした

フィーレンディールトラス(Vierendeel truss)とは梯子状の主構を持つ橋です

ドイツ橋構造


部材を三角形に組んでピン結合する一般のトラスと異なり
部材に曲げの力を加えることで斜材をなくし 剪断力が働かないようにしたものです

この形式は 弦材と柱材を結合した構造で 主構の中に高欄を組んでいます

また 外側に側方変形防止のため 部分材をL型に取り付けています

昭和22年(1947)の大洪水で橋脚が流失して橋が落ちました

しかし橋桁はほとんど傷まず ジャッキとクレーンで引き上げて復旧しました

架設から57年が経ち 凍害と風化によりコンクリートの亀裂、
欠損や鉄筋の露出が激しくなったこと、車両の大型化、
および交通量の増大に伴い 新しい橋(新川井橋)を建設しました

それに伴って平成4年(1992)2月に解体されました

現在、地域のシンボルとして また学術的に価値ある橋の1連を保存しています


プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング