湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

藤倉真砂&花崗岩

2011-10-12

皆さんこんにちは

10月もいよいよ中盤に入ってきましたねどんどん寒くなってきて本当に秋真っ盛り…
昨日撮影で川原毛大湯滝に行ったのですが、とても寒く感じた中でも紅葉がとてもキレイで色んな意味で秋を感じてきた午後の一時でした

さてさて

今日は「美の郷ゆざわジオパーク構想」のジオサイト候補地の稲川にある藤倉地域の藤倉花崗岩の露頭真砂についてお話ししていきたいと思います

花崗岩は今までちょこちょこ出てきてはいますが、真砂というと頭にはてなが浮かぶ人が多いのではないでしょうか
実は真砂というのは、文字の中に砂という字があるように、砂になった地域、つまり花崗岩風化した土壌のことをいいます
花崗岩が風化したものを真砂というのです用途としては、学校の校庭に敷かれている土がそれです

藤倉花崗岩のマサ

まず初めに場所から藤倉真砂は、皆瀬川の左岸(西側)の藤倉集落の山手にあります

藤倉花崗岩のマサ(風化帯)露頭は、岡砂の採石場でした(採石場跡は今現在ありません
花崗岩は通称「みかげ石」と呼ばれ、数ミリメートル程度の粒子、石英、長石、雲母などの鉱物からなる岩石です
花崗岩は一般に、節理と呼ばれる縦や横の亀裂が発達していますが、その亀裂に沿って水や空気が進入すると、長石雲母などが粘土鉱物へと変化して、風化した「マサ」になります

藤倉花崗岩のマサ②

亀裂密集帯では、水が岩盤全体に浸透するため風化が進行し、地表から100m以上の深さまで「マサ」になる「深層風化帯」を形成します
…と、このようにざっと説明させて頂きました
まさか学校の校庭に使われている土と同じものがその真砂だとは私思わなかったです

今日もまた頭のシワが増えたそんな気がする湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のふぢが今日のブログを担当させて頂きました
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング