湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

秋のジオサイトツアー

2011-10-24

皆さんこんにちは

最近、環境について興味を持ち始めた湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のふぢです
こないだ、”CARBON OFF SET”という言葉を聞いて調べてみました
そしたら、CO2削減のことや生物多様性に関する難しいお話になり、ちょっと頭がパンクしそうになりました
もう少し詳しく調べてちゃんと理解しようと思うのですが…気が向いたら頑張ろうと思います

さてさて

今日は前回10月20日の湧水めぐり秋のジオサイトツアーについてご報告させて頂こうと思います

今回のツアーでは、市民の皆様15名の方にご参加頂きましたありがとうございました
朝は8時30分に湯沢生涯学習センター前にて集合し、徒歩で力水
そして、コップを持ち湧水をしっかりと味わいながらツアーを楽しんで頂きました

力水で力をつけたところで、お次は湯沢市民の森にある山ノ神福泉ですここは、公園内の池の脇にある杉の根元から湧き出ていて、勢いもよく、二ヶ所から湧き出ていて、気持ち少し味が違う気がしました

山ノ神福泉

そして、市民の森に行く林道を通って行くと、急カーブのそばの沢に愛宕鉱泉があります
この湧水は、飲料水としては適さないのですが、湯豆腐をつくるときに使う水だと最適です
なっ、なんと木綿豆腐を入れたはずなのに、絹ごし豆腐になるんです

愛宕鉱泉

不思議な湧水ですねぇ~
早速、湧水のそばで皆さんと湯豆腐に舌鼓を打ちました
まさかこんなにもとろんとした豆腐になるとは…豆腐の形を見てみると木綿豆腐の跡がついているので、とても不思議な気がしました

次は、毎分1000㍑という豊富な湧水を誇るくぞわたの清水ですこの数字を見ただけでも凄さがわかりますね

くぞわたの清水

くぞわたの清水の名の由来は、昔、山師の『くぞう』が鉱脈を見つけるため山を掘っていましたが、掘るにつれて寒さが増し、綿入れを着て作業を続けると湖を掘り当ててしまいました
その湖は湧き水の水源らしく、『くぞう』が『綿入れ』を着て掘り当てたことからと云われています

続いては秋の宮にある目覚めの清水です

目覚めの清水

ここは、ちょうど湧水地に合わせて駐車場があり、整備もとてもなされていて、湧水を汲みに来る人にとっては来やすいところではないでしょうか

以上が、午前に行ったジオサイトツアーの全容です午後の部はまた次回に持ち越させて頂こうと思います
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング