湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

第5回ジオガイド養成講座

2012-01-24

皆さんこんにちは今日からまた雪降りになるみたいですね…本当に困ったものです明日美の郷ゆざわ in ジオパークフォーラムがあるというのに…当日は天気が荒れないことを祈るばかりです

さてさて

今日はちょっと前になりますが、第5回ジオガイド養成講座についてお話ししていこうと思います

前回1月20日に行われたジオガイド養成講座は、講師に自然保護観察指導員であります、佐々木進さんをお招きしての養成講座でした私、夜の部に参加しましたが、参加されている皆さん、皆熱心に講義を受けられておりました

まず
植物目録という本があるのですが、植物の名前は、ラテン語が世界共通語であることは知っていましたか?
学名はラテン語和名は日本で言われている標準名なんだそうです
たまに間違って覚えている人がいるそうなので、気を付けないといけないですね

さて、ここで歴史に入るのですが、一里塚は湯沢市内にもたくさんありますね977m毎に塚がありますこれは奥州街道の道なりと、福島の郡山から羽州街道(前は有屋峠を越えていたのが杉峠で越えることになりました)の道なりである、と、歴史的にもとても由緒あるものだということ
この一里塚になっている木なんですが、何の木か分かりますか?実はけやきでできているんですけやきは、室町時代に植えられた一里塚の木であることを示します。今からざっと900年も前のものです。
また、秋の宮にある朴木(ほうのき)は、昭和22年・23年の大洪水で流れず樹生を誇っています

こうやってみると、植物から時代や歴史を感じます

また、秋の宮にありますおしら様のしだれ桜は約4mの幹周りであること、秋の宮から入った川原毛地獄は、クロベ(ネズッコ)があり、幹周りが8.2mと全国第5位、隣にあるのも8.1mと全国的にも大きいことがこれからも分かります

皆瀬にある女滝沢には、全国第3位の4.4mあるヤチダモの木や、ワサビに二輪草等が咲きます。ブナ林にはクマゲラがいて、貴重な雪椿の群生地であり、水源の森百選にも選ばれました。

中でも、私が一番驚いたのは、市民の森にあるしず岱の清水は、計五か所位から湧水が出ていること、またその湧水を利用して昔は田んぼを作っていたということ、等々本当に受講していて為になることばかりでした。

しず岱の清水
湧水の目前にある池は昔田んぼだった

と、以上を持ちまして、合計2時間の講座を終了しました
講座の後も、何人かの方から質問が出ておりました
その質問の答えを聞いても本当に様々なことを学ぶことができて、為になるなぁ~と、思っていました私

そんなガイド養成講座ですが、いよいよ折り返し地点に差し掛かりました時間の速さを実感しつつ、今日のブログを締めたいと思います

今日のブログは、明日の美の郷ゆざわ in ジオパークフォーラムに向けてとっても緊張しているふぢでした
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング