湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

樺山水力発電所

2012-02-07

こんにちは 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のチムニーです

昨日、今日と雨模様で気温が上がり、とても過ごしやすかったように思います

ものすごく冷え性の私は、いつも湯たんぽを2つ使って寝ているのですが
昨日は1つでなんとか間に合いました

でもまた明日から雪の予報
もう少し、湯たんぽ2つ分のお湯を沸かす日が続きそうです・・・



さて今日は、美の郷ゆざわジオパーク構想ジオサイト候補地から
樺山水力発電所をご紹介します

樺山水力発電所は国道108号に沿った秋ノ宮川原集落の役内川の川向にあります

明治33年(1900)、院内銀山に電気を供給するために秋ノ宮樺山に建設された自流式発電所で
院内銀山長倉変電所に送電されました
樺山水力発電所

建物は、院内鉱山から切り出された石材を使用した石造の切妻屋根で
秋田県内では、石造りの建物は極めて少なく、貴重な建物です

柱形や窓回りなどを外壁面より張りださせる事で立体感を出しています

また、建物の窓は縦長を基調として、上部を半円のアーチ状に施した洋風の雰囲気を醸し出しています
樺山水力発電所2

我が国最初の本格的な産業動力用発電所は、明治23年に稼動した足尾銅山の間藤水車型発電所で
電力は銅山の立坑巻揚機、電動ポンプ、および坑内照明用に使用されました


秋田県の水力発電所は最初、鉱山で建設されました

明治30年、小坂鉱山の銚子第一発電所が稼動したのを皮切りに、明治31年に尾去沢鉱山の水田発電所、
明治33年に阿仁鉱山の茶屋倉、萱草、市ノ又が建設されました
樺山水力発電所3
        昔の樺山水力発電所風景(出展:会誌院内銀山33号)

樺山水力発電所は秋田県で4番目の発電所で、歴史的にも古いですが、現在も東北電力㈱によって稼動しています




プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング