湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

山相秘録 ~鉱山に伝わる秘伝書~

2012-04-10

こんにちは

今日は気持ちのいい天気ですね~

このまま順調に暖かくなってくれるといいなぁ~

さて、私の担当記事で何回かにわたり松岡鉱山について書いてきましたが

今日は、鉱山に伝わる秘伝書『山相秘録』についてお話しします

山相秘録・表紙
山相秘録・表紙(大館市立中央図書館真崎文庫所蔵)

当時の学者である佐藤信淵(のぶひろ)は、
文化・文政年間(1804~1829)に松岡鉱山経営の指導にあたりました

『山相秘録』は、佐藤信淵が文政10年(1827)に増補訂正した佐藤家の極秘書です

佐藤信淵の祖父・元伯は、自ら松岡鉱山を繁栄させた実績と体験・実験を基礎にした
鉱山経営の17か条を口伝しました

『山相秘録』は佐藤信淵がその口伝を文書化したもので、
山師の間で流行の秘伝書となりました

この書には、鉱物・鉱脈を含む地質的な特徴を示す山の姿などから
鉱脈の存在を判定する方法や鉱石の図が描かれています

山相とは、鉱物などを含有しているか否かの指標となるような地質・気象などを含めた
「山の姿」のことで、これを山師が見定めることで鉱山(鉱脈)の存在を判定していました

佐藤信淵は、この秘伝書に基づいて鉱夫などの指導と鉱山経営にあたりました

その結果、最初はわずか27人で採掘していたのが、
数年後には200人にも及ぶ大鉱山になったと記録されています

山相秘録・中
山相秘録・中(大館市立中央図書館真崎文庫所蔵)

『山相秘録』に似た『金銀銅鉛山見分秘伝書・乾坤(けんこん)』には詳細な山相図が描かれ、
山師が山相を見立てるときの方法とそれぞれの山相の特徴について、
図と本文で詳細に解説されています

以上、湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のトビウオがお伝えしました

プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング