湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

山田の昔話「糸六の滝」・・・前編

2012-05-19

皆さま、こんにちは

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーです。

いよいよ明日は、日本ジオパークネットワークの公開加盟審査会の日です

湯沢市ジオパーク推進協議会でお世話になってからまだ日が浅いですが、

私も・・・何だかにわかに、緊張してきています

と言っても・・・今回は諸事情で、同行できないのですが・・・

当日は、ここ湯沢から成功を祈ることにします


さて、今日も山田の昔話をお伝えしたいと思いますが、調べなくても知っているメジャーなものから
・・・山田の人だけかも・・・)

資料を見て、初めて知ったものまで、けっこうあるものだなぁと感じてます

そして、今回は山田の昔話の中でもメジャーな方に入る「糸六の滝」について

お伝えしたいと思います。



『高野の奥に険しい滝あり、時々どよめき鳴り響くので、古くから“伊抒呂久”驚きの滝と

恐れられ、付近一帯の山行きは禁じられていた

さていつの事か、土沢にお糸という、働き者で優しい美しい娘がいた。

多くの異性からの評判も良かったが、心を動かされることもなく、だからと言って

思いあがることもせず、家の手伝いに精を出していた

ある年の秋ごろから、お糸の隣家にどこからとなく一人の若者がやってきた。

男の名は六造といい、色は浅黒く顔立ちも良く、仕事上手の上、笛の名手でもあった。

いつしか、お糸はこの六造に惹かれるようになったが、六造はというと・・・

村の若者と違い、顔を合わせてもろくに挨拶もなく、何の素振りも見せなかった


そんな六造にお糸は、無性に腹が立ってきたが・・・そんな自分を恥ずかしいと感じていた。』
(山田の語り草 総集編 参照)


お糸は、いつしか恋する乙女になったわけですね

昔話には、悲恋も多い訳ですが・・・お糸と六造の恋の行方は・・・

ちょっと、長くなってしまったので、後編へとさせていただきます。

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーがお伝えしました。

皆さま、良い週末を~

プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング