湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

秋田の酒米の歴史④

2012-05-28

こんにちはm(_ _)m

今日は、前々回に引き続き、酒米のお話をしたいと思います。

これまでの記事では、つい勢いに任せて長文になってしまっていましたが、
今回からは要点をまとめて、読みやすい分量でいきたいと思います…m(;_ _)m

さて、これまでは県外産の品種のお話でしたが、
今回は湯沢の山田で生まれた酒米をご紹介します!

白山12(新城方面)_convert_20120528135950
白山から見た山田地区(新城方面)の田んぼ

その名も、『改良信交』と言います!

この酒米は、前々回の陸羽132号の後、
農林17号(旭×亀の尾)→信交190号「たかね錦」(北陸12号×農林17号)
と続く有力な品種の中から、登場した酒米です。

『山田の語り草総集編』によると、
1951(昭和26)年に秋田県で奨励品種として採用された「たかね錦」から、
偶然にも山田地区八幡林集落の佐藤保太郎さんが抜穂したものが、
後に「改良信交」と名付けられる酒米であったそうです。

1954(昭和29)年頃から栽培が始まり、
1957年、1958年に「酒米品質改善試験」が行われました。

そして1959(昭和34)年に、秋田県の民間品種として初めて、
県奨励品種として採用されました!


この「改良信交」は、1960(昭和36)年には68000表以上も出荷され、
県内全土で重宝された品種でしたが、現在はごく僅かな生産量となっています。

しかし、この「改良信交」の発見に伴って、地区活性化をはかり地区有志が集まり、
1951(昭和26年)に、山田地区に酒米研究会が誕生しています。

この流れが、現在の湯沢の酒米研究への取り組みに繋がっていることと思います。

湯沢の輝かしい酒造の歴史の裏には、山田地区の活躍が確かにありました。
これで、胸を張って「酒米のふるさと」と言えます!

白山8(松岡方面)_convert_20120528140317
白山から見た松岡集落

ちなみに、現在県内で飲めるこの「改良信交」を使ったお酒の例としては、
新政酒造株式会社さん『やまユ 純米吟醸 改良信交』などがあります。

これは、地元の住人として絶対外せない一品ですね…!

さて、この後も県内では「吟の精」「秋田酒こまち」という、
更に研究を重ねられた酒米も登場するわけですが…!
もうこのあたりでお酒のお話はお終いにしたいと思います…(;-_-)

今回までお付き合いいただきありがとうございました!
次回からのブログのネタにかなり困っている、
湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のふらっとでしたm(_ _)m!
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング