湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

湯沢大地の歴史(1)ー2

2012-09-19

皆さま、こんにちは
湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーです。

今日の天気予報では、雨が少し降るようですが・・・
今朝、本当に少しだけ降っていましたが、あれで終わり
いつまで続くのでしょう・・・この暑さ・・・
雨もすくないし・・・こんな天気が続くと・・・雪が心配です・・・
今年もドカッと降るのでは・・・
雪だなんて・・・まだ、まだ暑い今からは、想像もできませんが・・・


さて今日は、前回の続きをお話ししたいと思います

白亜紀時代の火山岩(花崗岩)が、湯沢市南部の神室山などにも分布していることは
前回お伝えしましたが、細かくご案内すると・・・役内川の左岸の山岳から神室山に
かけて広く分布しています
湯沢市南部の花崗岩露頭
岩石の構造
①のマグマの中に②のマグマが入り込み、その後①のマグマが冷えて固まる段階で、
  ②が分断され①に包み込まれました。


湯沢市南部の火山岩(花崗岩)の状態が良く観察できるところ(上記のポイント)では、
岩石の構造がわかるだけではなく、地下のマグマの動きも推測できます


また、駒形町の雲岩寺に、マリア観音像がありますが、
この石像は、白っぽい火山岩(花崗岩)を加工して作られたものです
詳しくは雲岩寺のマリア観音像を見ていただきたいのですが・・・

簡単にお伝えしますと・・・

この石像は北上山地の火山岩(花崗岩)類の特徴を持っています
(磁気を持っている割合が高いのが北上山地の特徴)

つまり、この事から・・・
キリシタンがひそかに隠れていた事と、南部藩(岩手県)との交流があったのでは
ないかという事も考えられます

これらを考えると、地質・地層(岩石)って本当にすごいですよね
その地域の成り立ちだけではなく、その当時の歴史まで分かるなんて・・・
ますますロマンを感じてしまいます

今日はこのへんで
湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング