湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

茨城大学訪問

2012-11-11

こんにちはm(_ _)m
湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のふらっとです。

IMG_9703.jpg

IMG_9701.jpg

今週末、自分はお休みをいただいて、母校である茨城大学に来ております。
ちょうどこの土日に茨城大学の大学祭、「茨苑祭」が開催されるというのも理由の一つですが、
在学中に知ることのできなかった母校の取り組みについて、勉強するということが大きな目的です。

その取り組みとは、茨城県北ジオパークの推進活動です。

今回、茨城県北ジオパーク運営委員会の委員長である天野一男教授と、
学内ジオパーク委員会に所属する学生団体、地質情報活用プロジェクトのみなさんと
お会いする機会をいただき、茨城県北ジオパーク推進活動に関するお話をお聞きしてきました。

IMG_9709.jpg
天野教授と地質情報活用プロジェクトのみなさん

IMG_9713.jpg

・茨城県北ジオパーク推進協議会設立にいたるまでのお話と現在の推進活動
・大学に事務局を置くことの利点と課題
・効果的なジオ認知度アップの方法
・「ジオ→バイオ→歴史・文化」モデルと「歴史・文化→バイオ→ジオ」モデル(ジオの認知モデルについて)
・運営委員会内におけるワーキンググループの機能性
・GGNの理念の変遷について(「PPF」という考え方)

主に、上記のようなお話をお聞きしてきました。
茨城県北ジオパークは、事務局が大学にある唯一の日本ジオパークであり、
その個性をいかした推進活動が、今後も更に注目されることになるのではないか、と感じました。

実際の推進活動のお話をお聞きすると、みなさん多くの苦労と努力を重ね、取り組んでいるとのことで、
その点においては、ゆざわも含め、きっとどのジオパークも同じなんだろうな…、と思いました。
今回茨城県北ジオパークのみなさんとお話することができ、
ゆざわジオパークのことしか知らなかった自分の視野が広がったように感じます。
お聞きしてきたお話の内容を整理して、ジオパークに対する考え方をより深めていきたいと思います。
また、ブログネタとして有効なトピックは、後日記事にしたいと思います。

茨城大学のみなさんとは、OBという繋がりと、同じジオパークという土俵で活動していく仲間として、
今後も是非情報交換していけたらいいな、と思っています。

この度は、大変お忙しい中お時間をとっていただいた天野一男教授
茨城大学地質情報活用プロジェクト細井さん、土屋さん、ありがとうございました!
今度は是非、ゆざわジオパークに遊びに来てください!お待ちしております!

茨大生に戻った気分で茨苑祭を満喫している、ふらっとがお伝えしましたm(_ _)m!
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング