湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

山田の新ジオサイト候補!?

2013-02-18

皆さま、こんにちは
湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーです。


連日、隕石落下の様子をニュースで目にします。
大気圏突入前の重さは、なんと1万トン、直径は17mという事で、衝撃波によるけが人も1200人に
上っているとの事です
恐竜が絶滅したとされる6500万年前の隕石は、直径10km以上と言われていますので、今回の
600倍近くですよね・・・地球の形が変わるほどの衝撃・・・生物が絶滅するはずです・・・

今回の隕石落下で、「世界の終わり」とつぶやいた地元の人がいるようです・・・
太陽の活動も何だか弱まっている昨今・・・(黒点も少ないですしね・・・
地震も頻発していますし・・・「世界の終わり」まではないにしても、
何かしらのサインなのかも知れませんね・・・

地震と言えば・・・東北電力東通原発(青森県東通村)は、活断層の疑いが高いという事。
まだ、まだ議論が必要と言っていますが、これで電気料の値上げは確実でしょうか・・・
円安で灯油やガソリンの燃料費も上がっているというのに・・・

すみません・・・少し暗い感じの書き出しになってしまいました

今日は、ガイド養成講座初級の部、3~5回目の地学の基礎でも少しだけ話に上がった、
山田に新たに見つかった新ジオサイト候補(?)の断層についてお伝えしたいと思います

以前も下のような写真のご紹介はしていると思いますが・・・
山田採石場1
山田採石場2

前回のブログでは、年代まではわかっていませんでした・・・

しかし、昨年11月の調査から、年代など少しづつわかってきました
きちんとした内容でお伝えできるのは、春以降になると思いますが、前回までの講座で
教えていただいた点を少しご紹介しますと・・・

上の図を解説しますと・・・
一番下にある層は、約3400万年前に、流紋岩質(りゅうもんがんしつ-粘り気の強いマグマ)の
 火山活動による噴出物が、たい積してできた層です。

中間の層は、川の流れ(激しい洪水など)によって、たい積した層で、大小様々なレキを含んでいます。

一番上の層は、約2000万年前の凝灰岩(火山灰などが固まってできたもの)層で、陸上で
 非常に高温にさらされていたのではないかと推測できるそうです。

化石などが出たら、年代もより明確になるようですが・・・ここ山田で、化石を見つけるのは
かなり難しいとの事でした

前文が長くなってしまったので、今日はここまでにしたいと思います

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のらんぼーがお伝えしました
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング