湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

秋田大学の鉱業博物館に行ってきた!

2013-04-20

 秋田県湯沢市は、昨日、雪が降りました。積もりはしませんでしたが、さすがに驚きました。桜は、しばらく咲きそうにないですね。
 本日は、天気がいいです。春を感じる陽気になっています。

 さて、昨日、みぞれが降る中、秋田大学まで行ってきました。秋田大学教育文化学部の林信太郎先生と面談するためです。湯沢市ジオパーク推進協議会で一緒に働いている地域おこし協力隊の2人も紹介してきましたよ!

 林先生との面談終了後、せっかく秋田大学まで来たので、こちらにも行ってきました。私、赤い彗星は初体験です。
 ↓↓↓
鉱業博物館

 秋田大学手形キャンパスの裏にある鉱業博物館です。入り口の横には、原油をくみ上げるポンピングユニットなども展示されています。さすが、原油産出県の秋田県にある大学です。
 ↓↓↓
鉱業博物館

 入館料100円を支払って、いざ突入!
 先に感想を書きますが、充実した展示で、大満足でした。「本当に100円でいいんですか?」という感じです。
 行ったメンバーが、すべてジオパークに関わっているということもあるんでしょうが、じっくりと展示を見すぎてしまい、3階に到着する前に、閉館時間になってしまいました。
 また機会を見つけて、行ってきたいと思います。
 こちらは、展示物の一部です。

蛍光鉱物です。鉱物が光ったときは、思わず声を出してしまいました。
鉱業博物館

黄鉄鉱です。採掘していて、こんな鉱石が出てきたら、テンション上がるでしょうね!
鉱業博物館

南極大陸の石炭です。
鉱業博物館

 そして、ここからはゆざわジオパーク内で採取された展示物です。

川原毛地獄の硫黄です。
鉱業博物館


湯沢市高松の蓬莱鉱山の褐鉄鉱です。
鉱業博物館

 展示されている鉱物などの資料もそうですが、展示パネルも非常に参考になりました。鉱業博物館に来る人たちは、それこそ専門家の人たちでしょうから、専門用語が多くてもいいと思いますが、ゆざわジオパークに来る人たちのことを考えると、パネルのイラストはあのままで、文章の表現方法をもう少し簡単にしなければ。。。

 以上、赤い彗星でした!
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング