湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

H25 第5回ジオガイド養成講座中級の部

2013-07-20

 みなさま、こんにちは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。

 去る7月13日に、第5回ジオガイド養成講座中級の部が行われましたのでご紹介します。


 今回の講師はゆざわジオパークアドバイザーの佐々木詔雄先生にお願いしました。
 テーマは「湯沢の鉱山資源」です。
 ゆざわジオパークには、「銀で築き、清水と共に歩み、地熱で未来を切り拓く」というサブテーマがあります。この場合、「銀」はより広い意味の「鉱山資源」を表します。これまでは3回シリーズで、基礎となる地学を学んできました。これからは、ゆざわジオパークの三本柱を順に見ていくことになります。

1_20130717141614.jpg

 まずは、銀による未曾有の繁栄を今に伝える院内銀山異人館へ。
 ちなみに明治時代、銀山の発展のために招かれたドイツ人技師たちの“月給”は、今のお金で“数千万円”だったそうです。なかなか景気のいい話です。それだけの報酬を払ってもなお余りあるほど、院内銀山には資金力があったということなのでしょう。

2_20130717141616.jpg

 異人館で見聞きした内容を心に留めつつ、院内銀山その場所へ。
 恥ずかしながら、ミレーが現地を訪れるのはこれが初めてでした。
 そして、想像を遥かに越えて、山でした……
 喧噪ではなく、静寂が私たちを迎えました。

 菅江真澄は以下のように詠んでいますが、

  あさつゆを はらへは袖に 玉とちる 光ことなる 白銀の山

 今となっては、

  しづかさや かねほるやまが ゆめのあと

 こんな具合でしょうか。

 院内銀山では、ゆざわの礎となった方々の墓地、

3_20130717141618.jpg

 明治天皇も足を踏み入れた御幸坑、

4_20130717141620.jpg

 唯一残る建築物である金山神社を見学しました。

5_20130717141613.jpg

 昼食を挟み、午後の部。
 過去にも訪れていますが、再びテルモピュライ……ではなく院内石石切り場へ。

6_20130717142316.jpg

 さらに整備が進み、以前にはなかった採石の様子が現れていました。

7_20130717142318.jpg

 また、新しい道も作られ、迫力ある石切り現場に大接近できるようになりました。

8_20130717142319.jpg

9_20130717142313.jpg

 石切り場からの眺め。
 この日は湿度100%という感じで生憎の天気でしたが、雫と霞に覆われた風景というのもまたオツなものです。

10_20130717142314.jpg


 今年度の中級講座もこれで半分が終了し、後半戦に突入です。
 本日のブログはミレーがお送りしました。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング