湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

真夏のジオパーク講演会、開催しました!

2013-08-24

 明日は、湯沢市の市街地で愛宕神社祭典大名行列が開催されます。
 お盆が終わり、大名行列が終わると、湯沢市には秋の足音が聞こえてきます。実際、最近は朝晩が涼しくて、ずいぶんと寝やすくなりました。
 秋は、ゆざわジオパークのジオサイトをめぐるには最適の季節だと思います。

 さて、秋が近づいてきましたが、先日、湯沢市ジオパーク推進協議会主催の「真夏のジオパーク講演会」を開催しました。遅くなりましたが、その様子を報告します。

 こちらは開会に先立ち、主催者あいさつをする湯沢市ジオパーク推進協議会の柴田副会長です。

真夏のジオパーク講演会


 講演会は、月曜日の午前10時という時間帯でしたが、多くの聴衆が集まりました。みなさまに感謝いたします。

真夏のジオパーク講演会


 今回は、タイトルのとおり、講演会のみです。
 最初に講演していただいたのは、地域おこし協力隊として湯沢市のジオパーク活動に取り組んでいただいている川邉絢一郎(かわべ けんいちろう)さんです。演題は、「観光資源としての温泉」です。

真夏のジオパーク講演会


 主催者側として申し訳なかったのは、川邉さんにお願いした講演時間が25分と短く、核心部分をお話しする前に時間切れになってしまったことです。川邉さんには、ぜひ次の機会に改めてお話ししていただければと思います。

真夏のジオパーク講演会


 次の講師は、湯沢市稲庭町出身で、現在、神奈川県立生命の星・地球博物館の館長である斎藤靖二さんです。斎藤館長は、日本でジオパークの動きが始まった時からジオパークに関わっていらっしゃるかたで、現在は箱根ジオパークで重要な役割を果たしていらっしゃいます。

真夏のジオパーク講演会


 今回の講演では、日本列島の生い立ちと箱根ジオパークの取り組みについてお話ししていただきました。地球の大陸の動きを動画で見せてくれたり、日本列島の生い立ちに係るプレートの動きをわかりやすく話してくださり、会場のみなさんも斎藤館長の話に聞き入っていました。

真夏のジオパーク講演会

真夏のジオパーク講演会


 今回の講演で最も勉強になったことは、活断層は過去に地震があったことを示すものであり、活発な断層という意味ではないということです。活断層で再び地震が起こるのは数十万年という時間の中での話だそうです。人間の時間で考えた場合は、活断層が無いところのほうが怖いということです。
 うーん、知らなかった。世の中には、たくさんの情報があふれているけど、本当の意味を理解していることの少ないかもしれませんね。。。

 本日のブログ担当は、赤い彗星でした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング