湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

その石は...

2013-09-13

みなさんこんにちは!

昨日のミレーさんの記事には驚きました!!
まさかそれほど上位に食い込むとは!  ひとえに、日々の積み重ねの賜物ですね!!

これからも応援よろしくお願い申し上げます。


さて、なんだか最近のブログの内容が、ゆざわジオパークから はみ出気味 (?) のどらごんです

まぁ、同じ 「地球の上のお話」 ということで♪
どうか許してやってください


今日のブログでは、 少し前のエマさんの記事 にありました、

「玄武岩」 について書こうと思います。


記事 を読まれた方の中に、もしかすると感づいた方がいたかもしれませんが、

紹介されていた 玄武岩 は、実は、湯沢ジオパーク産ではありません!


ゆざわジオパークのエリア内(湯沢市域)の地質図を見ると、

「玄武岩」はあるにはあるのですが、ごく限られた地域に分布するのみで、

川原などでもほとんどお目にかかることはありません。“ゆざわでは”ややレアな石と言えます。

この石(エマさんの記事をご覧下さい)は、ジオ に興味を持ち始めたひと向けに、

「玄武岩とはこんな石ですヨ」 (さらにジオの世界に引き込むために!) という紹介に使えるなぁと思い、拾って来たものです

ついでに、他にも 「ゆざわではあまり目にすることの無い石」 も拾って来ました


7月にリニューアルオープンした、「押切伸・三途川化石資料室(高松地区センター内)」

に展示するための標本として、糸魚川研修の帰りに寄り道して採集してきました。

新潟県と山形県の県境付近の海岸線には、見事な柱状節理の露頭を見ることができます。

01_20130911165730606.jpg

02_20130911165725fcc.jpg

あんまり見事なので、脇見運転には気を付けてくださいね。笑

山形県側の鼠ヶ関(ねずがせき)~温海(あつみ)の辺りです。


エマさんのように、「黒い」→「玄武岩」 というように、直観も重要な判断要素 なのですが、

かんたんに科学的な補足をすると、

・全体が黒く(有色鉱物が多く)
・「カンラン石」と「単斜輝石」という鉱物を含み
・斑状組織をもつ火山岩である

などの特徴から、これは「玄武岩」であるということができます。単純ですね!


「見ただけで岩石の名前がわかる」というよりは、実は、「見なくてもわかる」のです。

石のどこに注目しているかというと、

ざっくり言えば、「色」、「形」、「含まれる鉱物」はどうか? という点です。


つまり、それらの情報だけ手に入れば、ものを「見なくてもわかる」となってしまいます。

(もちろん実際に見て確認する作業は必要ですが...)


例外的なものを除いて、日本で一般的に見られる岩石は、せいぜい10種類くらいの鉱物の組み合わせ でできています。

意外と少ないですよね? ただし、鉱物の種類全体は4000種類以上あるといわれていて、全て識別できる人がいたとしても、覚えているような人はおそらくいないでしょう。

要するに、よく出てくるものだけ知っていれば、かなりの部分の岩石を見分けることができます



話を戻します。

03_20130911165724fa4.jpg

鶴岡市温海海岸付近では、柱状節理の発達した硬い溶岩の山が、長い間の波の浸食を受けて、独特の造形をつくっています

まさに、大自然の妙技といえます。(こういうことを言うと、また「変人」扱いされてしまいそうですが...

04_20130911165723483.jpg

05_2013091116572226a.jpg

海面からそびえたつ岩山は、“デヴィルスタワーのミニチュア版”という感じです!

名前は 立岩 (何と読むかわかりませんが)だそうです。

デヴィルスタワー(ウィキペディア
With Iris)
06_201309111657211d3.jpg


立岩は一体どうやってできたのでしょうかね??


07_20130911165806d51.jpg

08_20130911165805b39.jpg

こちらは、景勝地にもなっている“塩俵岩”という岩です。

ちなみにこちらの岩は、斜方輝石と斜長石を含み、やや変質した玄武岩でした。

日本各地に、“俵”の名のついた場所がありますが、多くの場所がこれと同様に柱状節理の露頭な気がしています。

“かたち”から名前をつけるのはごく自然なことですものね。


ちなみに、採集してきた岩石は、

準備でき次第、高松地区センターの資料室に収蔵・保管する予定です。展示するかどうかはわかりませんが、もし展示されていたら、その時は注目してくださいね

最後に、旅の途中で目を引いた看板を。

09_20130911165804daa.jpg

10_201309111658031bc.jpg


シンプルですが、強く訴えかけてきますね
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング