湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

なんとかできました!

2014-03-30

みなさん、こんにちは!どらごんです 
冬の間“あつき雪”に覆われていたゆざわも、先週はぽかぽかと暖かい日が続き、ようやく春の気配が感じられるようになりました。

3月の中頃に、2週間ほど旅行に出かけていたのですが、旅先でこんなものを見かけました。

todays children are future nation builders
(International Mountain Museum 付近にあった児童施設(幼稚園?), Pokhra, Nepal)
ちなみに、 बाल はネパール語で 子供 という意味のようです。

英語で、"TODAY'S CHILDREN ARE FUTURE NATION BUILDERS" と書かれているのがわかります。


また、ゆざわジオパーク内でもこんな看板がを見かけました。

稲庭看板

 世界中どこでも、「子どもは宝、地域の未来である という感覚は変わらないのだな」、と教育の大切さに改めて気づかされた一時でした 


 さて今日は、今年度の終盤にぼくが関わらせていただいたものを三つ紹介したいと思います。
いつも“エンジンをかける”のが遅く、関係者の方にはご迷惑をおかけすることがあり、大変申し訳ありませんでした。


まず一つ目は、

 ゆざわジオパーク総合ガイドブック

ガイドブック

 こちらはタイトルどおり、ゆざわジオパークの魅力を一冊にまとめた本です。ゆざわジオパークの「いにしえの火山」、「あつき雪」、(それらを)「いかして築く歴史と暮らし」のテーマごとに各ジオサイトの見どころや歴史などを解説・紹介しています。これからゆざわジオパークについて知りたい方にも、もっと知識を深めたい方にもオススメの内容です。原稿執筆・推敲や写真提供などで、ジオガイドさんや地域の方にもご協力していただきました。


二つ目は、

 ゆざわジオパークすごろく

すごろく

 こちらは『ゆざわジオパークの大地の歴史』をすごろくを通して学ぶものです。もともとのコンセプトが「学習教材」としてスタートしたため、ジオの要素をまんべんなく盛り込んでおり、やや内容が多くなっています。湯沢市内の各家庭に配布する予定ですので、家族や友人どうしでの会話のタネにしたり、久しぶりにゆざわに帰ってきた人にジオサイトを紹介したりと活用していただければ幸いです。

そして三つ目は、

 しず小町ペーパークラフト

ペーパークラフト

 こちらは構想段階から何度かこのブログでも取り上げてきましたが(過去の記事)、ようやく製品化までたどり着くことができました!
 ゆざわジオパークのマスコットキャラクターである「しず小町」を自分で作ることができます。ほぼカットされており、型から外して糊づけすれば組み立てられるようになっています。事務局でも作ってみましたが、45~1時間ほどあればできると思います。
 ぜひ、「一家に一体しず小町」を置いてみてはいかがでしょうか?

 年度末は、主に上記のものに関わらせていただきました。湯沢市中に、ジオパークがもっと浸透してほしいなという気持ちで仕事を進めてきました。なんとか形になるものを作ることができて、ひとまず満足しています。
 しかし、目的は作ることではありません。これらを作ることは、あくまで「手段」の一部であり、その先の目的は、できたものや既にあるものを活用して、一人でも多くの人がゆざわジオパークの活動に関わるようになることです。

未来への希望を込めて、最後に次の言葉を添えて終わりたいと思います。

" If your actions inspire others to dream more, learn more, do more and become more, you are a leader."


おわりに

 今日までの一年間、ゆざわジオパークの活動に携わることができて、幸せでした。毎日を忙しく、そして楽しく過ごすことができました。ぼく自身至らない部分が多く、まわりのみなさんにはご迷惑をおかけすることも多々ありましたが、お世話になった全ての方に感謝の気持ちを申し上げます。
 今からちょうど一年前、全く知らない土地にやって来たぼくは、ゆざわジオパークのみなさんに暖かく迎えていただきました。この一年間初めて任される仕事も多く、何度もあきらめかけ、心折れそうになりながらも、どうにか任期を全うすることができました。支えていただいたみなさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 ジオパーク推進協議会事務局での仕事は、自分の専門性を活用し、自らの力で地域の課題を直接解決していく仕事ではありません。赤い彗星さんのブログにもありましたが、ゆざわジオパークはようやく歩き始めたばかりで、目標や課題を考えると、まだまだできていないことばかりです。

 ぼくたち事務局の大きな役割のひとつは、ジオパークに関わる人たちが自分たち自身で問題を解決していくことができるような環境を整えることだと考えています。自分たちのジオパークを「どんなジオパークにしたいか?」みんなで考えて、様々なレベルでの環境整備を進めつつ、住民の活動をサポート・指導するカウンターパートへも、問題を発見し行動するような場を提供すること(“攻めの支援”)が求められます。もちろん、事務局スタッフ各自が幹となる専門性を持ち、それを常に高めていくことが基本となりますが、それと同時に自分の専門に固執しすぎたり、専門知識を押し付けたりしないことも重要であると学びました。

 ゆざわジオパークを離れるのは、個人的には少し寂しい気持ちもありますが、4月からは後任の方がお見えになり、事務局は新しい体制でスタートします。4月から着任する方は、ぼくなんかよりもずっとすばらしい技術と経験を持ち、ゆざわジオパークの活動に強力に推し進めて下さいます。ゆざわジオパークがさらにすばらしいものになるだろうと確信しています!

 ゆざわジオパークのこれからの発展を願い、遠くから見守っていきたいと思います。ゆざわが「世界に誇れるジオパーク」になれるよう祈りつつ、ぼくもみなさんに負けないよう、自分の道を究めていきたいと思います。

 この一年間本当にありがとうございました。
 どらごんでした 
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング