湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

美じん歴訪⑤ 幾百の夜を通う

2014-03-05

 みなさま、こんにちは。
 湯沢市ジオパーク推進協議会事務局のミレーです。


 前回の記事で、ようやく深草少将の百夜通いの始まりにまでたどり着きました。
 ここで、雄勝町における百夜通いの顛末を見てみましょう。




○百夜通い・雄勝町バージョン

 「百日続けて芍薬を植えに来てください」という無茶振りをした小野小町ですが、それは彼女が当時疱瘡(ほうそう、皮膚の病気)にかかっていたためでした。
 百日もあれば病気も治るだろうと考え、小野小町は日々増えていく芍薬に心ときめかせながら、磯前神社の傍の水(小町泉)で顔を清めていたのでした。
 いつしか、小野小町もまた、百夜通いの成就を願うようになっていたのかもしれません。

  かすみたつ 野をなつかしみ 春駒の 荒れても君が 見え渡るかな

 そして、いよいよ待ちに待った百日目の夜。
 小野小町は深草少将を待ちますが、待ち人が現れることはありませんでした。
 深草少将が小町のもとに向かう途中、大雨で増水した川に橋もろとも流されてしまったのです。
 小野小町は己の身勝手がこのような結末を招いたのだと嘆き悲しみ、九十九の和歌を詠んで深草少将を供養した後、世捨て人となりました。

  実植して 九十九本の あなうらに 法実歌のみ たへな芍薬


 ……多少省略していますが、これが雄勝町に伝わる「百夜通い」の顛末です。
 なんとも物悲しく、心に響くお話しです。
 正しく「悲劇」であると言えます。浄化的な意味で。

 さて、ここで要素を整理してみましょう。



○キーアイテム
・芍薬の花

○深草少将の最後
・増水した川に橋もろとも流される

○小野小町のその後
・九十九の和歌を詠んで深草少将を供養



 では、もうひとつ、雄勝町から遠く離れた、京都の随心院に伝わる物語ではどうでしょうか?
 この随心院は「小野小町伝承地」としてのアイデンティティの確立に非常に力を入れているようです。
 雄勝町とは異なる部分を紹介します。



○百夜通い・随心院バージョン

○キーアイテム
・榧(かや)の実

○深草少将の最後
・疲労困憊の末雪道に倒れる

○小野小町のその後
・99個の榧の実を小野の里にまいて深草少将を供養


 どちらにせよ悲劇ですが、細部は異なっています。
 とはいうものの、紹介した雄勝町と随心院に伝わるエピソード以外の亜種においても、「深草少将に想いを伝えられた小野小町が、百晩通ってくれればそれに応えると返す。深草少将はマメに通うが、九十九日目で死ぬ/力尽きる/失敗する」という大枠はおおむね共通しています。


 まるで、枠あるいは器の中にそれぞれの地域ネタを詰め込んだみたいですね。


 ん? 器?



 百夜通いの物語は、小野小町に関するエピソードの中でもトップクラスに有名かつ重要なものとなっていきました。
 むしろ、初めて語られた瞬間から、そうなるように仕組まれていたのかもしれません。

 百夜通いのエピソードが拡大解釈され、発展することで、小野小町は「美人であることでおごり高ぶり、あまたの男を破滅させた」という業を背負わされました。
 「いけ好かない美人のなれの果て物語」の主人公となったのです。
 年を取ってからは寄る辺もなく、老醜の姿を晒し、乞食にまで身を落とし、深草少将の怨霊に取りつかれて狂乱し、骸となってもなお野の草に眼を貫かれ……

 なぜそこまでするんだ!?

 と叫びたくなるほど、小野小町は「美→老醜への転落」「男たちを破滅させたことに対する応報」を歴史の中で演じ続けることになります。



 ここで今一度、雄勝町における百夜通いを思い返してください。

 雄勝町に伝わる百夜通いは、小野小町に対する深い同情が根底にあります。
 百夜通いの発端にしても、「深草少将のことを煩わしく感じ、どうせあきらめるだろ! というのを見越して無理難題を吹っかけた」なんてことはありませんし、小野小町の余生についても、老醜を晒すようなことはなく、あくまで静かに過ごしています。

 なんと言いますか、雄勝町は、小野小町に対して「優しい」のですよ、本当に。
 あれこれとあらぬ噂をかけられ、めちゃくちゃに糾弾された小野小町を、暖かく迎え入れるような、そんな優しさを感じるのです。


 なぜ???

 あまたの物語の中で散々転落人生を描かれ続ける小野小町に、なぜこうも優しいのか???




 だって、 ふるさと ですから。




 本日のブログはミレーがお送りしました。


「美じん歴訪」 バックナンバー

① 世界三大……もしくは四大美人
② 男たちの物語
③ いとせめて 恋しき時は……
④ うたた寝に 恋しき人を……
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング