湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ミラーマン 院内銀山エピソード2

2014-04-30

こんにちは、ミラーマンです。早いもので、自分の書く番がやってきました。今回は貴重な休みの日に当たってしまい
朝からがんばって書きます。当分の間は院内銀山に関する事柄を書いていきます。
ところで本番に入る前に、ご報告いたします。4月26日から湯沢市の道の駅雄勝に観光案内書が復活し、そこで観光案内をしています。4日程経ちました。今は桜の最盛期なので、ほとんどの人に桜に関する情報提供をしています。一番は
角館の桜情報と道案内です。それに地元のおしら様の桜を見てもらうように多くの人に積極的に話しかけしています。
おしら様の枝垂れ桜はもう2,3日で満開と思います。
長くなりましたのでこの辺で、本題の院内銀山のエピソード2を書きます。
院内銀山には薬師山がありますが、今は登る道をわかる人はほとんどいなくなってしまいました。まさに藪の中に隠れてしまいました。
門屋養安日記の中にもよく出てきます。今の御幸抗横の西光寺跡そばから登ったとあります。山頂まで約900m位と書いてます。当時はお祭りなどもあり、多くの人が登ったそうです。山頂には御堂が建てられてあったそうです。
『薬師堂由来」・・慶長13年11月頃、年のころ30歳にまだならぬ容姿端麗な尼さん一人、雪を踏み分けて何とか銀山に来て、あるところで宿を借り53日間暮した。縫物が上手くてなんでも作ることが出来た。そのため山中の人々が思い思いの縫物を頼みに来たので、休みなく働いた。何時しか時が流れて春までいることになった。お金には困らなかった。
ある時手代重左衛門が来て尼さんの話を聞いていたが、容姿が美しいのでなぜ尼さんになったのか訳を聞いてみた。尼さんのうまれはどこかと聞けば、私は三州岡崎の生まれという。幼い時父母に先立たれたので、ゆかりの人に16歳まで養育された。これからのことを考えて、父母を弔ったり、自分のためにも尼になって一生をささげようと思った。諸国を巡り仏社を拝みながらここまでやってきました。  それを聞いた重左衛門は感心した。まだ若いのになんと素晴らしいことだろうと思った。
 私は母の最期の時、譲られた仏様を肌身離さず持っています。今まで何事もなく諸国を廻れたのはこの仏様のお陰です。と懐より仏様を取り出して重左衛門に見せた。その仏様は薬師瑠璃光如来だった。
 あなたは女なので諸国を廻っていると悪者に見つけられてこの仏様を取られてしまうかも知れない。出来ればここへ
仏様を納めてあなたもここに住んではいかがですか。と重左衛門は尼さんに言った。それを聞いた尼さんは、あなた様の
御情けにおすがりして御堂を建立し、私もここに移り住みましょう。御堂は山の上に建立し、その御堂に仏様を移しました。そして毎年4月8日を縁日とした。その縁日には、多くの人が訪れるようになり、信心日増しに盛んとなったそうです。尼さんも麓に庵を結んで安らかに暮したと言い伝えられています。
 このようは事があって、この山のことを薬師山と呼ぶようになりました。
 養安の頃も薬師祭礼は4月8日で毎年のように参詣していた日記にあります。また、弘化元年(1844)は病用で、嫁・おすま等が参詣したとあります。
 今は、薬師山山頂には山神石堂と岩祠があります。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング