湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ミラーマンです

2014-04-09

今回で2回目のブログの記事を書くことになりました。先回は、ミラーマンの自己紹介を書きましたので、
今回はジオパークを知って、家の近くにある西山の見方が変わったことを書いていきます。
観光ガイドとして3年位活動をしていた時、ジオパークの話があり、ジオパークガイド養成講座初級編
および、中級編を受講しました。100%出席とはいきませんでしたが、ジオパークの事を勉強して、
一番ワクワクドキドキしたことは、地質の勉強や、岩石について学べたことでした。最初はとても難しく
感じましたが、何度か話を聞いていくうちに、何とかわかってきて、特にワクワク、ドキドキしたのが、
ゆざわジオパークの中のメインジオサイト一つである三関地区の東鳥海山にある三角末端面という現象を
(ジオサイト案内書15 三関・須川参照)知ったことでした。
これは、湯沢には湯沢断層という10数キロに渡って断層が走っており、この断層に沿った山地側斜面に、
断層崖(だんそうがい)と呼ばれる急な崖や、断層活動によって切られた三角形の尾根が連なります。
図4
これは断層の活動により形成される特徴的な地形であり、断層がある証拠といわれている。
この三角末端面が、なんと私の居住する小野地区の西山に幾つもありました。中にはとてもきれいな正三角形を
しているのもありました。このことを知ったこで、ますますジオパークにはまっていきました。
三角末端面
この他にも、雄物川に沿って、きれいに断層崖が連続している事もわかり、ワクワク、ドキドキの連続でした。
このブログを読んでいる皆様、近くに山があれば、もしかして三角末端面が見つかるかも知れません。
もう一度、近くの山を見てください。三角末端面や断層崖があれば、その山は断層に沿って隆起した事になります。
それでは、2回目のブログの書き込みを終了します。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング