湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ガイド養成講座実施中

2014-06-10

こんにちは! ゴゴティーです。

いよいよ東北地方も梅雨入りし、ゆざわジオパークもここ数日はジメジメした日が続いています。
どんよりとした天気ですが、ジオパーク活動はよどんでいるわけにはいきません。
ということで、今回はまだまだ続いているガイド養成についての活動報告です。

先日、ジオガイド養成講座《中級の部》第2回の講座が開催されました。
今年度は全部で10回ある中級講座のまだまだ2回目です。
でも、今年の受講されている方々は非常に熱心で、この分だと10回もあっという間に終わるのではないかと感じています。(あっ! 決して昨年までの受講生が熱心でなかったということではありませんよ ・・・ 今年がさらにすごいという印象ですので・・・)

第2回のテーマは、ずばり「ゆざわジオパークの大地の成り立ちPart1」ということで、次回の第3回と2回連続で「地学」のお勉強です。先生もゆざわジオパークのガイド養成講座などでは、すっかりおなじみの藤本幸雄先生です。

今年の藤本先生の講座は、自分の家の近くの大地の成り立ちを知ろうというコンセプトで、今回は、湯沢市街近郊や旧雄勝町方面の大地の成り立ちを勉強して回りました。
ゆざわジオパークを大きく2つに分けて勉強しようというものです。

今回の講座で、まず向かったのは「ヤマダ採石場」です。
山田採石場

ここは砕石のため重機で丘が削られているためたくさんの地層を観察することができます。
この地層はどうだとかこうだと言ったことを現地で実際に実物に触れながら学び、湯沢の大地の成り立ちに思いをはせていました。

その後、関口石、マイロナイトを見ることができる現場を回って昼食です。
      ↓↓  関口石の石像を観察しながら説明を受けているところ
関口石

余談ですが、昼食の場所は「道の駅おがち」でして、土日はいつも混んでいるところなのですが、この日は毎年恒例の「小町まつり」が開催されるということで、輪をかけて混雑していました。

昼食後は、その小野小町の伝承にちなんだジオサイトの「二つ森」や「岩屋堂」で現地勉強をしました。
      ↓↓  岩屋堂で残丘を観察しながら説明を受けているところ
岩屋堂

その後、秋ノ宮方面に向かい、ゆざわで見られる一番古い時代の花崗岩が見られる場所や「からと石」と呼ばれている形の変わった石などを観察しながら勉強しました。
      ↓↓  からと石のまわりで観察しながら説明を受けているところ
唐と石

1日かけても限られた場所しか回れないほど広いゆざわジオパークですので、今回も8か所ほどしか回っていないのですが、ゆざわジオパークの大地の成り立ちの一部を詳しく丁寧に観察し学ぶことができたと思います。
終了後のアンケートを見てもだいぶ理解吸収ができたとの感想が書かれていました。

この中級講座は、すでに認定を受けているガイドさんたちも復習やスキルアップ、新しいネタ探しのためにセミスタッフとして参加してもよいことになっていましたので、認定ガイドの方もたくさん参加していただきましたが、同様に理解が深まったという感想を強く持っていただいたようです。

これから10月まで、あと8回続く今年度の中級講座ですが、受講者の皆さんも認定ガイドで参加される皆さんも梅雨にも夏の暑さにも負けずに頑張りましょう。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング