湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

くぞわたの清水

2014-07-06

こんにちわ!
事務局見習いのみぃです

お水が大好きな私、、、

先日、秘水中の秘水…!?
くぞわたの清水に行ってきました
(※秘水=秘湯中の秘湯をイメージした造語です。すみませんw)

写真 1


くぞわたの清水は、
途中、舗装されていない林道(?)みたいなところを通っていくため、
説明がちょっと難しいのですが…、
住所(?)としては、湯沢市関口西ノ台のあたりにあります*

訪れた当日は、梅雨の中休みのような日で、
日差しも強く気温も高かったのですが
清水のところは、木が茂っている中のため、
体感は通常より5度以上低いのでは!?といった感じ。

水も冷たく、10秒ほど手を浸けていたら
つめた過ぎて、手を浸けていられないくらい。

写真 2


そんな、くぞわたの清水、
とっても冷たく、おいしくいただきました


と、、、美味しくいただいたところで、
くぞわたの“くぞわた”って一体、何なのだろうか…!?と疑問が。

みなさん、ご存知かもしれませんが、
くぞわたの由来について調べてみました☆

2つほど説はあるようで、

一つ目は、清水の近くに生えている
『くず(秋の七草のひとつ))』がなまって『くぞ』になったという説。
(でも、この場合、”わた”ってどこから来たんだ…??)

もう一つは、
山師の『くぞう』が鉱脈を見つけるため山を掘っていたのだが、
やがて冬になり、寒くなってからは綿入れを着て作業をしていた。
そのうち、『くぞう』が湧き水の水源である湖を掘り当てたことから、
『くぞう』が『綿入れ』を着て掘り当てたと
『くぞわたの清水』と名づけられたという説。

(参考: 湯沢市役所HP くぞわたの清水


私は、”くぞわた”と聞いたときに、
くぞの綿をイメージしていたので、
(くぞ=くずということまではイメージできておらず、
くぞという植物が存在していると勝手に思っていました。)
それぞれの説の中間で、
私の直観もあながち外してなかったかな…?なんて。笑

くぞわたの清水、
専用サイトがつくられているくらい
愛されています*

これから、暑い季節に、ぜひおすすめなので
ぜひ行ってみてください!

ではまた☆
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング