湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ミラーマン 院内銀山跡地を書く 芭蕉塚について

2014-10-11

今回は、先回まで2回に渡り十分一番所跡について書きましたが、今回は十分一番所跡のすぐそばにある、芭蕉塚について
書きたいと思います。
なぜ、院内銀山に芭蕉塚があるのか?、院内銀山に芭蕉が来たのか、答えはNOです。
芭蕉塚
この写真が、芭蕉塚と他2基の石碑です。
では、なぜ、ここに芭蕉塚があるのか、推測ですが、幕末に院内銀山の役人の間で俳句を詠むのが盛んになりました。
俳句の書かれたお墓が幾つもありますし、金山神社にも俳句が幾つも奉納されています。そのため、それらの人々が芭蕉を偲んで芭蕉塚を建立したと思います。以前、西光寺跡のあ墓について記述した時に墓に彫られた俳句を紹介したと思います。
『芭蕉塚』は十分一番所跡の脇の方にひっそりと立っています。案内されないとおそらく分からないと思います。ここには写真にあるように3基の石碑が立っています。

《芭蕉翁碑》 天保13年寅年3月13日建立。『養安日記』によれば、8月12日序幕。台座建立者24名の内、次の名前が読み取れる。
 大田如月・平野東也・森田雀角・村木其友(村木六郎兵衛)・湊如文・川口如水・山口文哉・荒川○山・○○尺沼・中野秋○・○○寿山・湊○○。
芭蕉塚の隣に(写真真ん中) 《象頭山(ぞうずせん)大権現》 (金毘羅山の別名。嘉永2年酉6月吉日建立) 設立者(講中 伊勢八兵衛・村山喜六・柏原茂吉・相馬吉冶・世話人森田米松)
一番左側には、 《金毘羅山》 (弘化4年2月10日建立) 設立者の名前なし。二つの金毘羅碑の建立記事は『養安日記』にはなぜか分からないが、書かれていない。不思議だ。
是非、このブログを読まれて、院内銀山に来ることがあれば、入口の橋を渡ってすぐに右に入る(大きな看板の前を入る)とありますので見てください。お願いします。
 それでは、ごきげんよう、さようなら。次回は、いよいよ、院内異人館について記述します。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング