湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

阿蘇山、噴火!

2014-11-26

 ブログ読者のみなさん、こんばんは!赤い彗星です!!

 現在、湯沢市ジオパーク推進協議会事務局は、来年度の予算編成準備で忙しくしています。来年度は、どんな事業を実施するのか事務局員それぞれ、いろいろな構想を抱いております。私も、来年事務局内にいるとは限りませんが、「来年は、あれをやりたい!」というような構想を抱いていますので、予算獲得できるように準備をしています。

 さて、間もなく12月というようなこの時期に、またしても火山に関係するニュースがありましたね。世界ジオパークに認定された阿蘇ジオパークの象徴、阿蘇山が噴火したそうです。
 ↓↓↓
阿蘇山噴火

 山体が膨らんでいるというような話もあるようで、本格的な噴火が始まるかもしれないという報道もあるようです。気象庁の九州地方の警報事項を見てみると、こんな感じでした。
 ↓↓↓
九州地方の警報事項

 阿蘇山は警戒レベル2で、火口周辺規制です。新燃岳も同じ警戒レベルです。上の図を見れば何かに気づきませんか?そうです。火山が直線的に並んでいますよね。実は、これもプレートの動きと関係しているそうです。4つのプレートが押し合いへし合いしている日本なので、火山や地震がたくさんあるのも、ある意味、仕方がありません。
 でも、最近、火山活動が活発になっているような気がして、何か気になります。。。

 阿蘇山噴火に関連して、ちょっとネットで調べたら、「日本の火山研究者は「40人学級」—御岳山噴火で露呈した危機」なんていうページもありました。火山学者の数の少なさを指摘していますが、まさにそのとおりとうなずく記述もあります。

 自分が住んでいる国や市、地域のことを知ることが一番大切なような気がしますが、それを蔑ろにしてきたつけを、今、まとめて払わされようとしている感じがしています。
 ジオパーク活動をきっかけに、いろいろなことを考えるようになりました。

 それは、ともかく、阿蘇山、心配ですね。。。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング