湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

地震と火山の関係???

2014-11-29

こんにちは、ゴゴティーです。

今年は比較的天候がおだやかな11月で、ゆざわジオパークにお住いの方々もほっとしたことと思います。
去年は今頃もう積雪がありましたから。
豪雪地帯に暮らす私たちでも、やっぱり雪が積もる時期は遅く始まるほうがよいと思っています…

前置きはここまでとして、本題です。
前回のゴゴティーのブログで火山に関する講演会を聞いてきたことを紹介しましたが、タイミングよく(?)近頃の日本列島は火山活動や地震が立て続けに起きています。
2か月前の御嶽山の噴火、今月に入っての長野県北部の地震、そして阿蘇山の火山活動
大きなニュースになっているだけでもこのように続いています。

火山活動と地震は、何か関係があるのか?
このことは常に話題になり、色々な方の見解が出たりします。
私にはさっぱりわからないのですが、どうなんでしょうか?

そういえば、先日の火山の講演会でも講師の先生が、
「過去においてマグネチュード9クラスの大きな地震があった後には、大きな火山活動が起きている。」とお話しされていました。
巨大地震のおおむね3年以内に震源地に近い火山で大きな火山活動があったというデータに基づいたお話で、このことから推測すると、2011年の東日本大震災から3年半を過ぎたことで、このたびはこの定説には当てはまらない。
しかし、まだ数年は大きな火山活動も起こり得るので油断はされないといったお話でした。
このことは、東日本大震災発生のすぐ後から同じようにデータが示されて警鐘されてきていましたが、3年もたつと少しずつ頭の中から薄れていたことでしたので、改めてまだまだ忘れられないんだと思い知らされました。

長野県北部の地震も東日本大震災で地殻が動いたこととの因果関係が取りざたされていますので、全く無関係ではないのだと思います。
(すいません。わからなくて・・・)

いずれにしても、以前からご紹介しているとおり、日本列島は4つの近くプレートの境界にあり、常に変動を続ける大地の上に成り立っているところですので、火山や地震との縁は切っても切れないところだということを常に頭に置いておかなければならないと痛切に感じているところです。

現在進行形でジオパークの様々な活動(「ゆざわ学講座」や「ジオサイト研究会」、「出前講座」など)をとおして、ゆざわのより多くの方々に同じように思っていただけるようにして行けたらよいと思っています。
このブログをご覧の皆さんも、ぜひジオパークを通じて大地の不思議やゆざわの成り立ちと今の生活の関係など、これまであまり触れられていなかったことに触れてみませんか。

「ゆざわ学講座」や「ジオサイト研究会」は随時参加者を募集していますので、興味のある方は事務局までご一報ください。
また、「出前講座」も随時受付しています。そんなに仰々しく開催することを考えず、グループでもなんでも結構ですので、気軽に申し込んでください。

最後は、実施事業のPRと募集みたいな内容になってしまいましたが、お許しください。
本日担当のゴゴティーでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング