湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

第5回JGN全国研修会 in 三陸ジオパーク

2014-12-13

みなさん、こんにちは!エマです

昨日こんなニュースが!
吾妻山に火口周辺警報 噴火警戒レベル2に
福島県と山形県にまたがる吾妻山で、火山性地震が増えており小規模な噴火が起こる可能性があると発表されました。

最近、似たようなニュースが多いですね
10月の御嶽山噴火から、阿蘇山や蔵王など・・・。
火山が多い日本。他の火山でも噴火の可能性が十分あります。心配ですね。

人間は火山の噴火を止めることはできませんが、被害を最小限に抑えるために準備することはできます。
命を守るために、防災の備えは本当に重要です!
でも、防災防災と言われても、「何したらいいの?」となりますよね。

先日参加したJGN全国研修会で、防災教育についての事例発表がありましたので、ご紹介します。
岩手県立大学の伊藤英之先生の発表
全国研修会7
いろいろな大災害が発生する中で、防災教育が必要と言われているが、防災について教えられる先生がいない。

だから、大学教授など専門的な知識を持つ人に出前授業をお願いする。

でも、大学教授は忙しく持続的な授業を展開することができない。

専門的な知識を持たない先生でも出来る教育プログラムを作ろう
ということで、実践している小学生用・中学生用プログラムを紹介してくださいました。

◆小学生のプログラム
全国研修会1

(キッチン火山実験の様子)
全国研修会2

(ワークショップの様子)
全国研修会3

続いて・・・
◆中学生のプログラム
全国研修会4

(ハンディキャップ避難体験の様子)
全国研修会5

(中学生が作った立体ハザードマップ)
全国研修会6

中学生のプログラムは、ただ学習するだけでなく、地域への還元も含まれているのが印象的です。
このプログラムが実施されている中学校の子供達の親御さん達の多くは、昼間は市街地へ仕事に行くので、地域に残るのはお年寄りと子供だけ。なので、中学生は守られる立場ではなく、地域の人達を守る立場ということでした。
自分達が地域を守るんだ!という当事者意識を持たせると、一生懸命取り組んでくれるようです
子供の頃から防災意識を持っていれば、いざという時に、命を守るために自分で考えて行動することにつながると思います!

ゆざわで防災教育というと、やっぱり雪による被害でしょうね。
今日も朝からずーっと降っています
毎年こうなので、なかなか災害という認識にはならないのですが・・・。
少しずつ、防災への取り組みを充実させられればいいなと思います。

ということで、今日の担当はエマでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング