湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ジオサイト巡回2。

2015-05-20

 こんにちは、ゆざわの子です。昨日、先週に引き続き主なジオサイト(山田、雄勝、三関エリア)を巡回してきましたので、その時の様子をお伝えしたいと思います。今回も多くのジオサイトを巡回しましたが、その一部をご紹介したいと思います。全部伝えられないのが残念!

 鉱山の負の遺産~松岡鉱山廃水処理場~
20150520163644831.jpg
松岡鉱山は羽後町との境界に近い所にあり、松岡鉱山から生産された銀は「湯沢銀」と称されていて、1808年には銀鉱石375㎏、坑夫200人あまりという盛況ぶりでしたが、産出量の減少により1923年、休山しています。
20150520163606cfa.jpg
松岡鉱山には、操業していた当時から、鉱山廃水などの公害問題があって、1890年代以降、公害対策が取られるようになり、現在は、品質の悪い鉱石が捨てられてできた山への盛土や植樹が行われたり、鉱山廃水処理場が建設され、水質検査で廃水基準を満たした水が河川に放流されています。
201505201636264f2.jpg
大量の銀が産出された当時は多くの恩恵を与えてくれた鉱山でしたが、一方で現在も廃水処理が行われている実情を目の当たりにして深く考えさせられました。

続いて院内銀山エリアです。
20150520163711297.jpg
さて、みなさんこの写真はどこの写真かお分かりでしょうか。
ここは、異人館の跡地になります。バラの花状に石が組まれているのがなかなかユニークです。明治政府がドイツ人技師を5人招いて、指導にあたらせたそうで、住居が洋風住宅であったため異人館と呼ばれるようになったそうです。

最後に院内石切場です。
20150520163741731.jpg
巨大で迫力があります。ここもたどり着くまで結構時間がかかる所ではと思っていましたが、院内の愛宕神社からそう遠くない所にあります。石は上から削って来ていて、良い石が取れる場所が続くと奥へと掘られていっているそうです。

 まだまだ、お伝えしたい内容はありましたが、今回も一緒に巡回した事務局員がいますので、今日はここで終えたいと思います。案内して頂いたミラーマンさんありがとうございました。
 以上、本日の担当はゆざわの子でした。




 
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング