湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ジオサイトの巡回-ゆっこ編Part2-

2015-05-22

こんにちは。ゆっこです。
先日19日にジオポイント巡回へ行って参りましたので、ご報告です。
ゆざわの子さんが書かれていない部分をちょこちょこと書いていきたいと思います。

最初は山田の松田砂利採石場にお邪魔して地層を見てきました。

松田砂利採石場

表面の土を払っていないので見にくいですが、縞々に重なっている地層を見ることが出来ます。
今見えている地層のほとんどは凝灰岩と言われる石の地層です。
凝灰岩とは、火山から噴き出した灰が、ぎゅっと固まってできた石のことを言います。
これだけたくさんの灰を噴き出した火山活動とは、どのようなものだったんでしょうね。

次は小野城址です。
かつて小野城があった場所に行ってきました。

小野城址眺望

非常にいい見晴らしです!
小野城址がある山は『真砂土』と呼ばれる土でできています。
見た目はこんな感じです。

真砂

なんだか石のようにも見えますが、手で触れただけでぽろぽろと崩れてしまいます。
これは『花崗岩』という名前の石が風化によって土になったものです。
だから見た目石っぽいんですね。

そして、この山の多くがこの土で出来ているというのを上手に利用しているのが、これです。

小野城址空堀

少しわかりづらいかもしれませんが、細い道のようなものがあります。
これは小野城に敵が来るときに、一気にたくさんの敵がこないよう、わざと一人づつしか通れないような細い道を作っているんだそうです。
ぼろぼろの土だったから、こう言う細い道が掘れたんではないかと考えられているそうです。

さて、最後のご報告は小野小町の岩屋堂です。

岩屋堂

この赤い柵は最近作られたものなのですが、この洞窟はずっと昔からあるものです。
この洞窟の中で、晩年の小野小町が過ごしていたのではないかと言われています。
元々硬い岩石と柔らかい岩石が重なっていたところ、柔らかい岩石だけが風化してなくなってしまい、このような洞窟になったそうです。
晩年の小野小町は、ここでどのようなことを思いながら過ごしていたんでしょうね・・・。

今日のご報告はこの辺で終わらせていただきます。
また私の感想とメモ書きみたいになってしまいましたね。文章って難しいです。
そしてギリギリの更新になってしまって申し訳ないです。
今日の滑り込みブログの担当はゆっこでした。


プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング