湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

第1回ゆざわ学講座開催。

2015-07-29

 こんにちは、ゆざわの子です。本日は、7月22日の夜に開催された第1回ゆざわ学講座について報告したいと思います。
このゆざわ学講座では、ゆざわジオパークを通じて、ゆざわの魅力とジオパークの考え方、ゆざわジオパークのストーリーを学び、受講修了者が、自分の周りの人や観光客の方に、ゆざわの魅力を語ることができるようになることを目的としています。
 全10回の講座のうち、8回以上受講された人には、修了証を交付することに加えて、平成28年度の「ゆざわジオパークガイド養成講座」の受講資格が与えられます。
 講座については、ゆざわジオパークのキャッチコピー「いにしえの 火山の恵み あつき雪 いかして築く 歴史と暮らし」に基づいて、平成27年度は、「火山の恵み」に関する講座が3回、「あつき雪」に関する講座が2回、「歴史と暮らし」に関する講座が2回、、ジオパークについて、ジオツアー、まとめの講座が1回ずつの計10回の講座になっています。 
 第1回の講座では、ジオパークとは?湯沢を知る近道?~ゆざわジオパークを楽しもう~とのタイトルで市まるごと売る課ジオパーク推進室の沼倉室長より講義が行われました。
 当日の受講者は、13名で、お隣の羽後町からも3名の参加がありました。


事務局長(市まるごと売る課 佐々木課長)挨拶

IMG_8246.jpg



事務局員(市まるごと売る課ジオパーク推進室 沼倉室長)よる講義

IMG_8249.jpg
 今回の講座ですが、主に、1.湯沢の特産品は全てジオの恵み。2.ジオパークとは?3.ゆざわジオパーク構想。4.ゆざわジオパークでは何をしているのか?の4つの構成で話しがされました。
 IMG_8251.jpg
 ジオパークとは、人が支えているジオが見える所であり、長い歴史の中で、世界で全く同じ成り立ちの場所は存在しなく、湯沢市は世界で一つだけと言えます。
 ジオパークの真の目的は、地域の良さを知ることで生まれる「郷土愛」を育てながら、地域資源を上手に活用し、産業などを盛り上げ、充実した暮らしができる地域を作ることにあります。大切なのは、地球の歴史とそれにともなう人の活動であり、その場所にしかない物語を語り継いで行くこと。大地は、話しをすることができないので、その地域の人が物語を語る。ジオパークは「人」と言えるということを改めて再認識しました。
 講座終了後のアンケート結果で、ゆざわ学講座の受講理由は、地元のことをもっとよく知りたいという意見の方が多く、今回の講座においても、熱心にメモを取っている方が多く見受けられ、地元のことをもっと知りたいとの思いが表れていました。
 
 ここからは、宣伝です。ゆざわ学講座は、各回ごとの申し込みも行っています(第2回は申し込み受付終了)。詳しくはゆざわジオパークホームページの新着情報にあります「ゆざわ学講座受講生募集のお知らせ」をご覧下さい。開催講座にもよりますが、各回定員20名に対して未だ数名から5名、申し込みに空きがありますので、興味のある方は是非受講申し込みをして頂ければと思います。
 以上、本日の担当はゆざわの子でした。 
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング