湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

コリストデラ類化石in三陸ジオパーク。

2015-09-07

 こんにちは、ゆざわの子です。東北ジオパークフォーラムでのエクスカーションBについては、前回のゆっこさんのブログで全体のコース概要ついては、お知らせされている所ですが、私もジオガイドのみなさんとBコースに参加してきましたので、私なりの視点でBコースについてお伝えしたいと思います。
 Bコースをガイドしてくれたのは、久慈市ジオパークガイドの田高 正博(タコウ マサヒロ)さんです。

201509061618210fe.jpg

 田高さんは、久慈市教育委員会の職員ですが、久慈市では、普段一般のツアーは行っていなく、ガイドの会もなく、個人レベルで限られた場所でしかやっていないため、ボランティアガイドとして市の職員が今回のガイドを行っているとの話しでした。田高さんがバスに乗って来た時は、若い方で随分おとなしそうな方がガイドをするんだなと思っていましたが、この理由を聞いてなるほどとうなづきました。
 
 20150906162108dad.jpg
 ゆっこさんの回で、内間木洞の内間木富士の写真がうまく伝わるかなとの紹介でしたが、私は、先発隊で内間木洞に入っていまして、正面から写真を撮れていましたので掲載させて頂きました。正面からだと富士山の形には見えてるかと思いますがどうでしょうか。

20150907055003272.jpg
 先発グループであったため、後発のグループとは逆に内間木洞見学後に周辺の説明が久慈市の観光課長からあった訳ですが、内間木キャンプ場では、キャンプだけでなく周辺の自然を生かした各種野外体験プログラムも行われていて、観光課長の話だと、久慈市では教育旅行の受け入れが行われていて、関東方面からも多く児童、生徒さんが久慈市に来て野外体験をしているそうです。なるべく多くの野外体験をしてもらうために、食事については、児童、生徒さん達に1食は、作ってもらうけども、他は、施設職員が食事を作ってくれるとの話しでした。学習院の森というのがあり、学習院大学の附属の学校に通う児童・生徒さん達も来ているの話しでした。この観光課長さんの名刺なんですが、琥珀の粒が入っていたり、あまちゃんのアニメのイラストが入っていたりしていて、印象的でした。

コリストデラ類化石
201509061621391ee.jpg
 久慈市で約9000万年前の白亜紀後期の地層から爬虫類・コリストデラ類の化石2点が発見されたそうで、ちょうど琥珀博物館でその展示が行われていました。早稲田大学のグループが調査していて、この地層から、コリストデラ類の化石が見つかったのはアジアで初めてで、世界では4例目だそうです。

2015090616225940e.jpg
 この写真のはく製は、コリストデラ類ではなく、類似生物のワニのはく製ですが、体長は90㎝で、今回発見されたコリストデラ類と同じ位の大きさとなります。

 201509061622164c5.jpg

 最後に、琥珀が本物か偽物か見分ける方法についてですが、写真のように飽和食塩水に浮くと本物ですが、プラスチック製品で出来た偽物は沈むとの説明がありました。
 
 以上、私なりの視点で報告させて頂きましたが、ゆざわジオパークでもこういった生物の化石が何かの機会で発見されないかな、そういうのがあるとさらにワクワク感が増すし、子供達も喜ぶだろうなとふと思ってしまいました。
 本日の担当はゆざわの子でした。

プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング