湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

地層剥ぎ取り標本展示へ向けて・・・!

2015-09-24

こんばんは。ゆっこです。
前回書きましたアジア太平洋ジオパークネットワーク(APGN)のシンポジウムから無事に湯沢に帰って来ました。
日々のコツコツとした業務も大事ですが、このようにどこかに行って色々な方と交流すると、とても刺激になります。

あれすごい!これも素敵だ!
あんなことおもしろそう!こんなことやってみたい!

などなど、なんだか興奮が冷めないまま今に至っています。
気持ちばかりから回らないようにしっかりと頑張っていきたいと思います。

さて、今日もAPGNの内容を書こうかと思ったのですが、一昨日(22日)、昨日(23日)、今日と湯沢で大興奮な出来事がありましたので、そちらをちらりとご報告させていただきます。

まず、こちらは今日午前中の高松地区センターで撮ったものです。

剥ぎ取り標本

床に肌色と言いいますか、ピンク色と言いますか、なにか置いてあります。
昨日のブログでゴゴティーさんが少し書いていましたが、こちらは地層剥ぎ取り標本です。

地層剥ぎ取り標本とは、実際に出ている地層の表面を固めて剥ぎ取ったものです。
作業の様子が書かれていないかなーと思って探すと・・・ありました!2012年の11月21日のブログに、標本を剥ぎ取った時の様子が書かれています。
とても綺麗な標本ですが、構造が複雑で解釈が難しく、展示するための説明を付けることが困難だったため、今まで展示していなかったそうです。

その難しい標本を展示するための調査が一昨日、昨日、今日と行われたのです。
眠っていた宝石箱を開けるように、とてもワクワクしました。

今回、調査のために鹿児島大学の教授である鹿野和彦先生に来ていただきました。
鹿野先生は地質学や火山堆積学の最先端のスペシャリストです。

その鹿野先生と、これまでもゆざわジオパークにとってなくてはならない先生方5名にも来ていただき、専門家の方々総勢6人という非常に豪華なメンバーでの調査が行われました。
私はその豪華メンバーの調査に、恐れ多くもついて行かせて頂いたわけです(初日と今日はゴゴティーさんも一緒でした)。

地層や岩石は気を付けて見なければ、ただの“土”と“石”です。
でも注目すべきポイントを見て、先人のデータや最先端のデータを合わせて考えると、色々なことを考えることができます。
専門家の方と歩くと、その注目すべきポイントが次から次へと出てきて本当におもしろいです。
同じものを既に見ていたはずなのに、全然違うものに見えてきて、どうして今まで気が付かなかったんだろうと驚く程です。
今日はそんな調査の一部をご報告いたします。

まず剥ぎ取り標本をとった場所の観察です。
採石場

標本を採った後はすっかり見えなくなっていますが、場所はちゃんと残っています。
しかし、標本を採った場所だけでは情報は足りません。

その地層が出てくる近くの地層はもちろん↓
採石場2

同じような地層が出ているのではないか、と言われているような場所なども調査を行います。
周辺の地層や岩石の特徴や地形、場所などを総合的に見て、この地層がどのように出来たのか、ということを考えていきます。

ちなみにこちらは松岡集落の切畑川上流部にある阿黒岩↓で、
阿黒岩

こちらは八幡沢林道↓での調査の様子です。
八幡沢

この他にも院内石切り場なども調査を行っていただきました。
一昨日(22日)、昨日(23日)と野外での調査を行っていただいて、今日の午前中は一番最初の写真のように高松地区センターにある剥ぎ取り標本を調査していただきました。

そして、どのように展示したらいいかなどについても会議を行いました。
会議

午後からは他の用事が入っていたため残念ながら失礼したのですが、先生方は今日の午後も野外で調査されていました。

一つ(といってもかなり大きいものですが)の標本を解析し、その説明文を作るというのはこんなに大変なことなんですね。
今ゆざわジオパークにはガイドブックやハンドブック、案内書などがたくさんありますが、これら一つ一つはたくさんの方が協力してくださっているからこそあるんだなと、改めて実感しました。

今回の調査では、この剥ぎ取り標本の解釈以外にも、とても興味深い議論が行われていました。
月並みで漠然としていますが、ゆざわジオパークがもっともっと面白くなっていくのではと感じています。
その面白くしていくために、私も微力でも力になれたら・・・!と思いつつ、今日のブログを終りたいと思います。

なんだかまとまりのない終わりで申し訳ないです。
読んでくださりありがとうございました。
今日の担当はゆっこでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング