湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

APGNジオツアーコースE(午後)

2015-10-02

 こんにちは、ゆざわの子です。本日は、前回のAPGNジオツアーコースEの午後の部についてお伝えしたいと思います。
松葉がに、ホタルイカの水揚げ日本一を誇る山陰浜坂港に隣接する渡辺水産にて昼食後、バス出発時間までのお昼休みの間は、渡辺水産から歩いて行ける距離にある山陰海岸ジオパーク館を見学しました。

20151002041933165.jpeg


 目の前がすぐ日本海で、ジオパーク館から砂浜にも出られるため、見学後、時間に余裕のあるツアー参加者は、砂浜に出て海を眺めていました。

20151002041958e9a.jpeg
 玄武洞の柱状節理を紹介するコーナーです。初日の大会会場の近くで見たのと同じようなのが展示されていました。これは六角形にはならず、五角形になってますね。

20151002041945535.jpeg
 七坂八峠展望台より撮影した不動山です。展望台に人がいるのが見えたのか不動山の上にある灯台からこちらに向かって灯台のライトを一定間隔で点灯してくれているようにも見えました。新しいトンネルが出来てからは、この海岸沿いを通る道路の利用者はあまりいなくなったそうでしたが、この道路は所々曲りくねったりもしていて大型バスが通るには、厳しい所もありましたが、交通量がほぼないため、反対車線も利用しながら大型バスが走行していました。前を走るバスから無線でこちらのバスの運転手に細かくこの道路を走行する際の指示の連絡が来ていて、チームワークの良いバス会社だなと感じました。

2015100204201145f.jpeg
 唄歌 われは海の子(我は海の子しらなみの さわぐいそべの松原に~♪)の舞台となった東浜海岸です。

山陰海岸学習館
 2015100204202763c.jpeg

20151002042038632.jpeg
20151002042048720.jpeg
 こちらの学習館に到着した時は、3校の小学生が同時に来館していて、施設内の水槽にいる山陰地方の海に棲む魚をみんなで食い入るように見ていたり、体験コーナーで施設のスタッフのみなさんから説明を受けて、色んな体験をしていました。小学生ですので、施設内を縦横無尽に走りまわっているお子さんもいました。(エネルギーがあり余っていて、走りまわらずにはいられないんだよね)。

20151002042059030.jpeg
 嵐のような時間が過ぎ去った後、少し落ち着いた館内で、鳥取砂丘の地層と題した展示物がありました。
主には層の上から順に新砂丘層、黒ボク層、火山灰層、古砂丘層となっています。

鳥取砂丘
2015100204212391b.jpeg
20151002042111ba2.jpeg
 ツアー時間の関係上、展望台からのみの見学ということで、展望台から鳥取砂丘の「馬の背」を写した写真になります。この砂丘は東西16㎞、南北2.4㎞にわたり、中心部は天然記念物として指定されています。この展望台から砂丘入口まで観光リフトが運行されていました。写真の灰色の三角屋根の所が砂丘入口のリフト乗降場所になります。
 この後、途中鳥取城をバスの車窓から眺めて、終点の鳥取駅に向かいました。これでツアーは終了です。終了後、鳥取駅で解散と行きたい所ですが、この後、次の日に開催されるジオパークフェアでのゆざわジオパークの展示ブースの設置準備のため、鳥取駅よりシャトルバスにて鳥取環境大学へと向かいました。次回はジオパークフェア等、最終日の状況をお伝えしたいと思います。
 以上、本日の担当はゆざわの子でした。
 




プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング