湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

APGN最終日!基調講演と分科会

2015-10-09

こんばんは。ゆっこです。
昨日のゴゴティーさんのブログに書いていましたが、私も遅れながら・・・

栗駒山麓ジオパーク認定、おめでとうございます!!

現地審査の際に同行させて頂いたのですが、特別私自身が何かしたわけではないのに、なんだかとても緊張してしまっていたのを覚えています。
丁度、栗駒山麓ジオパークのジオサイトの一つ、伊豆沼のはすが満開と言うとても素敵な時期でした。

はす

今は紅葉の季節ですよね。
綺麗なんだろうなー、行きたいなーと思っている今日この頃です。
本当におめでとうございます!


さて、今日はAPGN最終日のご報告をいたします。
ゆざわの子さんがジオパークフェアのことを中心に書いていましたが、私はそれと同時開催されていた講演などを中心にご報告していきたいと思います。

まずは午前中。
朝ジオパークフェアの準備を整えた後、フェアをゆざわの子さんにお願いして、私は基調講演を聴講してきました。

会場

とても大きな会場での講演です。
最初の基調講演は、黒田玲子さん。

黒田さん

黒田さんは東京理科大学の教授で、東京大学の名誉教授でもあります。
また、国連科学諮問委員会という、科学者と国連を直接結び、科学と政策との連携を強化しようという委員会の委員をされたりなど、幅広く活躍されています。
元々は遺伝子などの生物の分野が専門の方です。

自然と共に、また自然からの恵みと共に生きるために、科学者や科学者以外の人たちがお互いどうすればいいのか。
科学者はわかっている情報をわかりやすく、過剰に不安にさせたり、安心させたりするようなことは言わずに、事実が正確に伝わるように話すこと。
科学者以外の人は、ある程度の基礎知識を身に着け、科学者からの情報から自分で考え、自分で判断できるようになること。
これらができるのが理想ではないか、というお話でした。

お互いの歩み寄りが必要なんですね。
急には難しいかもしれませんが、こんな社会になったら色々な人が色々なことについて議論することができて、とても素敵だなと思います。

お二人目は、Ibrahim Komooさんです。

komooさん

KomooさんはAPGNのコーディネーターとしてお話をされました。

ジオパーク活動はネットワークがとても大切です。
ジオパークはまだまだ世界的に見ても新しい活動です。
なので、なかなか上手くいかないことや、こんなことしてみたいと思っているけれどどういう風にしていけばいいのかわからないなんてことがたくさんあります。

その中で、成功した方法を共有したり、色々な人とどうしたら上手くいくのかなどを考えていくことで少しずつ前に進んでいっているのではないかと思います
その時に、色々な地域が密に連絡を取り合い、協力できる関係、ネットワークを気付いていることがとても大事なんですね。

この後もとても興味深い基調講演があったのですが、ジオパークフェアの対応に行って聞けませんでした・・・残念。
でも、ジオパークフェアはジオパークフェアで、たくさんの人とお話しできて楽しかったです(^^)


さて、そんなこんなで午前中が終わり、午後からは分科会に行って参りました。
最初に参加したのは、ジオツーリズムに関するお話をする分科会です。

分科会1

ここでは基調講演のように一人が長い時間話すのではなく、一人当たり質問の時間も含めて15分くらいです。
時間は少ないですが、その分多くの人が発表していきます。

ジオツーリズムのところで5人程発表を聞きました。
様々なジオパークの活動を紹介していましたが、多くの人が言っていたのは、ストーリーの重要性といかにわかりやすく話すのか、ということでした。

ジオパークに来ている人のほとんどは、地質だけではなく、そこから始まるその土地の物語を聞きたいと思っているのではないか。
では、それをどのようにしてわかりやすく伝えていくか、どうすれば伝わりやすいのか、ということについて話していました。


休憩の後は少しお部屋を移動して、評価と勧告に基づく改善についてのお話を聞いてきました。
この分科会だけではないですが、今回たくさんの日本のジオパークの人も、英語で発表していました。

分科会2

こちらは白滝ジオパークの方の発表。
以前白滝ジオパークであった全国研修会の様子について発表されていました。

今回のAPGNは、日本全体のジオパークで今どのようなことが問題となっていて、それらを解決するためにどのような取り組みを日本のジオパークがしているのか、ということを海外の方に知ってもらうとてもいい機会であり、また私たちが海外のジオパークについて知るという面でもとてもいい機会だったと感じました。

日本の中にもたくさんのジオパークがあり、情報共有が難しいと言われていますが、それが世界ともなると本当に情報の共有は困難であると思います。
それでも、多くのことを共有して、一緒に考えていくのは、ジオアークがより良いものになっていくためには絶対に必要なことだと思います。

ゆざわジオパークがより良いものになるために、そして他のジオパークの為に貢献できるためにも、このようなシンポジウムなどに積極的に参加し、情報を発信したり収集したりするのは大事だなーと感じました。
今回は本当に貴重な体験ができたと、とても感謝です。
これを是非、頑張って日々の活動に生かしていきたいと思います!

では、今日はこの辺で終りたいと思います。
読んでくださりありがとうございました。
今日の担当はゆっこでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング