湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

久々のゆざわジオパーク事業報告。

2015-10-12

 こんばんは、ゆざわの子です。みなさん3連休はどのように過ごされたでしょうか。初日は晴れでしたが、残り2日はくずついた天気でしたね。私の方はといいますと、10日(土)はジオガイド養成講座。11日(日)は市役所の日直。本日はゆざわの子の子のちょっと早めの七五三がありまして、あっという間に3連休は終わってしましました。
 さて、APGN以後の事業報告として、ゆざわ学講座第4回目やジオサイト研究会の報告をしたい所でしたが、手元に写真がないため、第10回ジオガイド養成講座(最終回)で受講生のみなさんが模擬ジオガイドをしたのを聞いての感想について書きたいと思います。
 あくまで、私の感想ですので、仮にジオガイド養成講座の受講生の方でこのブログを読まれている方がいらっしゃいましたら、そんな風に感じていたのか程度で軽く流して読んで下さい。(23日、24日のジオガイド認定試験は、10日(土)の沼倉室長からの講評や加賀美さんからのアドバイスを踏まえて臨んで頂ければと思います)。

院内採石場跡 
 20151012180245625.jpeg
 最終回となる第10回目の講座には、16名の方が参加され、午前は二ツ森と院内採石場跡。午後からは、高松地区センターにある市郷土学習資料展示施設と力水を4名ずつ模擬ガイドして頂きました。
 参加されたみなさんは、当日に模擬ガイドをするジオサイトを教えられた訳ですが、これまでの講座で使用した資料や、独自に準備した資料を使って与えられた10分間という限られた時間の中でガイドをしました。人生経験豊富なみなさんですので、緊張している姿をあまり見せることなく、観光客役の方の足元などにも気を使い、ガイドをされていました。さすがだなと思いました。参加者の中には、タブレットやスケッチブックを使用したり、岩石を見る際にルーペを使って観光客に岩石を見てもらえるように促したりと事前に小道具を準備してガイドされている方もいました。

20151012180324730.jpeg
 院内採石場跡を模擬ガイドをしている時に、青森県弘前市からお二人の観光客の方が訪れ、普通にジオガイドをしているんだと思ったようで、一緒に話を聞いてしまった一場面の写真になります。模擬ガイドをされた方は、いきなり本当の観光客の方を相手にガイドしてしまったんで相当緊張されたかと思いますが、これはきっと良い経験にもなったかと思います。

20151012190059fc7.jpeg
 院内採石場跡から振り返ると、院内カルデラが眼下に望めます。他のジオサイトの模擬ガイドの際も、カルデラについてみなさん説明されていて良かったなと思いました。カルデラの言葉だけでは、ピンときませんが、こういうのがカルデラという説明が一つあるだけで、理解度が高まると感じます。余談ですが、NHKのブラタモリという番組をたまに見ますが、あの感じでわかりやすく自分も説明できればなといつも思います。地質や火山のこと等がすーっと頭に入ってくる番組内容となってます。もちろん歴史や建築関係のこともわかりやすいです。
 話しは変わりますが、客観的に見て、観光客の方と一緒に感動し、時には笑いもありながら同じ空間を共有する一体感的なものを感じる場面が少なかったかなと感じました。これについてはきっと場数を踏んでくるとクリアされて行くんだなと思います。第7回のジオガイド養成講座の際に講師の橋谷先生から、ガイドしてくれた人がその時のお客様にとっての「湯沢市」の印象になるとの話しがありましたが、ジオパークは「人」、その時ガイドしてくれた人の印象が良ければ、「湯沢市」が好きになってリピーターになってくれるかもしれないし、新たに「湯沢市」に観光に来てくれる人を紹介してくれ、それがつながっていくかもしれません。逆に印象が悪ければ一度っきりで終わってしまうかもしれないですし、次につながらなくなってしまうかもしれません。
 最後に、70代の受講生の方から、年でもあるしガイドとしてやっていけるか不安だとの話しを聞く場面もありましたが、第7回のジオガイド養成講座の時に橋谷先生から、あまりガイドを難しく考えずに、今知っていることを伝えれば良くて、その時にわからなかったことについては、後から調べてわかるようにして知識を増やして行けば良いとの話もあったとおり、ガイドを目指すことに対して悲観的にならなくてよいと私は思います。
 個人的に思うのですが、何かを始めるのに遅すぎるということはないと思います。(さすがにプロ野球選手などを目指すいったことは年齢的な制約あるかと思いますが)。
 ジオパーク活動やジオガイドをすることに生きがいを感じて「湯沢市」に元気な高齢者がどんどん増えれば、介護サービス費や医療費の抑制にも繋がり、市の財政が良い方向に向かえば、結果的に市民サービスの向上に繋がり、市民の皆様に還元されることになるかと思います。将来の明るい「湯沢市」となるためにも、是非、悲観的にならずにジオガイドを目指して頂きたいと思いました。
 全10回のジオガイド養成講座を修了されたみなさん本当にお疲れさまでした。23日、24日のガイド認定試験も体調管理には、十分に気をつけて、リラックスした気持ちで臨んで頂ければと思います。
 以上、本日の担当はゆざわの子でした。
 
 
 
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング