湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

第4回ゆざわ学講座。

2015-10-22

 こんばんは、ゆざわの子です。本日は、第4回ゆざわ学講座についてご報告したいと思います。
第4回は、フリーライター、菅江真澄研究会理事、東北の湯治場 湯めぐりの旅の著者でもあります 永井 登志樹 さんを講師としてお招きし、ゆざわジオパークと温泉をテーマにお話しして頂きました。

IMG_8984.jpg

 永井さんによると、湯沢の名は、湯が流れている沢、これを縮めて湯沢と言ったのではないか。お湯と関係があることは確かとのことでした。
 また、愛宕鉱泉は、温泉法の定義でいくと温泉とのこと。川原毛大湯滝(滝そのものが温泉)は強い酸性だが、湯ノ沢温泉は逆に強いアルカリ性となっていて両極端であるとの話しもありました。

IMG_8982.jpg

 受講後のアンケート結果では、今回は16名の方が受講され、年代別の受講者は、60代以上の方が半数以上でしたが、今回は20代の方が1名いました。受講理由では、多い順から地元のことをもっとよく知りたい、ジオパーク活動に興味がある、ジオガイドを目指している(3名)でした。
受講時間(19時~20時30分)の1時間半については、ちょうど良いと答えた方が10名と最も多かったです。満足度については、満足とやや満足の方が9名でした。受講生募集媒体については、市広報、民間の情報誌・フリーペーパーの順となっていて、その他として、町内会の集まりなどでPRとのご意見もありました。
 自由記載では、講師の熱意は伝わるが、時間は守って欲しいとの意見がある一方で時間をもっと欲しかったとの意見もありました。私語の多い人がいて気になった。注意して欲しかったとのご意見も頂きました。
 今回もアンケートにご協力頂きありがとうございました。次回以降の講座に反映させていきたいと思います。
 明日23日と明後日24日は、ゆざわジオパークガイド認定検定があり、私はガイドされるお客様役を務めることになります。果たして設定どおりのお客様ができるか少し不安な所もありますが、認定試験を受けられる方はみなさん真面目な方ばかりですので、こちらもそれにこたえられるように頑張りたいと思います。
 以上、本日の担当はゆざわの子でした。

プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング