湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

ミラーマン 院内銀山を行く 金山神社編 昔と今の様子

2015-10-26

今回は、金山神社の昔と今の様子を比較します。
かなり荒れている様子が見えます。
大正・昭和から比べると、石灯籠などかなり荒れてきています。
その前に金山神社のおさらいをします。


 金山神社の昔と今

○金山神社は、院内銀銀山発見当初は小さな山神宮と呼ばれていた。
○山神宮の奥殿は安永7年(1778)に造られる。
○山神宮の大造営は文政13年(1830)
○金山神社と呼ばれるのは、明治4年(1871)である。
○銀山祭りは、当初は毎年6月12日に行っていた。(現在は9月21日)
○金山神社には、幕末に久保田の殿様から奉納されたお宝がある。
○金山神社の境内には、江戸時代から長床という集会所があり、明治7年には長床に白銀小学校が出来る。(明治28年に西三番に小学校が移る)
○境内には、本殿の他に、天神堂・稲荷堂があったが、現在は稲荷堂なし。
○境内では、いろいろな余興(相撲や芝居等)が行われた。(養安日記)
○今は、金山神社は訪れる人も少なく、境内にある石灯籠や石碑等荒れ果てている。


これからは、写真による比較です。
絵図面
銀山の図
金山神社 大正
広場からの本殿
長床
長床跡
石灯籠
IMG_0635.jpg
写真が縦になっているのがあり、見ずらいですが、
今回は、これで終了します。
ごきげんよう、さようなら。




プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング