湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

霧島大会報告!

2015-11-04

みなさん、こんにちは!エマです

ゆっこさんに続き、わたしも日本ジオパーク霧島大会の報告をしたいと思います

わたしは、「ジオパークとユニバーサルデザイン」という分科会に参加してきました。
ユニバーサルデザインって何?というかたもいらっしゃると思いますので、簡単に説明を。

Wikipediaによりますと、
ユニバーサルデザインとは、文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)のこと
なんだそうです。

要するに、世界中のどんな人でも気軽に楽しむことができるように環境を整えましょう!ということです。
口で言うのは簡単ですが、実際にやるのはとっても難しいことです。

ジオパークの世界では、ユニバーサルデザインについての議論が始まったばかりですので、今回の短い時間では当然結論など出るはずもなく、「これからはユニバーサルデザインを盛り込んだ活動にしなければいけませんね」という課題を共有して終わってしまったような感じです
ユニバーサルデザイン化されたジオパークにするために必要なことって、少し考えただけでもどんどん出てくるんですよね。
実現するには大変な労力がかかりますが、だからと言ってやらなくてもいいとはなりません。
少しずつでも動かなければいけないな、と感じました。

さて、この分科会はフィールドを視察する時間がありましたので、そのときの様子を少しご紹介します

こちらは、新湯温泉に向かう道です。
道路の右側が、白い崖のようになっているのが見えますでしょうか?
新湯

近づくと、こんな感じです。
新湯噴気
ところどころに硫黄の黄色い結晶が見えます。
転がっている石も白くて、あたりには硫黄のにおいが漂っていて、小さな川原毛地獄みたいですね~

この場所、きっと火山性のガスも出ていると思うのですが、その危険性を喚起する看板や柵などは見当たりません。
ガイドさんのご案内でも、そのようなお話はあまり出ていなかったように思います。
あまり専門的なことはわからないのですが、多少の危険はともなう場所なのかなーという気がします
子供達は、こんな不思議な場所を見たら、入ってみたくなるでしょう。
ジオらしい素敵な風景ですが、この場所から有毒なガスが出ていたら…、斜面から滑り落ちてしまったら…、と考えると少し怖いですね
ユニバーサルデザインとは少し違うかもしれませんが、「ちょっと危ないので気をつけてくださいね」という配慮は必要かなーと思いました。

先ほどの道をもう少し進むと、こんな絶景が
新燃岳
右側のお山は、2011年に噴火した新燃岳(だと思われます……)
まわりに生えている木は、松がとても多いんです。
ゆざわ周辺の山は松がこんなにないので、違う土地に来たんだなーと実感しました。

こちらは、霧島神話の里公園から見える景色。
シラス台地
シラス台地が広がっています。
たしか中学校の教科書に出てきて、「シラス」という用語を見るたびに、お魚のほうの「シラス」を思い出していましたー
(どうでもいい情報ですね、すみません)
奥にうすーく、桜島が写っているのがわかりますか?

輪郭をなぞると、ここです
シラス台地(桜島)

もう一度、よーく見てみてください
シラス台地
こんなに良いお天気だったのに、かすんでしまって桜島はよく見えなかったのです……。
残念

長くなりました。すみません。
今日はこの辺で。
エマでした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング