湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

全国大会報告(開会セレモニー、基調講演)

2015-11-16

 こんにちは、ゆざわの子です。本日は、全国大会での開会セレモニーと基調講演についてお伝えしたいと思います。

開会セレモニー
P1010957.jpg
 大会実行委員長である前田 霧島市長の「日本のネットワークを高めながら世界の仲間入りを目指し頑張りたい。」との挨拶の後、日本ジオパークネットワーク理事長、日本ジオパーク委員会副委員長の挨拶と続き、その後にJGNの認定式が行われました。
 苗場山麓、Mine秋吉台、三島村・鬼界カルデラ、栗駒山麓と4つのジオパークに認定証が授与されました。
 
 P1010968.jpg

P1010971.jpg
 お隣の栗駒山麓ジオパークさんでは、推進協議会長の佐藤 栗原市長が認定証書を受け取りました。おめでとうございます。
先週の講演会では、栗駒山麓ジオパークさんからたくさんの方に湯沢市にお越しいただきありがとうございました。今後も連携しながらお互い頑張りましょう。

基調講演
P1010975.jpg
 マレーシア国民大学環境開発研究所 教授  イブラヒム コモオ 氏より「ジオパークの楽しみ方」と題して講演がありました。
ジオパークは「人」であることが言われ、地域社会や民間企業など、ジオパーク活動に人がどう関わるかの大切さや日本のマンガ文化にも触れ、楽しむことの大事さについて話されていました。

P1010981.jpg
 公立鳥取環境大学 環境学部 環境学科 准教授 新名 阿津子 氏より「Enjoy!世界のジオパーク」と題して講演がありました。上の写真は、白い砂と茶色の砂を見せてどっちが鳥取砂丘の砂?と会場にいるみなさんに質問をしているところです。
 さてどちらでしょう?
 正解は・・・・見たままです。茶色の砂です。ですが、ひっかけで白い砂が正解だと思い、白い砂に手を挙げられた方が多かったです。白い砂はどこの砂かというと沖縄のビーチの砂だそうです。
 この質問。私はといいますと・・・正解でした。何故かというとAPGNに参加した際に移動時間の合間をぬって鳥取砂丘にYシャツに長靴という出で立ちで行っておりました。砂丘センターで長靴を無料で貸し出ししています。で、その時に鳥取砂丘を写した写真がこちら。
2015111615305635d.jpeg
 みなさん馬の背に向かって歩いています。

P1010983.jpg
 ギリシャのレスボス島ジオパーク、マレーシアのランカウィ島ジオパーク、中国の織金洞ジオパークの紹介に加え、新名准教授が勤める鳥取環境大学がある山陰海岸ジオパークについても紹介がありました。山陰海岸ジオパークのみなさんAPGNでは大変お世話になりました。今大会でも、APGNで出会った山陰海岸ジオパークの方からお声がけ頂く機会もあり、大変嬉しく思っております。

P1010993.jpg
 これは、新名准教授がサマースティでギリシャに行った際に坂道で登れなくなった車を地元の人や一緒に行ったスタッフ、先生、学生と色んな国の人が押して車を動かしてくれたという一場面の写真になります。
 この写真から、みんなで少しずつ前に動かして行っているのがジオパーク活動であり、みなさんが主役である。次の世代を作りながら、新しい価値を生み出していくものとの話しがありました。

P1010994.jpg
 また、ジオパークは、過去・現在・未来と時間軸を繋ぐ窓であり、次の世代にどういったものを残して行けるか、伝えたいか、何を学んで行けるかを意識しながらジオパーク活動を行っていってもらいたいと会場に来ている全国のジオパークのみなさんへエールがありました。
 以上、本日の担当はゆざわの子でした。
 
 
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング