湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

全国大会報告(分科会報告2)

2015-12-01

 こんにちは、ゆざわの子です。本日は、全国大会の全大会での分科会5~9の報告をしたいと思います。

 分科会5 みんなで作ろう!ジオパーク教育のスタンダード
P1020072.jpg

P1020076.jpg
 スタンダード案を各班で議論した後、模造紙に5段階評価で示してから、全体で得点の高いもの5つが話し合われたそうです。
 その5つはといいますと、
 ・子どもの自然、文化への関心喚起、学習意欲の向上に加えて、地域への愛着、アイデンティティの確立に役立つ教育活動がで きる。
 ・学校がジオパークに関する学習を毎年計画的に実施できるよう学習活動を支援することができる。
 ・ジオパーク教育の現状把握、効果の検証ができ、ジオパークの教育の質的・量的な向上に貢献できる。
 ・教育担当者に対して、教育の最新事情についての研修を行うことができる。教員に対しては初任者研修、免許更新講習でジオ パークの最新事業についての研修を行うことができる。
 ・ジオパーク教育のワンストップ窓口、情報発信組織となることができる。

 分科会6 日本のジオパークが目指す方向
P1020080.jpg
 こちらは、前々回報告しておりますが、最終的なまとめの報告として、保護・教育・ツーリズムのベストバランスは、2.3:4.1:3.7が良いとの結果となり、サッカーのフォーメーションに例えると、ディフェンス(保護)、中盤(教育)、オフェンス(ツーリズム)となり、今回の結果は中盤(教育)を厚くするとなりました。

分科会7 ジオパークと防災 ネットワークでできることは
P1020088.jpg

P1020092.jpg
 過去の災害でジオパークとしての対応状況やネットワークを通じた支援の経験を共有し、改めてそれぞれのジオパークが防災教育や災害対応などでの役割を果たすことの意義をグループワークで確認し、今後もワーキンググループを設置して議論を続け、年度内を目途にJGNの支援ガイドラインのバージョン1を作成する予定との報告がありました。

分科会8はジオパークのABCということで、新任者向けだったため、報告はありませんでした。

分科会9 国立公園とジオパーク
P1020094.jpg

P1020098.jpg
 まとめとしてジオパークと国立公園、地域、観光産業の連携やジオパーク間でのネットワークが必要。外国人観光客のニーズに対応するため、Wi-FiやSNSを活用した情報発信・提供が必要。地域の理解と協力という点で地域の宝の認識が必要。選んで来てもらえるジオパークとなるため、ジオパークのPR(認知向上)が必要と報告がありました。
 今回で全国大会の報告を全て終える予定でいましたが、長くなりそうなため、今回はここまでで終了したいと思います。
 いつまで続くの?との声もそろそろ聞こえそうですが、さすがに次回で終了させたい思いますのでもう少しだけお付き合い下さい。
 以上、本日の担当はゆざわの子でした。
 
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング