湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

郷土学習資料施設リニューアル

2016-02-20

こんにちは、ゴゴティーです。

先週の怒涛の集中事業実施(学習発表交流会、雪国ジオパークフォーラム、ジオ女@tokyoと湯沢女酒会の交流事業)から1週間が過ぎ、やっと平常の事務局に戻りつつあります。
これらの事業の報告も、まだ一部しかできていない状況ですが、今後おいおいと書き連ねていきたいと思いますので、しばらくお待ちください。
(まだ整理できていない部分もあって…)

そこで今日は、今年度の事業として計画されている「湯沢市郷土学習資料展示施設」の大幅リニューアルについて少し書いてみたいと思います。

高松にある同施設は、すでに「押切伸化石資料室」や「湯沢の大地の歴史コーナー」など、ジオに関連する展示がされてきたところですが、今年度に大幅に展示内容を増やすということで、現在は休館にしてその作業を進めております。

昨日、その状況を写真に撮ってきたので、ちょっとだけご覧ください。
IMG_9697.jpg

IMG_9694.jpg

中には、こんなところもありました。
IMG_9700.jpg

この写真の中ほどの壁に赤い字で何かが書いてあるのがわかりますか?
写真のサイズが小さくて見えにくいかもしれませんが、工事をするにあたっての指示ワード的なものが何箇所か書いてあるのです。

このこと自体は、特に普通の現場風景だと思いますが、
実はこれ・・・
今回の工事で書いたものではないのです。

そうです。
これは、備え付けの本棚を取り外してみたら、隠れていたところにこの施設が建設された当時に記載されたメモのような字体が現れたというわけです。
まるで、今書いたようにはっきりと表れていたので、我々も見にいってびっくりしたところです。

こんな感じで、ただいま展示台をおくための最終工事に取り掛かっているところです。
また、展示台などの発注も済んでいまして、3月上旬にはすべての備品類が設置される計画となっています。

そのあと、3月中旬からは実際の標本や展示物の展示作業を行い、3月末までには完成したい予定となっています。
(それまでは休館の状態が続きますが、今しばらくお待ちください。)

4月からは、これまでの展示スペースのおよそ2倍の展示スペースでオープンしますので、楽しみにお待ちください。

なお、増えるコーナーの情報を事前にこそっと教えちゃいますと、
・ゆざわの鉱石、岩石コーナー
・ゆざわの水にまつわる、昔の酒造コーナー
・ゆざわの地熱資源コーナー
などとなる予定です。(呼び名などはまだ決まっていませんので、雰囲気ということでお許し下さい)

これまで以上にゆざわの大地の歴史を知ることができ、楽しめる施設になると思います。

今日は、まだまだ完成が先の話の「湯沢氏郷土学習資料展示施設」の大幅リニューアルの途中経過について、お知らせしました。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング