湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

営業を再開した秋の宮山荘へ。

2016-04-10

 こんばんは、ゆざわの子です。本日は、営業を再開した秋の宮山荘へ行ってきましたのでその様子をお伝えしたいと思います。
秋田県内でも、日本海に近い地域(にかほ市)では、桜の開花の便りが聞かれていて、ここゆざわジオパークも桜の開花はもう少し先のようですが、冬から春へと向かっているのを日々感じています。カーディーラーでは、冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)から夏タイヤにタイヤ交換する人達で賑わっていましたし、かく言う私も、本日は自宅の雪囲いを取り外したりと、冬の生活にお別れを告げようとしていました。
 ここで、雪の積もらない地域の方でこのブログを読んでいる方に、雪囲いの解説を・・・。雪囲いとは、積雪が多い地域で、通常の降雪に屋根から落ちる大量の雪が加わって、窓際にうず高く積もった雪で窓が押されて破壊されるのを防ぐものとなります。雪国では、このような対策を講じて雪から家を守っています。



 20160410180943384.jpeg
 久々の秋の宮山荘です。前に来たのは、確か、妻の高校からの横浜の親友が冬に遊びに来て、夜に「かだる雪まつり」を見に連れてきた時以来だと思います。
 駐車場の車のナンバーを見ると、宮城県ナンバーの方が結構いました。宮城県側からの秋田の玄関口に位置しているのがよくわかります。山形県ナンバーの車の方もいらっしゃいました。


2016041018095663b.jpeg
 玄関前の池?には、鯉ではなく、イワナが泳いでいました。温泉旅館に行くと、池には、多くの鯉が泳いでいるというイメージですが、イワナなんですね。地元の方は、イワナでピンと来ていると思いますが、湯沢市の秋ノ宮地域はイワナが有名で、イワナ料理が食べれる所や釣り堀もあります。また、実写版の映画「釣りキチ三平」のロケも行われました。娘が実家の池にいる鯉と同じイメージで最初は黒い鯉がたくさん泳いでいると思っていたようで、鯉と模様が違うとわかり、それがイワナという魚だとわかった時は、大変驚いていました。

20160410181010afe.jpeg
 館内には、ゆざわジオパークのジオアートが飾られていました。太平洋、そしてその先の世界各国に向かって(個人的にそう見えています)描かれたゆざわジオパーク。このジオアート結構気に入っています。
 昼食後に入浴。七種類のお風呂(ジャグジー風呂、打たせ湯、寝湯、大浴槽、サウナ、温湯、露天風呂)がありました。さすがに露天風呂は、4月ということもあり、雪見風呂とはいきませんでした。
 この秋の宮山荘のある、秋の宮温泉郷は、奈良時代に発見され、院内銀山従事者の湯治場として、約300年前に開湯、秋田県最古の温泉郷としても知られています。火山の恵みによるこの秋の宮山荘の温泉は、保温と保湿効果に優れ、疲労回復、皮膚病、婦人病などそれ以外にも多くの効能があります。
 
2016041018101904a.jpeg
 館内には、ここ秋の宮地域出身の「第38代横綱 照国」の化粧まわしが展示されています。ゆざわは横綱を生んだ地域でもあります。

20160410181027c06.jpeg
 館内の売店に立ち寄った際に妻が「いぶりがっこのふりかけ」があると話していて、珍しかったのか購入していました。湯沢市院内の「雄勝野きむらや」さんがきむらや自慢のいぶりがっこと野の幸、海の幸を組み合わせたオリジナルソフトふりかけです。夕食時に早速試しにご飯にかけて食べてみましたが、娘からは、「おいしい!」との声が聞かれました。一度ご賞味頂ければと思います。
 以上、本日の担当は、ゆざわの子でした。



プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング