湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

久々登場 テンチコ 第2回 ガイド養成講座報告

2016-06-25

今日、6月25日(土)は平成28年度 ガイド養成講座の第2回目が行われました。
その内容を、簡単にご報告いたします。

第2回 ガイド養成講座 鉱山について  (鉱山の功罪について) 
時間は、8時30分から16時30分
場所は、高松地区センター(旧高松小学校)
講師は、佐々木昭雄氏(ゆざわジオパークアドバイザー)
本日の参加者は、受講生15人中13名参加(現地研修は12名)
まず、8時30分から1時間座額をした。
湯沢市の鉱山についての歴史や成り立ち、鉱山それぞれの特徴などを研修した。
9時30分から30分間、2回の岩石コーナーや化石展示室などを研修した。
ガイド1
湯沢の鉱山のコーナーで、そこから採れた鉱石を見学
ガイド2
化石資料室にて、植物化石や昆虫化石を見学
10時からバスにて移動。
最初の見学地は、川原毛硫黄鉱山跡
今日は三途川渓谷から少し行って右に入る道から、川原毛地獄に行きました。(下の駐車場)
ここの道はとても狭くて、車が一台やっと通れる道ですれ違いが大変です。
高松地区センターから30分位で到着。受講生で下の駐車場に来たのは初めての方が大半でした。
ここから川原毛硫黄鉱山の昔の様子を写真を見ながら学習した。今は面影なし。
がいど3
ガイド4
40分程度でここは終了し、道の駅に向かいました。

12時45分に道の駅を出発して、院内銀山に行きました。
ここでは、十分一(じゅうぶいち)番所跡や、異人館跡を見学、
ガイド5
その後、西三番共葬墓地に行って、特徴のあるお墓の見学
・親分墓(火災墓)(お酒好きな親分・・おちょこととっくり)、・碁盤と碁石入れの彫られた墓石の土台や、昭和の俳句が描かれた墓石、ここで一番古い墓(1747年)、門屋養安一族の墓、心中墓、遊郭の主人?の墓、江戸相撲の布ヶ瀧関の墓を研修した。
最後には、御幸坑に行って五番坑時代と明治以降のお話を学んだ。

14時に松岡鉱山跡にむけ出発。
この松岡鉱山跡は、今でも汚染された水の浄化する施設があり、それを見学。(この施設は半永久的に行う)
鉱山の一番悪い面を学んだ。(以前カドミュウム汚染米が問題とる)
ガイド7

そのあとに、坑口跡近くのズリ山にて岩石をハンマーで砕いて、中に入っている黄鉄鉱や輝銀鉱、石英などの鉱物の観察をした。
皆さん、ハンマーで硬い石を割るのに大変難儀していました。でも、一番楽しかった様です。
ガイド8
16時30分に高松地区センターに戻ってきて終了となりました。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング