湯沢市ジオパーク推進協議会は、秋田県湯沢市の「世界ジオパーク」認定登録に向けて、日々奮戦中です。
ゆざわジオパークのいろいろな情報や事務局の日々の感想をつづるブログです。

再認定審査の現地審査日ほぼ決まる!

2016-07-15

 こんばんは、ゆざわの子です。ゆざわジオパークは2012年9月の新規認定から4年目となり、4年に1度の再認定審査を迎えようとしています。現地審査日は、審査員より11月10日(木)~11日(金)と打診があり、その日程で進めて頂いている所です。
 審査員は、JGC委員の浅野 眞希さん、JGN事務局主任研究員の目代 邦康さん、白山手取川ジオパーク専門員 日比野 剛さんの3名となっています。(※JGCは日本ジオパーク委員会の略、JGNは日本ジオパークネットワークの略となります)。
 審査員の3名の方は、11月9日(水)より湯沢市に現地入りする予定となっています。今年度の再認定審査方針(要領)はまだ送られて来てはいませんが、その他、現在決まっている所では、現地審査前に事前提出する「現況報告書」の提出が9月1日まで、再認定審査の審議結果が12月9日のJGC会合で決定されることとなっています。
 現状に対応し、湯沢市ジオパーク推進協議会事務局では、現在の所、昨年度の再認定審査方針などを基に現地審査に向けて資料作成等の準備を進めています。
 先月、観光・ジオパーク推進課で懇親会があり、観光・ジオパーク推進課の職員の中に、実は、かつて女子バスケで当時の湯沢北高校から実業団のシャンソン化粧品に入り主将を務めたほか、全日本選手でもあった方がいる訳ですが、全日本レベルになると、例えば、全日本選手権の決勝だといくらなんでも緊張するかと思うのですが、これ以上ない位の練習を重ね、万全の準備をしているため、そういった試合や国際大会では、これまでやってきたことを観客に披露するだけとの話しでした。全日本レベルになると大事な試合でも緊張しなくなってしまうんですね。身近にそういった方がいて大変驚かされました。
 ゆざわジオパークも、この4年間で積み上げてきた活動の成果を自信を持って審査員の方に見て頂けるよう湯沢市ジオパーク推進協議会の関係者、地域の皆様と再認定審査の準備を万全の体制で進めて行きたいと考えております。
 明日、明後日は秋田県八峰町で第5回東北ジオパークフォーラムが開催されます。フォーラムの主催者である八峰白神ジオパーク推進協議会及び関係者の皆様、準備作業大変だったかと思います。また、現在最終確認作業をされていることかとも思います。 開催準備には大変苦労されたかと思いますが、苦労された分、きっと今回の東北ジオパークフォーラムも盛会裏に終えられると思います。本当にありがとうございます。明日、明後日はお世話になります。
 以上、本日の担当はゆざわの子でした。
プロフィール

湯沢市ジオパーク推進協議会事務局

Author:湯沢市ジオパーク推進協議会事務局
世界ジオパーク認定登録を目指して日々活動している「湯沢市ジオパーク推進協議会」事務局です。

御訪問ありがとうございます
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
湯沢市のお天気時計
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
Yahoo!ニュース
RSSリンクの表示
QRコード
QR
都道府県別アクセス数
過去1週間の状況です

ジオターゲティング